2017年6月3日 更新

筋肉トレーニングを行う前に知っておきたい失敗しない施設選びのコツ

今回は筋肉トレーニングを始めるに当たり、目的や運動経験に合った施設選びのコツをご紹介いたします。いざ入会してみたもののイメージと違った、まったく効果がでない。そんな経験をしないよう皆様の参考になる記事です。

  
685 view お気に入り 0

① 自分に合ったトレーニング施設を選びましょう。

 (3054)

近年、日本には沢山の筋肉トレーニングを行える施設が続々と誕生しています。
TVや雑誌でも大々的に取り上げられ筋肉トレーニングに対する意識が日本全体で高まっています。
目的はダイエット、筋肉を大きくしたい、または障害予防など様々です。
いざ筋肉トレーニングを始めてみたいものの沢山施設がありどの施設で
筋肉トレーニングを行えば良いか分からない。
とりあえず家から一番近くて安い施設にしよう!なんて考えは絶対にやめましょう。
近くて安い施設に入会したもののイメージと違った、そしてなかなか目的が達成できず退会してしまうことは目に見えています。
そこで今回は皆さんの筋肉トレーニングを行う目的や過去の経験などに合わせた「失敗しないトレーニング施設の選び方」のコツをご紹介いたします。

② 施設を見学する

 (3057)

大抵の筋肉トレーニングを行う施設では無料で見学をすることができます。
複数の施設を見学し比べることが重要です。
比べるポイントは3つあります。
1つ目は自分の筋肉トレーニングを行う目的を達成できることです。
目的に合った指導者がいない、または目的に合った筋トレマシンがなければ
施設で筋肉トレーニングを行う意味がありません。
ダイエットをしたいとあれば、どこの脂肪を落としたいのか。
筋肉を大きくしたいのであれば、どの筋肉を大きくしたいのか。
またはスポーツを行っておりジャンプ力など瞬発力といった競技力を向上させたいなど様々な目的があると思います。
そこで、見学を担当してくれたスタッフに自分の目的が達成できるのか具体的に聞き出してみましょう。
例えば腹筋を6つに割りたいのであれば、目的に合ったトレーニング指導をしてくれるのか、実際その指導方法で腹筋が6つに割れた人はいたのか、6つに割るまでにどの位の期間を要したのか細かく質問してください。
質問に対し表情と発言に自信が見られ、根拠に基づいた説明をしてくれるスタッフのいる施設であればきっと入会後も貴方をサポートしてくれ目標達成に近づくはずです。
2つ目は自分の雰囲気と施設の雰囲気が一致することが重要です。
施設により利用者は年齢や性別の割合が異なることから当然施設の雰囲気も変わります。
施設に入会したものの異性が多く利用しにくい、若い利用者が多くて筋肉トレーニングに集中できない。となってしまっては退会の原因に繋がります。
そこで実際に利用する時間帯に見学へ行くことでおススメします。
自分がその施設で筋肉トレーニングをしている姿をイメージすることで、
他の施設と更に比較しやすくなります。

③フィットネスクラブ

代表的な筋肉トレーニングを行う施設といえばフィットネスクラブです。
フィットネスクラブとは筋肉トレーニングやランニングを行うジムエリアの他にスタジオで行うエアロビクスやヨガ、プールといった様々なトレーニングを行える施設です。施設によってはお風呂やサウナ、マッサージチェアとリラクゼーションも充実している施設があります。
筋肉トレーニングだけでは飽きてしまうかもしれないという方にとっては、
様々なオプションがあり継続しやすいことが特徴です。
現在フィットネスクラブは日本全国で4,000件近くの店舗が展開しています。
そこで私が実際に利用したことのあるクラブの特徴をご紹介させていただきます。

・ゴールドジム

 (3059)

筋肉トレーニングに詳しくない方でも一度は名前を聞いたことがあると思います。
ゴールドジムは世界30ヶ国、700ヶ所以上、300万人の会員数を誇る世界最大級のフィットネスクラブです。
ゴールドジムの信頼と実績は実際の利用者にも表れています。
ゴールドジムと言えばマッチョの聖地!という訳でもないのです。
実際に私が利用していた際にはご年配の方も多く利用されていました。
筋肉トレーニングはやり方を間違えると怪我や命に関わるともあります。
正しいノウハウを持っているスタッフがいるからこそご年配の方も安心して通えるのだと私は感じました。
他のクラブと比べ筋肉トレーニングのマシンの種類も豊富です。
例えば背中を引き締めるマシンだけでも数種類あるので様々な角度から刺激を与えることができ効果が実感できます。
プロテインバーも設備されており、まさに筋肉トレーニングを重点に考えている方にとってはもってこいの施設です。

・ホリデイスポーツクラブ

 (3064)

