2018年6月2日 更新

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎは水泳の種目の中でも泳ぎ方が独特な種目です。そこで本記事では、水泳の平泳ぎの泳ぎ方を徹底解説しています。平泳ぎの基本的なフォーム、正しい泳ぎ方とそのコツ、そして水泳初心者から上級者まで行える練習方法を詳しく解説します。

  
31,183 view お気に入り 0

平泳ぎの泳ぎ方とは?

Denise BardsleyさんはInstagramを利用しています:「#shoulders #swimmershoulders #breaststroke #mcac #swimmac1977#swimmac」 (37961)

水泳の平泳ぎとは、英語ではbreast stroke(ブレストストローク)といい、その名の通り胸(breast)を起こすような姿勢で泳ぐ泳ぎ方です。

平泳ぎは、胸の前で手を合わせるようなストローク(腕の動き)と、かえるのようなキックという、水泳の中でも独特な泳ぎ方をします。 この独特の動き・泳ぎ方から、水泳主要4種目の中では、クロールや背泳ぎと比べて泳ぎ方の習得が難しいといわれています。

水泳において平泳ぎが難しい理由

水泳において平泳ぎが難しい理由として、実は他の要因も存在します。

平泳ぎは、水泳の中でも独特な動きをするというのは先程説明した通りです。 その中で水泳の他の種目にない動きの特徴として、胸を立てる(上体を起こす)点、脚(膝)を曲げてかかとをお尻に近づける点が挙げられます。
この動きにより、水泳において進行の邪魔となる水の抵抗を受けやすくなり、逆に水泳において重要な推進力が損なわれやすくなってしまいます。

そのため水泳初心者が泳ぐ場合、平泳ぎは他の水泳種目に比べて進みにくく、難しい・苦手というイメージがついてしまう傾向にあります。 このように平泳ぎは水泳の種目の中でも難しく感じてしまいがちな種目ですが、そのコツを覚えて練習を積めば、比較的楽に泳げる種目でもあります。

水泳の平泳ぎの泳ぎ方①キックの泳ぎ方

ここからは水泳における平泳ぎの具体的な泳ぎ方を紹介します。
まずは平泳ぎのキックの泳ぎ方(やり方)です。

平泳ぎの泳ぎ方で最大の特徴といえるのが、かかとを引き付けるキックです。
水泳の他の種目では膝をあまり曲げることがありませんが、平泳ぎのキックではしっかりとかかとをお尻に引き付ける必要があるため、必然的に膝は曲がります。

具体的な泳ぎ方としては、脚を少し開いてかかとをお尻に引き付けるようにしたあと、脚を伸ばしながら足の裏で水を蹴るという泳ぎ方が一般的です。
他にも脚で水を挟むように蹴る泳ぎ方もありますが、足の裏で水をとらえるように蹴る泳ぎ方の方が推進力が高いためおすすめです。

水泳の平泳ぎの泳ぎ方②ストロークの泳ぎ方

平泳ぎのストローク

次に、腕の泳ぎ方(使い方)です。 平泳ぎのストロークの泳ぎ方は、水泳の主要4種目で唯一、水面上に腕を出してリカバリー(手を前に戻すこと)をしない泳ぎ方です。

具体的な泳ぎ方としては、ばんざいのような形から、手のひらを外側に向けて水を集め、円を描くように肘を曲げながら集めた水を一気に胸の前に集め、軽く手を合わせたら前に戻して身体を伸ばします。 前に戻した時、手はストリームライン(けのび)のように重ねる必要はありません。

水泳の平泳ぎの泳ぎ方③全体の泳ぎ方のフォーム

ここまで、水泳の平泳ぎにおけるキックとストロークそれぞれの泳ぎ方を紹介しました。次に、キックとストロークを合わせた平泳ぎの泳ぎ方を紹介します。

平泳ぎの泳ぎ方として、まずはストリームラインに近い形(ばんざいのような姿勢)から、ストロークを始めます。手のひらを中心に腕を使って水を集め、胸の前で手を合わせるくらいのタイミングで、脚を曲げ始めます。そして、合わせた手を前に戻してからキックを打ち、身体全体を伸ばします。
詳しい泳ぎ方のコツは後ほど紹介しますが、平泳ぎという抵抗の多い泳ぎ方でいかに抵抗を減らすような泳ぎ方をするかという点が、きれいに速く泳ぐためのポイントです。

水泳平泳ぎの泳ぎ方④ターンと潜水の泳ぎ方

CommuneCominさんはInstagramを利用しています:「평소에 우아한 수영만하고 스프린트를 해보니까 스트록수랑 거리 조절이 망.... #평영 #수영 #breaststroke #swim #sprint #ssclub #수영모임」 (37942)

