2019年7月11日 更新

アウトサイドキックの蹴り方の基本と3つのコツ【サッカー上達ガイド】

アウトサイドキックを得意した選手はモドリッチやロベルト・カルロスなど有名選手がたくさんいます。自在に操るおしゃれなキックとされるアウトサイドキックとは、いったいどのようなキックなのでしょうか。サッカーを上達させたいという方必見のアウトサイドキックの蹴り方と基本、3つのコツを紹介します。

  
269 view お気に入り 0

アウトサイドキックの基本とは?

Naohiro Takeda on Instagram: “⚽️🌪💯 #久保建英 #アウトサイドキック #レアルマドリード #コパアメリカ #日本代表 #森保ジャパン #FC東京 #Jリーグ #J撮り #takefusakubo #fctokyo #jleague #soccer #football #footy #futbol…” (80600)

サッカーで使われる基本的なキックは、インステップキック・インサイドキック・アウトサイドキックの3種類があります。このうちアウトサイドキックの蹴り方は最も難しいキックとされています。

アウトサイドキックは、インサイドキックが足の内側で蹴るの対し、足の外側で蹴ります。つまり足の小指の付け根付近ということです。

アウトサイドキックの基本となるのがアウトサイドドリブルです。サッカーの基本練習として足の甲でボールの芯を捉えるリフティングがあり、インステップキックに効果がありますが、アウトサイドでのリフティングは上級テクニックです。そこで比較的簡単にできるアウトサイドドリブルがおすすめです。

アウトサイドを使ったドリブル

【サッカー基礎】35ドリブル アウトサイド 解説あり

サッカーにおけるアウトサイドドリブルは、足の小指の付け根付近でボールを外に押し出す感覚でドリブルします。

最も一般的な練習方法は、マーカーを等間隔で5つほど直線に置いておき、その隙間をアウトサイドだけを使ってドリブルしていきます。このアウトサイドドリブルの練習のコツは、アウトサイドでツータッチづつ、リズムよく行う点にあります。

どのような状況や失敗があっても、決してインサイドを使わないというルールを設けることが重要です。つまりアウトサイドだけでコントロールすることでアウトサイドでボールをコントロールする感覚を養うことが大切となります。

アウトサイドキックの蹴り方

【サッカー基礎】21 けりかた アウトサイドキック 解説あり

アウトサイドキックの蹴り方は、軸足をボールの横に置き、蹴り足のアウトサイド、具体的には足首を固定しながら小指の付け根付近から外側をボールの内側の下部分に当てて押し出すように蹴ります。

この押し出す​とは、アウトサイドドリブルのように、外側へ押し出すという感覚のフォームです。

ドリブルしながらアウトサイドキックでパスを出す場合は、キックモーションを見せず、ドリブルのタイミングで相手に読まれずにパスを出します。フリーキックやコーナーキックの場合はインステップキックのフォームから蹴り足のアウトサイドに引っ掛け、シュート回転させるという蹴り方で相手を欺くことができます。

アウトサイドキックの 3つのコツ

コツ①踏み込みの動作

軸足の踏み込み位置は、ボールの真横ではなく、インステップキックよりも少し横か斜め後ろに置きます。この軸足がボールに近すぎると、ボールの内側下部分に蹴り足を当てるため、軸足を蹴ってしまう恐れがあります。

ボールを蹴るひとつ前の動きと軸足を置くとき、もしくは、ボールを蹴るときに、軸足側の腕を引くことがポイントです。この軸足側の腕を引くという動きで体幹に一本の軸ができ、身体を開くようにボールボールが軸足と逆方向にうまく飛ぶようになります。また、この一連の動きはスムーズな動きのため、相手を翻弄することができます

コツ②助走の角度

アウトサイドキックの助走は蹴り足側から入ります。インステップキックやインサイドキックの場合には軸足側から助走に入るのが一般的ですが、アウトサイドキックの場合は逆に、蹴り足側から入るとアウトサイドで蹴りやすくなります

また、アウトサイドキックを初めて練習するという人や、どうしても上手に蹴ることができないという人は、長い助走をつけることでタイミングを取りにくくしている可能性があるので、最初は助走無しで、1ステップか2ステップから初めてみると早くコツを習得することができます。

コツ③インパクトの場所とフォロースルー

 (80599)

アウトサイドキックのインパクトの場所は、ボールの内側の下部分です。

このボールの場所に蹴り足の小指から外側を当て、擦るように蹴ります。この時にボールを蹴り上げるようなフォロースルーをすることで浮き球になり、蹴り足を下方向にフォロースルーすることで低い弾道のアウトサイドキックになります。

このようにボールの威力や弾道は、フォロースルーで自在に変えることが可能です。蹴り足のフォロースルーは、自然な流れで軸足方向へ巻き付けるようにすることで、ボールの飛ぶ方向と逆になり、このフォロースルーが相手ディフェンスを欺く手助けになります。いつも通りの自然なキックのフォロースルーがフェイントになるわけです。

アウトサイドキックの効果的な使い方とは?

相手の意表をつきたい時

アウトサイドキック神パス&ゴール

サッカーにおけるアウトサイドキックの効果的な使い方としては、相手の意表をつく使い方です。

それでは具体的にどのような場面で効果的かといいますと、ドリブルをしている時があげられます。インサイドキック、インフロントキック、インサイドキックの場合には一定のキックモーションからパスがされるので、ディフェンスからすればタイミングを読みやすいといえます。

ドリブルしながらアウトサイドキックでパスを出す際には、小さなキックモーション、極端に言えば、ほぼキックモーション無くパスができるのでドリブルしながらいつの間にかパスをしていたというような意表を突くパスという表現になります。

体の向きと逆方向に蹴りたい時

サッカー上達 アウトサイドキック 直角方向にパス

アウトサイドキックの究極のパスは90度のパスです。身体の向きと逆方向に蹴るという事で、主に中央からディフェンスを避けるようにサイドにドリブルしながら、身体はタッチライン側に向けながらアウトサイドキックでバイタルエリアにパスを出します。

身体の向きと逆方向にパスが出せれば、ボールホルダーに1人のマークがついても、他のディフェンスのインターセプトの予測能力をはるかに超えるパスコースを持つことができる、つまりプレーの幅を広げることができるので、ディフェンスにとっては最も嫌な選手になります。

プロサッカー選手の驚愕のアウトサイドキック

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 22,470 view
サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方には7種類ありますが、その中でもインサイドキック、インステップキック、インフロントキックの3種類はサッカーの試合中に頻繁に使うキックであり、テクニックとして身につけておく必要があります。今回は3つの蹴り方やフォームとそのコツについて紹介します。
nosedori | 35 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 1,781 view
ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

ゴールキーパーのコツや基本的な練習方法【サッカーポジション】

サッカーのゴールキーパーになるために必要な、ゴールキーパーの基本的なルールや役割、基本的な動き等を解説しています。また、サッカーのゴールキーパーを務めるにあたって、その基本的な練習方法と実際にゴールキーパーでプレーする際のコツも一緒に紹介しています。
onomine777 | 11,499 view
トーキックの必要性と試合中での使うポイントとは?コツや練習方法など

トーキックの必要性と試合中での使うポイントとは?コツや練習方法など

サッカーで使われるトーキック(トゥーキック)のトゥーとは、つま先を意味します。その名の通りつま先で蹴るキック、それがトーキックです。サッカーのキックの種類の中でも、簡単なのに難しい蹴り方。そんな奥が深いトーキックについて解説しています。
YouSay2000 | 801 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9