2018年10月6日 更新

背泳ぎのコツ!ストロークや手のかき方などを徹底解説ガイド

水泳での泳ぎ方の中でも、特に他の泳ぎ方と根本的にスタイルの違う「背泳ぎ」。経験者でも初心者でもコツがわからず、自己流でマスターするのは少し難しい泳ぎ方でもあります。ここからは、背泳ぎのコツをストロークや手のかき方などのポイントを挙げて、わかりやすく紹介します。

10,126 view お気に入り 0

ストロークのコツ③肘を立てることを意識する

K🅰ℹ︎t🅾  (カイト) on Instagram: “#ダウン症 #スイマー 🇯🇵 #背泳ぎ#21トリソミー  #21torisomy  #swimmer #swim #swimming #downsyndrome#artist  #swimwear #arena  @arenajapan” (56565)

3つ目のストロークのコツは肘をたてるということです。ストロークの際に肘を曲げてしまうと、腕が水面に上がったときに水しぶきがあがりやすくフォームも乱れやすくなる原因となってしまいます。初心者の場合は、ストロークの際に手首を外側に曲げるといった方法で肘が曲がるのを防止することが出来るので、練習をするときはぜひ実践してみてください。背泳ぎのフォームをより綺麗に、ストロークをスムーズに行うためのコツなので、しっかりと押さえて練習するようにしましょう。

ストロークのコツ④最後までゆっくりと手で水をかく

4つ目のストロークのコツは最後までゆっくりと手で水をかくことです。ストロークのコツは手をゆっくりと入水させ、水中で少しスピードを上げて水をかき、最後はまた手をゆっくりと水面に出すことがポイントです。水面で水音を立てるように強く手を出すと、水の抵抗を受けやすくスピードが落ちてしまう原因となってしまいます。ゆっくりから始まり、徐々にスピードを上げて最後はまたゆっくりとという、スピードにおいての一連の流れを意識しながら泳ぐ方法で、ストロークの練習をしていきましょう。

背泳ぎをマスターするコツ③手のかき方

水泳 背泳ぎ陸上練習1

背泳ぎをマスターするコツの3つ目は手のかき方です。背泳ぎにおいて手のかき方というのは、一番の重要なポイントです。背泳ぎ以外の泳法でも、重要な手のかき方はクロールと似ているようにも思われがちですが、背泳ぎはクロールと手のかき方が逆回転なので注意しましょう。背泳ぎで安定感のある泳ぎ方をするには、さまざまな方法があり、コツを押さえておくことはとても大切です。ここでは、背泳ぎをマスターするために重要な手のかき方の4つのコツを挙げて説明していきたいと思います。

両手を伸ばして前に勢いよくかく

愛知県 東海市  美容室&エステBig Moon 伊藤 有紀 on Instagram: “LCFテクニック❣️ こちらは 手の長さもこんなに違う💦💦 お客様、びっくり😱  そして、ある男性のお客様、 LCFテクニックを受けられた後に 毎年恒例の会社の健康診断に 行かれたら?? 微妙に縮んでいた 身長が?? 10年前と比べると なんと‼️‼️ のびていたそうです😱😱…” (59800)

1つ目の手のかき方のコツは両手を伸ばして前に勢いよくかくことです。背泳ぎで手をかくときには、ピーンと両手をまっすぐに伸ばして水を勢いよくかくことが大切です。入水するときはゆっくりと、水中に入ったら水の抵抗を受けるので勢いよくかくのがコツです。ずっとゆっくりだと体が沈んでしまったり、勢いがなさ過ぎて前に進まないことがあるので注意してましょう。手をかく力加減を何度も繰り返し練習して、自分に合った最適な力加減を身につけていきましょう。

手の平の面積全体を使ってかく

Volunteer Voluntary Guide · Free photo on Pixabay (59801)

2つ目の手のかき方のコツは手の平の面積全体を使ってかくということです。背泳ぎで速く泳ぐためには手をかくスピードも大切ですが、手のどの部分で水をかくのかということがポイントとなってきます。小指から入水後、手の平全体を使って水を押すことを意識しながら、練習をすると上達にも繋がります。手の平を使って水をかくと、もちろん水の抵抗も受けやすくなりますが、水の抵抗を押してかくことで背泳ぎで速く泳ぐことができるようになります。

