2020年9月5日 更新

腸腰筋の筋トレ方法とは?インナーマッスルの鍛え方とトレーニングメニューを解説!

腸腰筋の筋トレ方法とは、股関節の屈曲・伸展や骨盤の前傾・後傾を用いてするトレーニングです。インナーマッスルの鍛え方には、自重やマシンでする筋トレ方法があります。腸腰筋のトレーニングメニューは、レッグレイズやレッグランジ、ウォーキングやエアロバイクがおすすめです。

456 view お気に入り 0

腸腰筋とは?

 (171817)

腸腰筋とは、股関節の屈曲・伸展や骨盤の前傾・後傾を担う筋肉で、大腰筋・腸腰筋・小腰筋の3つの筋肉のことを指します。腸腰筋を詳しく知るためには、場所や3つの部位を理解しておきましょう。

・腸腰筋の場所
・大腰筋
・腸骨筋
・小腰筋

腸腰筋の場所

 (171818)

部位 位置
大腰筋 腰椎から大腿骨の内側
小腰筋
腸骨筋 骨盤の上縁から大腿骨の内側
腸腰筋は、脊柱から大腿骨の付け根に付着し、内臓と脊柱の間に位置しています。身体の表層からは容易に触診ができないインナーマッスルで、腹直筋や腹横筋の深部に位置しているため、深部腹筋と呼ばれます。

大腰筋

代用筋は、体幹と下肢をつなぐ唯一の筋肉で、腰椎と大腿骨の内側にある小転子に付着しています。大腰筋は股関節をまたぐ筋肉なため、収縮すると、3つの動きが起こります。

・股関節の屈曲・外旋
・体幹の屈曲
・腰椎の前弯

腸骨筋

 (171628)

腸骨筋は、腸骨窩と大腿骨の小転子をつなぐ筋肉です。股関節をまたぐ筋肉なため、股関節の運動を安定させる働きがあります。腸骨筋が収縮すると、股関節が屈曲することで、骨盤が前傾します。

小腰筋

小腰筋は、胸腰椎と腸骨をつなぐ大腰筋から分かれた筋肉です。小腰筋自体に股関節や骨盤を大きく動かす力はなく、大腰筋と腸骨筋の運動をサポートする役割があります。
日本人のなかには、本来分かれるはずの大腰筋から小腰筋が分かれずに、小腰筋が欠如したまま生活している人が約半数も存在します。

腸腰筋の役割・仕組み

 (171623)

腸腰筋の役割は、股関節や骨盤の安定させ、パフォーマンスを強化することです。腸腰筋には、股関節を屈曲・外旋させたり、大腿骨や骨盤の位置を保ったりする仕組みがあります。

役割

腸腰筋の役割は、股関節の安定性の向上や骨盤の位置を安定させることです。腸腰筋は、身体の深層に位置しているためインナーマッスルと呼ばれます。インナーマッスルには、関節を安定させることで、アウターマッスルを効率よく動かす役割も存在します。

仕組み

腸腰筋の仕組みは大きく分けて3つです。

・股関節の屈曲・外旋
・骨盤の前傾

・大腿骨や骨盤の位置を保つ

腸腰筋が等張性収縮をすると、股関節が屈曲・外旋し、骨盤の前傾​が起こります。腸腰筋を等尺性収縮させると、大腿骨や骨盤の位置を保つことができるようになります。
筋の収縮は全てが短縮するわけではないため、いくつかの区別があります。筋の緊張で短縮が起こる場合を求心性収縮、筋が緊張しつつ引き伸ばされる場合は、遠心性収縮と呼ばれます。等張性収縮とは筋が収縮し長さが変わるような収縮、等尺性収縮は、筋が張力を出しているが関節運動が起こらない収縮のことを指します。

腸腰筋の筋トレ効果とは?

 (161132)

腸腰筋の筋トレ効果や鍛えるメリットは、4つあります。

・姿勢改善・ヒップアップ効果
・運動機能の向上
・腰痛予防
・転倒予防

姿勢改善・ヒップアップ効果

Login 窶「 Instagram (171632)

腸腰筋の筋トレには、不良姿勢を改善する3つの大きな効果があります。

・体幹アライメントの改善
・骨盤後傾の改善
・猫背の改善
・ヒップアップ効果

腸腰筋の筋トレで骨盤の位置が矯正されると、お尻の筋肉が効果的に使えるようになるため、ヒップアップ効果が期待できます。

運動機能の向上

Login 窶「 Instagram (171633)

