2020年1月28日 更新

ティーバッティングとは?練習方法と種類と効果を解説!

自分に合ったバッティングフォームを作るのには、ティーバッティングの練習が適しています。しかし、正しいやり方でティーバッティングを行わないと、練習の効果はありません。今回はそんなティーバッティングの練習方法や、ティーバッティングの効果について見ていきましょう。

59,709 view お気に入り 0

ティーバッティングとは?

@tokyo_carp_girl_51 on Instagram: “*〜宮崎キャンプ〜in日南❷丸ちゃんバッティング⚾︎💕シュッ、シュッって言っててかわい😚#丸佳浩 #9 #日南キャンプ #ティーバッティング #2017mvp #頼れるリーダー #不動の3番 #2018も #チームを引っ張る存在***” (25673)

野球のティーバッティングとは、自分がボールを打つ時のポイントの修正やフォームを作る時に行う練習です。

ティーバッティングとは、トスされたボールをネットなどに向かって打つ簡単な練習です。ですが、自分のバッティングの基礎を作る練習ですので、とても大切な練習です。ティーバッティングを疎かにすると良いバッティングを行うことができません。
それぐらい言っても過言ではないぐらい重要な種類の野球の練習です。しっかりと取り組んでいきましょう。

ティーバッティングの種類

市川ポニーIG on Instagram: “2017.1.31夜間練習。ティー。 #ティーバッティング #中学硬式野球 #野球” (25680)

野球のティーバッティングには、さまざまな種類の練習方法があります。今回はその中で主な次の10種類のティーバッティングを紹介します。

1.基本的なティーバッティング

スローあり)大谷翔平 ティーバッティング~2017.7.29

基本的な種類の野球のティーバッティングです。ティーバッティングには様々な種類の練習方法がありますが、そのすべての種類の練習に共通しているのが、このティーバッティングです。
まずはこの基本的な種類のティーバッティングのやり方を見ていきましょう。

方法

二人一組でバケツやカゴ一杯のボールを、ネットに向かって打ちます。打つ人に向かって、もう一人が斜め前の位置から、軽く下からボールを手でトスして投げます。

注意点

打つ人は、理想としているバットの振り方、バッティングフォームを意識してバットを振りましょう。また、バットの芯でボールをとらえることを意識して、ネットに向かってボールがまっすぐ飛ぶようにバット振るようにしてください。トスされたボールを打つのでしっかりとボールを見て、ミートを意識してバットを振るようにしましょう。

野球のティーバッティングとは、トスを出す人も重要です。手首を使わずに腕全体でボールを押し上げるような形でトスを出します。打つ人のストライクゾーンにしっかりとボールが届くことを意識して、トスを出しましょう。

効果

この野球の練習の効果とは、バットの芯で打つ感覚を身につくことです。また、ボールのネットへの飛び方によって、バットをどのように出したら、バットをどのように振ったらボールがどのようにと飛ぶかが分かるので、自分が理想とするバットの振り方を身につけることもできます。
打つ回数増やすことにより、バッティングフォームを固めることもできます。

また野球のティーバッティングを行うことにより、自分の今のバッティングが良いかどうかの確認を行うこともできます。

2.クロス振りからのティーバッティング

次は、野球のバットを前でクロスに振ってから、ティーバッティングを行う練習です。

方法

まずバットを自分の前で×を描くようにクロスに振ってから、×の交わる位置、クロスに振った時にバットが交わった位置にトスを出して、ボールをネットに向かって打ちます。

右打者場合、まず右上から左下に振ってから、左上から右下にバットを振ります。そして、クロスに振って交わったところにトスされたボールをスイングして打ちます。

左打者の場合は、まず左上から右下に振ってから、左上から右下にバットを振ります。そして、クロスに振って交わったところにトスされたボールをスイングして打ちます。

注意点

バットをクロスに振った時に、しっかりとクロスに交わった位置を覚えておきましょう。そこが自分の身体の中心であり、バットを振った時に最も力が入る場所だからです。

バッティングではボールのバットコントロールも大事ですが、ボールを遠くへ飛ばすということは大切です。その遠くへ打球を飛ばすことができるポイントを体で覚えられるように、意識して練習に取り組みましょう。

またトスを出す人は、打つ人がバットをクロスさせて交わった位置にしっかりとトスを出しましょう。トスを出す位置がずれると、このティーバッティングの効果が薄れてしまい、練習の意味が無くなります。ですから、しっかりとトスを出すようにしましょう。

効果

この種類の野球のティーバッティングの効果とは、バットを振った時に最も力が入る場所でボールとらえられるようになることです。

バットクロスに振った時に交わった場所とは、自分の身体の中心であり、そこがバットを振った時に最も力が入る場所です。バットを振った時に最も力が入る場所ということは、このポイントでボールをミートすることができれば、1番打球に飛距離を出すことができるということです。
つまり、バッティングの時にこのポイントでボールをミートすることができれば、1番遠くにボールを飛ばせます。

この野球のティーバッティングを行うことは、バッティングフォームの確認のみで、飛距離を上げることにつながります。

3.真横からのティーバッティング

野球指導~横投げティー・打撃練習~

118 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T | 264 view
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
hoedama1 | 753 view
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
まる蔵 | 3,380 view
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
KAERUNABE | 215 view
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。
KAERUNABE | 227 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK
amazon