常に肩を回して交互にかく

araimegumi on Instagram: “#次男 #久々の登場 #スイミング #発表会 #進級出来ず落ち込む #4級 #クロール #背泳ぎ #知らないうちに泳げるようになっていた🏊‍♂️” (57062)

3つ目の手のかき方のコツは常に肩を回して交互にかくということです。初心者に多く見られるのは、とにかく速くたくさん腕をまわしてしまっていることです。腕を速く回すことで体力が大幅に奪われ、フォームも乱れてしまいます。背泳ぎでの手のかき方のコツは、肩甲骨を動かして肩を回すということです。泳いでいる最中は、常に肩を回して交互に水をかくようにしましょう。間違った手のかき方をしていると、体が沈んでしまったり、速く前進できなくなるの原因になってしまうので注意して練習しましょう。

ボートのオールを意識してかく

Kayak Kayaker Kayaking · Free photo on Pixabay (59802)

4つ目の手のかき方のコツはボートのオールを意識してかくということです。手のかき方のコツは大きく肩を回して、ボートのオールのように左右交互に回すことを意識して練習するのがポイントです。オールの先は手の平のように平らになっており、その部分で水の抵抗を受け押し出すことで、背泳ぎで泳いでいる際の前進する動力となります。手のかき方はボートのオールをイメージしながら、手の平や肩の動きを意識しながら練習すると、早くコツを掴めるようになってきます。

背泳ぎをマスターするコツ④息継ぎ

背泳ぎの息継ぎ

背泳ぎをマスターするコツの4つ目は息継ぎです。背泳ぎをマスターするコツと聞いて息継ぎ?意識してしなくても仰向けなんだから大丈夫じゃないの?と感じる人も少なくないと思います。背泳ぎは仰向けで泳いでいるので、常に顔が水面に出ていて、いつでも息継ぎができるので特に気にする必要はないと思う初心者もたくさんいます。しかし、背泳ぎの息継ぎはとても重要で息継ぎの仕方を間違えると、フォームが乱れるだけでなく、スピードも落ちてしまうことがあります。ここでは、背泳ぎをマスターするために重要な息継ぎのコツを4つ挙げて説明していきたいと思います。

一定のリズムでゆっくりと

マキマキ on Instagram: “#ヘルニア再発 で再び寝たきりになって😰⤵︎楽しみにしていた息子の進級テストも見にいけず、進級後も見に行くことも出来なかった#スイミング に久々見に行けた😃💕 仕事後の見学だから#背泳ぎ しか見れないけど手の動きが追加されてて無級脱したんだなぁと実感😭…” (59805)

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分のアジングポイント7選!アジが釣れる釣り場はどこ?

大分県のアジングポイントは幸ノ浦港が一番おすすめです。幸ノ浦港は潮回りが良いためアジの数、サイズ共に好釣果が期待でき、佐伯・津久見・別府エリアも人気です。大分のアジングのハイシーズンは7月〜9月ですが、冬の時期でも日見港や田鶴音港では釣果を期待できます。アジングの釣果アップにはシーズンに合わせた釣り場選びが大切です。
卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

卓球の技を一覧で紹介!絶対知っておきたい18選【卓球ガイド】

絶対知っておきたい卓球の技18選を、サーブ・レシーブ・ドライブ・ロビング・カットに分けて紹介します。それぞれの技は難易度や使用タイミングが大きく異なり、技の特徴を把握することが重要になります。卓球の技は種類が豊富なので、卓球初心者でも技の名前や特徴を覚えるようにしていきましょう。
YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは?初心者へバックサーブの打ち方と5つのコツを解説!

卓球のバックサーブとは、ラケットのバック面で出すサーブになります。バックサーブの打ち方のポイントは、体の正面で打球することです。バックサーブのコツは、正確なトスを上げる、卓球台に近い位置で打球する、体重移動、サーブの長短、同じようなフォームで回転を出し分けることの5つになります。バックサーブは練習を重ねることで習得することが可能です!
和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山県では青物が釣れるショアジギングのポイントが豊富です。地磯、サーフ、漁港などのスタイルに合わせた釣り場や魚種を選べる点も魅力です。カンパチ、ヒラマサ、サワラ、ブリ、ソーダ、ガツオなどが釣れる和歌山のショアジギングができる8ヶ所のポイントと攻略法を徹底解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act