現在首都圏に店舗が少ないものの全国70店舗以上展開しているフィットネスクラブです。ホリデイスポーツクラブの特徴は「初心者対象」です。
実際に私も利用をしましたが、フロントからマシンの案内がとても丁寧で好印象です。
しかし私の利用した店舗はフリーウエイトが少なくダンベルが最高10kg、筋トレマシンに関しても最大重量が軽く感じました。
利用者はご年配の方が多く、昼間はおば様方が休憩スペースを占領していました。私には正直合いませんでしたが筋肉トレーニングをしたことのない初心者の方にはおススメのフィットネスクラブです。

・ジョイフィット

 (3067)

全国200店舗以上展開しているフィットネスクラブです。
ジョイフィットでは24時間営業している店舗が多いことが特徴です。
そして全国相互利用というサービスがあり全国の店舗を利用することが可能です。利用コストも他フィットネスクラブと比べリーズナブルです。
普段お仕事がお忙しい方や出張の多い方におススメのフィットネスクラブです。

以上3店舗をご紹介しましたが冒頭にご案内した通り日本全国には4,000件近くフィットネスクラブが存在しており、店舗により雰囲気や特徴は変わります。
様々なクラブを比較し貴方の目で確かめ、感じてください。

④ パーソナルトレーニングジム

 (3070)

今や話題沸騰のパーソナルトレーニングジムです。
プライベートジムとの表現もあります。
特徴は個室で担当トレーナーがマンツーマンで指導してくれ、更には食事指導までしてくれる施設です。
店舗により異なりますがマンツーマン指導という事もあり1ヶ月の会費は10万円以上の施設が多いです。
今まで自分だけでの力は何度も筋肉トレーニングを挫折した、という方にとっては担当トレーナーがモチベーションを高めてくれるのでおススメです。

⑥公共ジム

 (3078)

公共ジムとは市町村が運営している体育館に筋肉トレーニングマシンやダンベルが備わっている施設です。
特徴は会員制ではないので時間に余裕のあるときに通えることです。
地域により異なりますが1回50円~200円と低コストで利用できることもできます。
しかし安く利用できるという事もあり学生が団体で混雑している場面もよく見受けられます。そして私が利用した感想は専門的なトレーナーが指導する訳でもないので、既に筋肉トレーニングのノウハウがある方にとっては利用コストも安くおススメですが初心者の方にはあまりお勧めできません。
一度フィットネスクラブなどを通し筋肉トレーニングのノウハウを身に着けてからの利用をおススメします。

⑥自宅

 (3080)

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水泳の練習メニュー4選とメニューの作り方や考え方!

水泳の練習メニュー4選とメニューの作り方や考え方!

水泳の練習メニューについて今回はピックアップします。初心者でも筋肉や体幹を鍛えられるトレーニングや体力の作り方、ジムでのトレーニング方法などをご紹介します。これで水泳練習初心者も安心して泳げますよ!
yuki | 48,318 view
大胸筋上部の自宅でできる筋トレ方法!ダンベル&腕立て編【初心者】

大胸筋上部の自宅でできる筋トレ方法!ダンベル&腕立て編【初心者】

筋トレを始めたい初心者に向けた自宅でできるトレーニングを紹介します。ここでは、特に大胸筋上部にしぼり、自宅でもできるダンベルや腕立てといった筋トレ方法を説明していきます。ジムに行かなくてもダンベルや腕立てで大胸筋上部を鍛えれますので初心者の方は取り組んでみて下さい。
t.masa0256 | 14,300 view
大胸筋中部の鍛え方!筋トレメニュー4選と考え方をご紹介!

大胸筋中部の鍛え方!筋トレメニュー4選と考え方をご紹介!

ここでは、大胸筋の中心である中部の筋肉の鍛え方を紹介しています。筋トレをしたことがない初心者の方でも簡単に、カッコイイ体作りを始められるように、大胸筋中部の鍛え方や、筋肉の基礎を説明して行きます。実践的な筋トレ方法も紹介するので取り組んでみて下さい。
t.masa0256 | 7,692 view
ダンベルの胸筋の鍛え方!上部&下部のおすすめトレーニング各6選

ダンベルの胸筋の鍛え方!上部&下部のおすすめトレーニング各6選

ダンベルトレーニングは、大胸筋を鍛えるのに効果的なトレーニングです。胸筋は大きい筋肉なので、様々な角度から様々な刺激をいれる必要があります。ダンベルは自由に、刺激を入れる角度を変えられ、重量も筋力に合わせて変えられます。ここではおすすめのダンベル胸筋の鍛え方を紹介します。
t.masa0256 | 42,225 view
大胸筋トレーニングメニュー10選!厚い胸板作る方法とは?

大胸筋トレーニングメニュー10選!厚い胸板作る方法とは?

男性であれば大胸筋が大きく肥大した分厚い胸板に憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。しかし、大胸筋はどんなトレーニングで鍛えられるのか分からないという方も多いと思います。ここでは、分厚い胸板を手に入れるための、大胸筋のトレーニング方法を紹介します。
t.masa0256 | 12,181 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act