水泳において泳ぎ方を学ぶ際には、その水泳種目の潜水やターンにおける泳ぎ方のルールを知っておく必要があります。平泳ぎの場合、スタート・ターン後の潜水(浮き上がり方)として「ひとかきひとけり」という泳ぎ方をします。平泳ぎは、潜水においても水泳主要4種目の中で特殊な泳ぎ方であるといえます。

ひとかきひとけりのやり方は、まずストリームラインから両手で腰の横まで一気に水をかきます。これが「ひとかき」です。この際1回だけドルフィンキックを打つことが許されています。そして、大きく平泳ぎを泳ぐようなイメージで両手を合わせながら前に戻し、平泳ぎのキックを打ちます。

また、平泳ぎのターンやゴールにおけるタッチは必ず両手で行わなければなりません。詳しいターンについては下記のほかの記事で紹介していますので、確認をしてみましょう。

平泳ぎにおける泳ぎ方のコツ①キックの泳ぎ方

ここからは、水泳における平泳ぎの泳ぎ方と、そのコツやポイントについて説明します。まずは、平泳ぎのキックにおける泳ぎ方です。
水泳の平泳ぎにおいては、かえるのようなキックを打ちますが、水泳初心者がしやすい間違ったキックとして「あおり足」と呼ばれるものがあります。ここでは、あおり足とはどのようなものかを紹介し、あおり足にならないためにどのようなポイントに注意してキックをすればよいか、上手にキックを打つコツについて解説します。
平泳ぎにおいてはキックの推進力がとても重要なので、泳ぎ方のコツをしっかりとつかんでおくことは大切です。

あおり足とは

水泳の平泳ぎにおける「あおり足」とは、かかとをお尻に引き付けた時に、足の甲が後ろを向き、バタフライのキックのように蹴ってしまうようなフォームのことです。

かかとを引き付けた時に足の甲はできるだけ前を向いているようなイメージで足をひきつけ、キックの時に足の裏で水をとらえられるようにするのが平泳ぎのキックにおける正しい泳ぎ方です。

平泳ぎのキックは、慣れるまで泳ぎ方を習得するのが難しいかもしれませんが、平泳ぎにおいては水泳の他の種目と比べてもキックの推進力は非常に重要です。
そのため、うやむやにせず、初めからしっかりとコツを意識して取り組んでおきましょう。

かかとをしっかりと引き付ける

平泳ぎ:平泳ぎキックのポイント|平泳ぎのコツ(5)〜足の引きつけ方〜<森塾>【定-35】

あおり足にならないようにするというコツとも共通する部分がありますが、かかとをしっかりと引き付けることも平泳ぎのキックにおける泳ぎ方のコツとしてあげられます。

かかとがしっかりとお尻に引き付けられていないと、上手く蹴ることができず、水泳において重要な推進力が生まれません。

特に平泳ぎでは他の水泳種目よりもキックによる推進力が大きいため、かかとを引き付けて足の裏でできるだけ多くの水をとらえることは非常に重要であるということができます。

脚を立てすぎない

Super_swimming_ebonieさんはInstagramを利用しています:「Kickin’ it.  #underwater #swimming #aquatech #arenausa #breaststroke #swimphotos _________________________________________________  Cool! 👥…」 (37941)

80 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われる打ち方がフォアハンドです。テニスの試合でフォアハンドを武器にしたいが、実は苦手という方が多く、その理由はフォアハンド時の手首の使用とフォームにあります。3つのポイントに絞ってテニスのフォアハンドを上手に打つためのコツを解説します。
SKコーチ | 1,158 view
クロールの泳ぎ方と息継ぎのコツと気になるポイントとは?【水泳】

クロールの泳ぎ方と息継ぎのコツと気になるポイントとは?【水泳】

水泳においてクロールは最も一般的で、初心者にも取り組みやすい種目です。そこで本記事では、水泳におけるクロールの基本的なフォームと、手足それぞれの泳ぎ方のコツ、そして初心者がつまずきやすい息継ぎのコツを詳しく解説しています。
Spicatz | 9,564 view
蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。
Spicatz | 6,321 view
アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

野球においてピッチャーの投球フォームのひとつであるアンダースローとは、どのような投げ方なのでしょうか。アンダースローの正しい投げ方からストレートを最速で投げるコツ、そしてアンダースローの投球フォームを安定させるためのトレーニングや練習方法を解説します。
Hiroshi_8 | 14,111 view
バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

スマッシュは、バドミントン競技において速度の速い強力なショットです。しかしながらそれと同時に難易度の高いショットでもあります。そこでバドミントンのスマッシュを最速で打つためのフォームやコツ、トレーニング方法を紹介します。
後藤晃一 | 8,152 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz