2019年12月7日 更新

世界一のゴールキーパーとは?最強キーパーランキングTOP10!

現代サッカーでは現在ゴールキーパーというポジションに変革が起きています。その過渡期にあたるこの時代を代表する世界最高レベルのゴールキーパーたちをランキング形式で紹介していきたいと思います。ランキングを通して現代サッカーのGK像に迫ってみましょう。

48,076 view お気に入り 0

ペトル・チェフ

国籍: チェコ
生年月日:1982年5月20日(35歳)
出身地:プルゼニ
身長:196cm
体重:90kg
在籍クラブ:アーセナルFC(イングランド)

ヘッドギアが物語るメンタルの高さ

チェフと言えばヘッドギアですが、この選手を最近知った人は何故ヘッドギアをつけてプレイしているのか疑問に思うかもしれません。

チェフは試合中の交錯によって頭蓋骨陥没骨折の大怪我を負ったことがあり、そこから奇跡的なカムバックを果たした選手なのです。それ以来この選手はヘッドギアを装着してプレイするようになり、伝説とも言える奇跡の復帰を象徴することになったのです。

普通このような怪我を負った選手は恐怖心が強くなりなかなか本来のパフォーマンスを発揮できなくなるものですが、チェフは逆に復帰してからゴールキーパーとして一段も二段の成長し、驚くほどのパフォーマンスで当時所属のチェルシーが欧州の舞台を席捲する立役者となりました。

このメンタルの強さがチェフのプレイの安定性を裏付けており、どのような場面でも常に冷静に確実なプレイを行うゴールキーパーだと言えます。

世界一の最強ゴールキーパーランキング5位

ティボ・クルトゥワ

クルトワスーパーセーブ集

国籍 :ベルギー
生年月日:1992年5月11日(26歳)
出身地 :ブレー
身長 :199cm
体重 :88kg
在籍クラブ: チェルシーFC(イングランド)

ベルギーが生んだ若きゴールキーパー

ここ数年来、ヨーロッパのサッカー界ではベルギー出身の選手たちが活躍しており、ベルギーは有望な若手選手の排出国になっています。

その中でもチェルシーの正GKを掴んだティボ・クルトゥワは、すでに完成されたフィジカルと優れたセービングでさらなる飛躍を期待されているゴールキーパーです。

あのチェフを追い出してそのポジションを奪ったのは有名な話で、秘めたるポテンシャルの高さと素質は相当なもので、とりわけ守備力に重点をおいたサッカーを行うモウリーニョが、実績の面で圧倒的なチェフよりもクルトゥワを選んだ事実は、彼が世界一のゴールキーパーになれることを証明しています。

世界一の最強ゴールキーパーランキング4位

レフヤシン

国籍:ソビエト連邦
生年月日:1929年10月22日
出身地:モスクワ
没年月日:1990年3月20日(60歳没)
身長:189 cm
体重:82 kg
経歴
1949-1970 ディナモ・モスクワ

伝説のGK「黒蜘蛛」

サッカー史上最高最強のゴールキーパーとして有名な選手で、GKとして唯一バロンドールを受賞した選手でもあります。歴代のゴールキーパーを語るときには必ずレフヤシンの名前が出ますし、レフヤシン無しではゴールキーパーを語ることはできないでしょう。

非常に長い腕を持つという特徴を活かしたセービング技術で、ディフェンスの戦術が確立していない時代で驚異的な守備力を発揮し、その姿から「黒蜘蛛」と呼ばれました。この当時は攻撃的な選手がサッカーの中心となっており、点の奪い合いが当たり前というサッカーばかりでしたから、レフヤシンのような優れたセービング技術でシュートストップできるゴールキーパーは本当に珍しい存在だったのです。

データが残っていないためはっきりませんが、一説には150本以上のPKを止めたと言われており、当時では抜きんでた存在だったことがよくわかります。またプレースタイルが近代的で、当時としてはあり得ないほど積極的に飛び出して守る名キーパーで、動画を観ても古臭さを感じない動きはこれによるものです。

世界一の最強ゴールキーパーランキング3位

ダビド・デ・ヘア

ダビド・デ・ヘアのミラクルセーブ集!

国籍 :スペイン
生年月日 :1990年11月7日(27歳)
出身地 :マドリード
身長:193cm
体重 :76kg
在籍クラブ:マンチェスターU(イングランド)

偉大なるGKの系譜を受け継ぐゴールキーパー

 (36598)

シュマイケルからファン・デルサールと続いたマンチェスターUのGKの系譜を受け継いで大きくチーム力を落としたクラブの立て直しを支えた選手です。

代表においてもカシージャスの後継者として堅実なプレイを続ける彼は、年々ゴールキーパーとして存在感を増しており、現在のサッカー界でもトップクラスの実力者です。

実績の面ではまだまだですが、ゴールキーパーとしての資質はしっかりしており、何よりGKに必要とされる安定感を若いうちから発揮し続けています。

歴代の守護神とダブるプレースタイル

79 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パンチングが上達する方法&練習メニュー5選【サッカー上達ガイド】

パンチングが上達する方法&練習メニュー5選【サッカー上達ガイド】

サッカーのキーパーが試合で使う技術の一つであるパンチングは、両手で行うものと片手で行う場合があり、各々正しくミートすることと飛び出すタイミングが重要です。今回はパンチングの基本フォームの習得から実践的なトレーニングまでを網羅した、5つの練習メニューを紹介します。
nosedori | 58 view
フリーキックの壁の作り方とは?ケースに分けて考えてみよう

フリーキックの壁の作り方とは?ケースに分けて考えてみよう

サッカーのフリーキックにおける壁の作り方の基本は、ニアサイドに壁を作る、間を開けない、飛ばないということが挙げられます。また、壁の枚数や作り方の微調整はどこでフリーキックが行われるかというケースごとに異なります。今回はどのケースで何枚壁を作るのか、またその注意点を含めて紹介します。
nosedori | 2,315 view
フットサールのキーパー!ゴレイロのルールと基本的な動き方とは?

フットサールのキーパー!ゴレイロのルールと基本的な動き方とは?

フットサルのキーパーポジションのゴレイロについてルールと基本的な動き方などを初心者向けに解説します。ゴレイロはキックや飛び出しができるのか?サッカーからフットサルに転向して、これからキーパーをする方は必見です。
Act | 608 view
サッカーのキーパーグローブの人気おすすめランキングTOP10!

サッカーのキーパーグローブの人気おすすめランキングTOP10!

サッカーのキーパーグローブの選び方として、グリップ力、フィット感、使用用途の3点が挙げられます。その3点を踏まえた上で定番のナイキ、アディダス、プーマといったメーカーから新たなメーカーまで今人気のおすすめグローブをランキング形式で紹介しています。
nosedori | 17,299 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 2,579 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS