2019年6月2日 更新

サッカーディフェンスの基本!体の入れ方と使い方とは?

サッカーのジュニア年代で「1対1のディフェンスが弱い」という話をよく聞きます。そこで「体が小さく、フィジカルが弱いから」というような理由を耳にしますが、はたして正しいのでしょうか? 今回はサッカーディフェンスの 基本として体の入れ方と使い方をご紹介していきます。

52,245 view お気に入り 0

サッカーディフェンスの基本とは?

体の入れ方と使い方とは?

@super_lefty25 on Instagram: “2018.2/4 ※第23回ちばぎんカップ ジェフ千葉対柏レイソル [フクダ電子アリーナ] 1―4  ジェフ千葉 MF20  矢田旭 ドリブル  左利きの技巧派MF。昨季の期限付きから今季は名古屋グランパスより完全移籍  #ジェフ千葉 #jefunited #ちばぎんカップ…” (27075)

サッカーにおいてディフェンスとは、正しいポジショニングから相手のボールを奪い、ゴールを守るという非常に重要な役割です。

ディフェンスは相手に体を当て、様々な体の入れ方・使い方でボールを奪い、時には様々な体の入れ方・使い方で空中戦で競りあい、体を張ってゴールを守るという体を使った守り方が求められるわけです。

以下では体の当て方・ボールの奪い方・ポジショニングなど、ディフェンダーの動きに必要な基本的な体の入れ方・使い方を詳しく解説していきます。

ディフェンスで知っておくべきポジショニング

阿波川島 on Instagram: “#大崎玲央 ファンに捧ぐ . 開幕戦での勝利はならなかったが、緒戦からレオ選手がフル出場できることに喜びと手応えを感じたよ! . 2018-2-25 ファジアーノ岡山 . #徳島ヴォルティス #センターバック #ポカリスエットスタジアム #osaki_leo…” (27152)

ディフェンスをする上でおさえておきたいのがポジショニングです。ポジショニングとはディフェンス時の姿勢・位置を意味し、サッカーにおいてこれらをおさえているか否かで、ボールを奪えるか否かに繋がります。このポジショニングは、次の段階の体の入れ方にも関わってくる重要なキーワードになります。

それではディフェンスにおいてどのような姿勢・位置が重要なのかを見て行きましょう。

正しいポジショニングの位置

ディフェンスのポジショニングの基本となるのが、守備側のゴールの中心と、マークする相手の直線上にポジショニングすることです。ディフェンス時の守り方として、相手をゴールに向かわせないため、この守備側のゴールの中心とマークする相手の直線は常に意識する必要があります。

相手ボールホルダーと対峙した場合は、相手ボールホルダーが自由にプレーできないような距離を保ちます。いきなり近づくような守り方だとかわされる危険があるため、適度な距離を保ちます。サッカーディフェンスにおいてこれを「間合い」と呼びます。

正しいポジショニングの姿勢

ディフェンスで相手と1対1で対峙した場合の姿勢ですが、相手ゴールに向かって右サイドで対峙した場合は、右サイドへ誘い込むことがディフェンスのセオリーになるので左足をやや前に出します。逆に左サイドで対峙した場合は、左サイドへ誘い込むのがディフェエンスのセオリーになるので右足をやや前に出します。

ディフェンスをする上でおさえておきたい基本姿勢

ジュニアサッカーを応援しよう! on Instagram: “咋シーズンはレスターシティ。今シーズンはチェルシーと2シーズン連続でチームをプレミアリーグ優勝へと導いたエンゴロ・カンテ。…” (27162)

サッカーディフェンスにおいて1対1でのディフェンダーの姿勢は、基本的に軽く膝を曲げ、上体は前かがみにならないように注意します。守り方として、寄せたい方向へ状況に応じて左右どちらかの足を少し前に置いて斜め半身の姿勢で対峙します。

サッカー指導現場で、「もっと腰を下ろせ!」という守り方の指導を受けたかたいるかもしれませんが、重心を下げ過ぎてしまうと、両足に全体重がかかり、1歩目の出だしが遅くなります。