腸腰筋を鍛えると、運動機能を向上する3つの効果があります。

・体幹の安定性の向上
・走力の向上
・ジャンプ力の向上

腸腰筋の筋トレで体幹の安定性が向上すると、走力やジャンプ力があがり、あらゆるスポーツ場面での競技パフォーマンスが強化されます。

腰痛予防

Login 窶「 Instagram (161143)

腸腰筋を鍛えると、腰痛予防につながる2つの効果があります。

・脊柱アライメントの改善
・骨盤の安定性の向上


腸腰筋を鍛えると、脊柱アライメントの改善や骨盤の安定性が向上し、腰部にかかる負担が軽減するため、安定した姿勢で動作ができるようになります。

転倒予防

腸腰筋を鍛えると転倒を予防する2つの効果があります。

・つまづきの防止
・ボディイメージの改善


高齢者は筋力低下でイメージ通りに身体が動かせなくなることでつまづきが生じ、転倒を招くケースが多いです。腸腰筋を鍛えるとイメージ通りに足を上げられるようになるため、つまづきが軽減し、転倒予防に繋がります。

腸腰筋の鍛え方

Login 窶「 Instagram (157892)

腸腰筋の鍛え方には2つの動作が重要です。

・股関節の屈曲・伸展
・骨盤の前傾・後傾

股関節の屈曲・伸展

Login 窶「 Instagram (157910)

股関節を屈曲・伸展する運動では、腸腰筋の収縮・伸張が促されるため、腸腰筋効果的に鍛えられます。

股関節の屈曲・伸展を繰り返す動作のおすすめは、もも上げ運動です。もも上げ運動の種目には、階段昇降やウォーキング、自転車を漕ぐ動作が挙げられます。

骨盤の前傾・後傾

Login 窶「 Instagram (171634)

骨盤を前傾・後傾する運動は、腸腰筋の収縮・伸張が促されるため、腸腰筋を鍛えるのに効果的です。

骨盤の前傾・後傾をともなう動作は、しゃがんだり身体を起こしたりする運動に含まれます。しゃがんだり身体を起こしたりする運動のおすすめは、自宅でもできるスクワットや椅子からの立ち座りの動作です。

腸腰筋の筋トレメニュー5選【自重】

Login 窶「 Instagram (171635)

自重での腸腰筋の筋トレメニューには、5つの運動が推奨されます。

・レッグレイズ
・ニートゥーエルボー
・Vシットキープ
・バイシクル
・マウンテンクライマー


自重筋トレは自宅でできるため、時間がなくてジムに行けない方でも取り組みやすいです。

レッグレイズ

開始姿勢 背臥位
難易度 ★★☆☆☆
負荷量 ★★★☆☆
回数/セット数 10〜15回/3セット
レッグレイズは仰向けで膝関節を伸展位でキープし、股関節を屈曲する筋トレです。股関節が屈曲・伸展するため腸腰筋が鍛えられます。

【レッグレイズのやり方】
①仰向けになり頭頸部を屈曲する
②膝を伸ばして息を吸いながら下肢を上げる
③息を吐きながらゆっくり下肢を降ろす

【注意点・ポイント】
・上げた下肢を元の位置にゆっくり戻す
・腰が反らないようにする

ニートゥーエルボー

開始姿勢 立位
難易度 ★☆☆☆☆
負荷量 ★☆☆☆☆
筋トレ時間/セット数 30秒/3セット
ニートゥーエルボーは、股関節を交互に屈曲させる自重筋トレです。股関節の屈曲・伸展を繰り返すため、腸腰筋が鍛えられます。

【ニートゥーエルボーのやり方】
①立位で肩幅に足を広げる
②片側の下肢の膝関節と股関節を曲げてお腹に引き寄せながら反対側の肘に膝が着くように上げる
③下肢を降ろし、反対側を②の手順で繰り返す

【注意点・ポイント】
・片足でバランスを崩さないよう注意する
・お腹を丸めず膝を高く上げる

Vシットキープ

Login 窶「 Instagram (157893)

開始姿勢 背臥位
難易度 ★☆☆☆☆
負荷量 ★★☆☆☆
筋トレ時間/セット数 30秒/3セット
Vシットキープは、膝関節伸展位で股関節と体幹を屈曲させた状態でキープする運動です。下肢と体幹を抗重力位で屈曲位に保つため、腸腰筋を持続的に収縮させて鍛えることができます。

【Vシットキープのやり方】
①仰向けで寝る
②膝を伸ばした状態で股関節を屈曲させる
③手をつま先に伸ばして肩甲骨を浮かせる
④姿勢をキープする

【注意点・ポイント】
・負荷が高いと感じる方は、床に肘をついた状態で股関節と体幹を屈曲させてやる

バイシクル

Login 窶「 Instagram (157891)

