2020年3月25日 更新

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。

85 view お気に入り 0

チームディフェンス

 (117545)

チームでディフェンスを練習することも重要です。コート上の5人が、ディフェンスの1番2番3番を常に意識して動くことが最初に求められます。

チームディフェンスが強くなるためには、チーム内での約束事も重要です。例えば、1番のボール保持者にマッチアップしているプレイヤーが、ディレクションをする方向を決めてトラップの仕掛け方をチームで決めておくことなどです。他にも、3番がカバー(ヘルプ)に動いた後の、ローテーションなども練習しておく必要があります。

ディフェンスは足を動かすことが重要

ILOVEBASKETBALL on Instagram: “Lmao Did Patrick Beverly Really say Guarding LeBron was no challenge??? Please tell me he's not serious!! COMMENT WHAT YOU THINK!  #lebron…” (116940)

バスケットボールのディフェンスは、足で行うといわれます。バスケは手でしかボールを扱いませんが、ディフェンスは足を動かすことが重要だということです。

バスケットボールは、体格、特に高さのあるプレイヤーが優位ですが、高さのミスマッチを埋める手段として、足を動かして機動力で対抗することがあります。

バスケは点をとり合うスポーツで、オフェンスに目が行きがちですが、守備力を強化して堅守をチームカラーとするチームもたくさんあります。ディフェンスのコツを意識した練習方法で、足を使った守備力を高めましょう!
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンドボールのディフェンス特集!システムの種類やコツ・練習法【技術編】

ハンドボールのディフェンス特集!システムの種類やコツ・練習法【技術編】

ハンドボールのディフェンスにはいくつかの種類があります。攻め方にもいろいろな方法があるため、オフェンスの形に応じてディフェンスを工夫するのもハンドボールの魅力の一つです。ここでは、ディフェンスの種類と練習法を取り上げていきます。
Act | 34,552 view
卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方のコツとは?ダブルスの基礎力アップ【初心者ガイド】

卓球ダブルスの動き方は、打ちながら動く・パートナーにスペースを空ける・パートナーとの距離感などを意識して、次のプレーの準備と打球コースでポジションを変更することです。卓球ダブルスの動き方の基本、ダブルスの動き方を覚える練習方法について解説します。
KAERUNABE | 114 view
サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーの得点を決めるシュートは種類、蹴り方によってミドルシュートやヘディングなど大きく6種類に分類できます。シュートを得点につなげるためには、確率が高いシュートを選択し、キーパーとの読み合いも大事になります。シュートに対する基本的な知識を持つことで、シュート決定力を高めることができます。
hoedama1 | 2,003 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 793 view
卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球レシーブの種類とコツとは?苦手な人にわかりやすく解説

卓球のレシーブの種類は、ドライブ・ツッツキ・ストップ・フリック・流しレシーブ・チキータの、計6種類あります。卓球のレシーブのコツは、相手のサーブの回転や長短を瞬時に判断し、早い打球点でボールを捉えることです。また、レシーブを練習するときは、強化したいレシーブに合わせて練習相手にサーブを出してもらいましょう。
KAERUNABE | 134 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO
amazon