2018年9月20日 更新

サッカーのポジショニングの重要性とは?基本ができると全然違う!

サッカーにおいて基本的なポジショニングを取ることの重要性を詳しく解説しています。また、攻撃と守備におけるポジショニングの基本をわかりやすく紹介しています。良いポジショニングとはどのようなことを意味するのか、そのメリットも学べる内容となっていますのでぜひご覧ください。

  
255 view お気に入り 0

サッカーのポジショニングの重要性とは?

Tom.h on Instagram: “今日の公式戦の大1番なんとか、競り勝つことが出来たけどもアレでいいのか。上を狙うならアレではダメだろう……でも、信じてついて行くしかない。#サッカー #ポジショニング #システム #意地をみせろ!” (57601)

サッカーと言えば華麗なドリブルや豪快なシュートなど、ボールを持っている時の選手の動きについ目を向けてしまいがちですが、サッカーのプレーのほとんどの時間はボールを持っていない時の動きで構成されており、その動きのことをオフザボールの動きと言います。そのオフザボールの動きに大きく関わってくるのがサッカーのポジショニングです。
攻守の両面においてオフザボール時のポジショニングが良いほど得られるメリットが大きくなり、サッカーを優位に進めることができるため、現代サッカーにおいてポジショニングは非常に重要な役割を担っています。

ポジショニングがよければ優位に立てる

現代サッカーでは攻守の両面において相手より優位な状態に立てるポジショニングを取ることが良いとされており、その考え方をポジション優位と言います。
ペップ・グラウディオラがバルセロナで見せたサッカーをはじめ、現在ではマンチェスターシティのサッカーのスタイルがポジション優位を元に構成されています。
それに対するポジショニングの考え方を数的優位を作るポジショニングと言いますが、数的優位の考え方も現在使われており、チームのコンセプトによっても異なってきますが、オフザボールの動きにおいてはより相手より優位に立てるポジションを取ることが良いポジショニングと言えます。

ポジショニングには戦術が深く関わる

サッカーのポジショニングについて戦術を抜きに語ることはできず、その戦術には個人戦術とチーム戦術がありその両方がサッカーのポジショニングに深く関わってきます。特に大切になるのが個人戦術で、相手と味方の位置を正確に見て、どこにスペースがあるのか、次にどう展開するためにどこにポジショニングするのかを考える力が個人戦術であり、その能力が高い選手ほど良い選手と言われています。
また、チーム戦術がサッカーのポジションングにどのように関わってくるかというと、例えば自陣に引いて守備をするのか、前からプレッシングをするのかによって守備のポジショニングは変わり、攻撃においてもどう攻撃をするスタイルを取るかによってポジショニングが変わります。

サッカーの攻撃におけるポジショニングの基本

サッカーの攻撃におけるポジショニングは、ゲームの主導権を握り得点を奪うために大切なオフザボールの動きです。そのポジショニングの基本となるのが、トライアングルを作るサポートのポジショニング中間ポジションを取るポジション優位の位置に入るという4つが挙げられます。
各々サッカーの攻撃の基本的なポジショニングではありますが、実際の試合で実行できている選手は少なく、サッカーのプロ選手でも正しく実行できていない場合が見られるほどです。このポジショニングの基本はサッカー理解を深める意味でも大切なポイントですのでしっかりと身につけてください。

サッカーのポジショニングの基本①

トライアングルを作る

 (57149)

サッカーの攻撃のポジショニングでトライアングルを作るというのは、ボールホルダーに対して三角形を作るように2人がサポートに入ることで、センターバックとボランチ2人の三角形や、ボランチとSH、FWで構成される三角形などがあります。
なぜトライアングルを作るかというと相手のラインを突破することができること、相手を引きつけて逆を取ることができるからです。相手のラインを突破するとは、例えばトライアングルでサポートに入ることでボランチからFWへのパスコースが切られていてもSH、FWへとトライアングルにパスをして相手の中盤の守備ラインを突破できるということです。相手を引きつけて逆を取るとは、中央にパスを入れても三角形が形成されているため出口が2つあり、相手の逆を取って展開することができるということです。

サッカーのポジショニングの基本②

 (57150)

近いサポートと遠いサポート

サッカーの攻撃におけるポジショニングには近いサポートと遠いサポートというオフザボールの動きの概念があります。近いサポートというのはボールホルダーに対して15m以下の距離にサポートに入ることで、このサポートによって相手を引きつけるパスを出したり、相手ディフェンスが来てもすぐにパスを出して展開することが可能になります。
遠いサポートとはボールホルダーに対して20mから30m程度離れた位置へサポートに入るオフザボールの動きのことを指し、そのサポートがあることによって相手ディフェンスが近くへのパスコースを消したときに出口となることができます。

中のサポートと外のサポート

サッカーの攻撃におけるサポートのポジショニングには近いサポートと遠いサポートに加え、中のサポートと外のサポートという概念があります。中のサポートとは、ボールホルダーに対して近いサポートかつ中央にサポートに入るオフザボールの動きのことで、センターにボールを入れることで相手を引きつけたり、フリーであればそこを起点に展開します。
外のサポートとは、ボールホルダーに対して両サイドにサポートに入るオフザボールの動きのことで、このサポートによってディフェンスが中央に位置し前進できないときにサイドへと展開することができます。また、ディフェンスに片サイドを切られても逆サイドの近いサポートを使い展開することができます。
サポートはこの4つの基本の動きによって構成されており、上手い選手ほどポジショニングの修正をスピーディに行います。

サッカーのポジショニングの基本③

中間ポジションをとる

 (57151)

サッカーの攻撃におけるポジショニングで中間ポジションを取るというのは、主にセンターフォワードやサイドのプレーヤーに求められます。
多くチームはディフェンス時にゾーンディフェンスを用いており、ディフェンスの間合いは一定に保たれています。その際に相手ディフェンスの間合いの間にポジショニングすることで相手のマークを曖昧にし、動き出したときに掴まれないようにすることができます。サッカーが上手い選手ほどこの位置どりが正確で相手ディフェンスを惑わすことができます。

サッカーのポジショニングの基本④

ポジション優位の位置に入る

52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

nosedori nosedori