2018年12月28日 更新

ゴルフのマナー集!初心者が知っておくべき基本的なルールとは?

ゴルフにおけるラウンドの回り方もまだわからないような、ゴルフ初心者が知っておくべき基本的なマナーを紹介しています。そのマナーは、ラウンド前の準備に関するものから、プレイ中、トラブル発生時に関するマナーまで、場面に応じた様々なマナーを紹介しています。

  
287 view お気に入り 0

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑨

トラブル発生時のマナー

ルール・マナー編【池ポチャしたときのルール】 |ホームメイト・ゴルフ

ゴルフ初心者が起こしやすいトラブルとして、隣のホールにボールを打ち込んでしまうというトラブルがあります。隣のホールでは、他の組がプレイしている可能性があるため、まずそのホールのプレイ状況を確認し、誰もショットをしていないことを確認してから、「失礼します」等の一声をかけてからそのホールに入るようにしましょう。ショットが終わった後は一礼し、走って素早く自分のホールに戻るようにしましょう。
また、初心者はラフや林にボールを打ち込むということも多くなります。その場合、ボールを捜すようになりますが、後ろの組がティーグラウンドで待っているのに長時間探すというのは迷惑とあります。そのため、ボールは「3分以内」という基礎の時間を目安に捜すようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑩

バンカーとは

Ku~ on Instagram: “#golf #bluesky  #bunker#ゴルフ #青空 #バンカー” (52012)

バンカーとは、ゴルフのコースを形成する基礎の一要素です。バンカーはウォーターハザードと並ぶハザードに属し、形や大きさはコースやホールによって様々ですが、砂で満たされています。そして、バンカーの形状としては、たいていの場合、周囲の地面より数十cmほどくぼんでいます。また、バンカーはハザードに属していますが、ボールをバンカーに打ち込んでも救済はなく、この点はウォーターハザードとは異なります。
バンカーから、長い飛距離のボールを打ち出すのは非常に困難です。そのため、基礎技術のない初心者にとっては特にスコアを悪化させる要因となるでしょう。

バンカーでのマナー

ルール・マナー編【バンカーの均し方】 |ホームメイト・ゴルフ

初心者がバンカーにおいて覚えておきたい基礎のルールとして、ショットの前にクラブのソールを砂に付けてはいけない、バンカー内に存在している枯れ葉や石などの自然障害物は動かしてはいけないといったルールがあります。このルールに違反すると2打罰のペナルティが与えられてしまいますので、必ず覚えておきましょう。
また、バンカーショットでついた自分のショット跡と足跡を消すことは当然のマナーの基礎です。この際に使用するのがトンボと呼ばれるバンカーレーキです。このバンカーレーキをショットした後に取りに行くという方が非常に多いのですが、これはスロープレイの要因となります。そのため、バンカーレーキはショット前に持って、持ったままバンカーに入るようにしましょう。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑪

スコアに関するマナー

山田 直知 ゴルフコーチ on Instagram: “【スネデカー選手スコア59❗️】 * * 今回アメリカツアーでスネデカー選手が凄いスコアをマークしました。 * * 凄いのがパットが神がかっているのではなく、ショットが怖ろしいくらいの精度の良さ。 * * 人間はここまでできるんだなと、何度も映像をみて研究してます。 * *…” (52013)

ゴルフ初心者は、どうしても打数が多くなりがちです。また、マナー⑨で紹介したトラブルに多く対応していると、自分の打数が分からなくなってしまうということもあるでしょう。その時、例えば7打と6打で迷っているような場合は、迷わず多い方の7打で申告するようにしましょう。マナーの良し悪しは、このようなスコアのカウントに一番現れるといえます。スコアの過少申告は重大なマナー違反であり、一緒にラウンドした方との関係悪化に直結しますので絶対にやめましょう。
また、スコアカウントのコツとしては、グリーンオンまでの打数をカウントし、その後パッティングでの打数をカウントすると分かりやすいので試してみてください。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑫

ゴルフ場での全般的なマナー

【面白ゴルフマナー09】 スタート前準備編

ゴルフ場全般のマナーとして、まず、時間に遅れないというマナーがあります。基本的に、少なくともラウンドのスタート時間の30分前には、ゴルフ場に到着しておくようにします。そして、スタート10分前にはティーグラウンドに集合しましょう。もし、ゴルフ場への到着が遅れてしまうという場合には、可能な限り早くゴルフ場に連絡するようにしましょう。
また、基本的にゴルフ場のコース内は禁煙となっています。さらに、一部の名門コースなどではコース内だけではなくクラブハウス内も全面禁煙というところもあるようです。そのため、喫煙家の方は事前に喫煙場所を確認しておく事をおすすめします。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナー⑬

万が一の事故を防ぐためのマナー

ゴルフのボールやクラブは、人に当たってしまうと大怪我につながりますので、その取扱いには十分に注意が必要です。
まず、人の近くでは素振りをしないようにしましょう。スイングするときは周囲に人がいないことを十分に確認します。次に、ショットを打つ人の前に出ないようにしましょう。打つ人の前や後ろに出ると、打ったボールや振ったクラブに当たる可能性があるため、絶対にやめるようにします。最後に、前の組に打球が当たってしまう可能性があるときは、ショットを打つのを控えるようにしましょう。次のホールに、まだ前の組が残っている場合は静かに待ち、その組が十分に離れてから打つようにします。

ゴルフ初心者が知っておくべきマナーのまとめ

½ green fee | +900 courses on Instagram: “🇬🇧 #Play #CardenPark #cheshirecourse near #liverpool #england 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 One round of ½ green fee - #Golfhaftet is valid every day. €55 link…” (52016)

ゴルフ初心者が知っておくべき様々なマナーを紹介してきました。
紹介したマナーには、まだ初心者であれば確実に実行しなくても許されるものもあります。しかし、ゴルフを趣味とし、長くプレイしていこうと思うのであればマナーを実施することは義務として、初心者のうちにマナーを完全に覚えるようにし、自然に実行できるようにしていきましょう。
また、初心者でもできるマナーとして、他人のショットをよくみるというマナーがあります。自分以外のショットに興味を示さない人もいますが、それは他の人に失礼になりますのでやめましょう。
また、プレイを終えた後のお風呂は格別なものなので、1日を通して楽しく過ごせるようマナーを守ったプレイを心がけましょう。
75 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダーツのルール!基本的なゲームルールとマナーまとめ【初心者ガイド】

ダーツのルール!基本的なゲームルールとマナーまとめ【初心者ガイド】

ソフトダーツのルールとマナーについて、初心者の方が絶対に知っておかないとならない基本的なことをまとめて解説します。とても基礎的なことですが、ダーツを仲間と楽しむためにはルールとマナーが必須となりますのでしっかりと覚えておきましょう。
後藤晃一 | 4,009 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

onomine777 onomine777