そして上体が前かがみになってしまうと、左右の動きにはついていけますが、前後の動きが遅くなります。ディフェンス時の膝は軽く曲げ、上体は前かがみにならない姿勢がサッカーディフェンスの基本的な姿勢です。

サッカーディフェンスの基本①

ボールを奪う

ゆーりー on Instagram: “マルセロかっこいい!#レアルマドリード #マルセロ#12” (27166)

サッカーディフェンスにおいて、ボールを奪えば攻撃時間が長くなり、逆にボールを奪えなければ終始相手チームに攻撃されることを意味します。攻撃時間が長ければチームは強くなるわけです。

ボールの奪い方は、相手選手のパスをインターセプトする仕方、次に足を出して直接ボールにチャレンジする仕方、最後に基本的な体の入れ方でボールを奪う仕方の3種類があります。

サッカーディフェンスの基本②

ボールを奪う方法を使い分ける

かい on Instagram: “かっこよすぎだろ!世界屈指のCB#セルヒオラモス#レアルマドリード#サッカーファン” (27175)

サッカーディフェンスの基本としてボールの奪い方には3種類あります。

相手選手のパスをインターセプトする仕方は、いわゆる予測能力や味方守備のポジショニングが重要になってきます。ここでは残る直接ボールにチャレンジする仕方と体を入れてボールを奪う仕方について詳しく解説していきます。

直接ボールにチャレンジする方法と体を入れてボールを奪う方法の違いはボールに行くのか、または体を入れて相手を止めるのかという点です。

そしてこの2種類をサッカーにおいてどのような場面で使い分けるのかをサッカーディフェンスの基本として、正しく理解することでディフェンスが上手くなるわけで、更にチームに浸透すれば強くなるわけです。

直接ボールにチャレンジする場面

サッカーディフェンスの基本として、1対1で直接ボールにチャレンジして自分の体が攻撃姿勢でボールを奪うことができればカウンターにも繋げることができるので最良な奪い方といえます。ではこの直接ボールにチャレンジする場面はどのような場面が適切なのでしょうか?

それはディフェンス時に1対1で相手と対峙し、うまく間合いを詰めている場面です。相手との間合いをきっちり詰めていて、足を出せばボールに触れる距離にいる場面では積極的にボールにチャレンジしましょう。

つまり、サッカーにおいて、しっかり相手との間合いを詰めてボールにチャレンジするディフェンスが最も理想的な守り方といえます。

体を入れてボールを奪う場面

69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。
MARUO KAZUHIRO | 390 view
パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクールの練習方法!【瞬発系・反応系】

パルクール練習方法を、瞬発系、反応系に分けて、瞬発力が必要な理由、反応力が必要な理由、そしてその2つの能力をどの様に向上させればいいのか、などを、初心者から中級者のパルクール実施者に向けて、詳しく紹介していきます!
みかん🍊 | 2,187 view
ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ブラジルの多くの選手が身に着けているジンガステップは、サンバのような華麗なステップを用いてディフェンスを抜き去るドリブルテクニックに応用されています。つまり、ジンガを練習すれば足元の技術向上に役立ちます。足元の技術向上を目指すための練習方法として、今ジンガが注目を集めています。
masamiohdaira9 | 1,888 view
レシーブの基本の構えとは?上手くなる方法と簡単なコツを解説

レシーブの基本の構えとは?上手くなる方法と簡単なコツを解説

バレーボールのレシーブの基本の構えは、腰を正しく落とすことです。レシーブが上手くなるためには「ボールの正面に入る」という簡単なコツがあり、今回はレシーブが上手くなる方法などを解説していきます。コツを押さえた練習をして、効果的にレシーブを上達させていきましょう。
まる蔵 | 1,042 view
サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーの1対1の局面はオフェンスが有利というのが一般的な考え方ですが、ディフェンスは抜かれないようにし、ボールを奪うためにできることは多々あります。今回はディフェンスの優先順位、相手のタイプ、自分の特徴、6対4の原則、フェイントの5つのディフェンスのコツを紹介します。
nosedori | 3,796 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9
amazon