開始姿勢 背臥位
難易度 ★☆☆☆☆
負荷量 ★☆☆☆☆
筋トレ時間/セット数 30秒/3セット
バイシクルは仰向けで自転車を漕ぐように下肢を回転させる運動です。股関節の屈曲・伸展を繰り返すため、腸腰筋が鍛えられます。

【バイシクルのやり方】
①仰向けで寝て膝関節と股関節を曲げる
②自転車を漕ぐように足を回転させる

【注意点・ポイント】
・腰が反らないように、頭頸部を手で押さえながら軽くおへそを見る
・下肢を素早く回転させ、膝が内側に入ったり、外に開いたりしないよう意識する

マウンテンクライマー

開始姿勢 腕立て位
難易度 ★☆☆☆☆
負荷量 ★★☆☆☆
筋トレ時間/セット数 30秒/3セット
マウンテンクライマーは腕立て伏せの開始位置から股関節を屈曲させて膝を体幹に引き寄せる運動です。股関節の屈曲運動と体幹をキープする運動であるため、腸腰筋が鍛えられます。

【マウンテンクライマーのやり方】
①腕立て位で身体をまっすぐに固定する
②下肢を交互に体幹に引きつける

【注意点・ポイント】
・体幹をまっすぐに保持する
・足を素早く入れ替え、下肢を体幹にまっすぐ引き寄せる
138 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上腕三頭筋の筋トレ方法とは?腕を太くする鍛え方とトレーニングメニュー

上腕三頭筋の筋トレ方法とは?腕を太くする鍛え方とトレーニングメニュー

上腕三頭筋の筋トレ方法とは、自重やチューブやダンベルといった器具を使用して筋肉を鍛えるトレーニング方法です。腕を太くする鍛え方には、自重の腕立て伏せやバランスボール、バーベルを使った方法があります。上腕三頭筋のトレーニングメニューでは、ダンベルナローベンチプレスやトライセプスキックバックがおすすめです。
まお03 | 468 view
大円筋の筋トレ方法とは?胸・脇の下の筋肉の鍛え方とトレーニングメニューを解説!

大円筋の筋トレ方法とは?胸・脇の下の筋肉の鍛え方とトレーニングメニューを解説!

大円筋の筋トレは、上方や前方から腕で重りを引いて鍛える方法です。胸や脇の下の筋肉の鍛え方には、手幅を広げてする腕立伏せや懸垂がおすすめです。大円筋のトレーニングメニューには、自宅でする自重トレーニングの腕立伏せや懸垂のほかに、ジムで器具を使用して鍛えるラットプルダウンやローイング種目があります。
mik.tora | 578 view
棘下筋の筋トレ方法とは?肩周りを鍛えるときに効果的なやり方を解説!

棘下筋の筋トレ方法とは?肩周りを鍛えるときに効果的なやり方を解説!

棘下筋の筋トレは、肩関節を安定させる効果があり、野球・水泳・ラケット競技など、肩や腕を使うスポーツのパフォーマンスを向上させます。肩を支えるインナーマッスルの1つである棘下筋のエクササイズは、筋肉の強化だけでなく、ケガの予防やケガの後のリハビリの効果も持ち合わせています。
田崎瑞子 | 1,321 view
多裂筋の筋トレとは?体幹やインナーマッスルに効く筋トレ方法も解説!

多裂筋の筋トレとは?体幹やインナーマッスルに効く筋トレ方法も解説!

多裂筋の筋トレは体幹やインナーマッスルを鍛えられる方法が多く、体を健康的に美しくする効果があります。体幹やインナーマッスルに効く筋トレ方法には、多裂筋を伸縮させる、ねじるなどの動きがおすすめです。筋トレ・ストレッチをバランスよく取り入れて、しなやかで強い多裂筋をキープしましょう。
asa_swa | 1,550 view
ハックスクワットの効果と正しいやり方とは?重量設定と足の位置がコツ!

ハックスクワットの効果と正しいやり方とは?重量設定と足の位置がコツ!

ハックスクワットは、マシンを使って体を後ろに傾けておこなうスクワットで、レッグプレスとは可動域や重量設定に違いがあります。ハックスクワットでは下半身の筋肉が鍛えられるため、運動能力や基礎代謝の向上、ダイエット効果が見込めます。ハックスクワットは、足をしっかり固定して、目的にあわせた重量設定でやるのがコツです。
Anonymous | 2,013 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous