2020年4月16日 更新

エアボールとは?【バスケの用語解説】

エアボールとは、シュートしたボールが外れて、バックボード・ゴールリングに当たらずエンドラインを超えることです。エアボールの語源は、英語のairが由来です。ボールがバックボードやゴールリングをかすることなく流れていくので、空気や飛行機に似ていることから名づけられました。

1,024 view お気に入り 0

エアボールとは?

🏀影虎🐯 on Instagram: “今日もバスケしてきたゼっ!!!! #バスケ好きと繋がりたい#バスケ#バスケットボール#バスケットゴール#空” (123017)

エアボール(Airball)とは、シュートしたボールがバックボードやゴールリングを外れて、エンドライン方向に流れてしまう状態のことです。

ボールがバックボードやゴールリングに当たれば、チームの作戦としてリバウンド勝負と言うプレーができますが、エアボールとなった場合は、何もできません。

エアボールは、緊張した場面であればNBA選手もやってしまうプレーです。

エアボールの語源

エアボールの語源は、空気や飛行機を意味する英語のairの単語に由来しています。
エアボールの様子が、ボールがバックボードやゴールリングをかすることなく流れていくので、空気や飛行機に似ていることから名づけられました。

エアボールのルール上の扱い

@masaki52masaki52 on Instagram: “#basketball🏀 #basketball #バスケットボール#MBA#プロ#Bリーグ#チアダンス#ゲーム#応援#目標#夢#試合#ファン#ブースター#中学#高校#部活#アカデミー#エベッサ#関西#西日本#日本#JAPAN #自主練#自主練習#アスリート#スポーツ選手#” (123018)

エアボールのルールとして、以下の2点が認められています。

・エアボールを自らキャッチして再びシュート
・エアボールが着地する前にタップしてシュート

実際にはエアボールをシュートした本人が再度触れることは難しいですが、ルール上は認められています。

フリスローのエアボールはどうなる?

フリースローのボールがエアボールとなり、エンドラインからボールが出た場合は、相手チームのスローインで試合が再開されます。

しかし、ボールがエンドラインから出る前に、味方選手または相手選手がボールをコートに戻した場合は、そのままプレーが継続されます。

フリースローの場合、シューターの手からボールが離れないと、シューター以外の選手はリバウンドのボールを取るために動くことはできません。そのため、エアボールとなったボールを他の選手が触れることも実際には難しいです。

エアボールで思いつくバスケット選手

Lakers at Jazz - Game 5 - '97 Conference Semifinals - 5/12/97 (Highlights)

エアボールで思いつくバスケット選手といえば、コービー・ブライアントです。コービー・ブライアントは、ルーキーだった18歳の時に、チームのシーズンがかかった大事な崖っぷち試合で4本ものエアボールを連発するという大失態をおかしました。
コービー・ブライアントは、自尊心が折れても諦めることなく自分の可能性を信じて努力を続け、確実な結果を残したことから、歴代のクラッチプレーヤーと呼ばれるまでに成長しました。

コービー・ブライアント

赤坂 隆史 on Instagram: “KOBE  知ったきっかけは 漫画だったけど、それから大好きだった選手。  KOBEは神戸から、ってのも親近感があった。  41歳ってのも早すぎるし、 娘さんも同乗していたなんてあまりにも残酷すぎる。  20年あまりNBAを引っ張ってきたことは尊敬に値します。…” (123940)

所属チーム ロサンゼルス・レイカーズ
背番号 8(永久欠番)、24(永久欠番)
主なタイトル NBAチャンピオン(5回)
年間最多得点(4回)
オールスターゲーム出場(18回)
オールスターMVP(4回)
主な国際大会での成績 北京オリンピック(金)
ロンドンオリンピック(金)
国際大会で出場した試合は31戦無敗
コービー・ブライアントは、NBAチャンピオンを5度も経験したスーパースターです。

しかし、コービー・ブライアントはルーキーイヤーの年に行われたプレーオフ西カンファレンス準決勝第5戦で、エアボールを連発してしまいました。コービーは試合の終盤、5分間に4回もエアボールをしていまうというNBA選手としてはありえないプレーをしてしまい、チームが敗れると同時にシーズンの終了を迎えることになりました。

彼はこの悔しいプレーを胸に刻み、練習を重ね、非常に偉大なプレイヤーになりました。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴールテンディングとは?【バスケの用語解説】

ゴールテンディングとは?【バスケの用語解説】

ゴールテンディングとは、シュートしたボールがリングより上にあり、かつ最高到達点を過ぎて落下している時に、ボールを触れることです。ゴールテンディングはファールではなく、バイオレーションの扱いとなるプレーです。NBAやBリーグの試合を観戦する上で知っておきたいルールです。
Anonymous | 1,232 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kiyotsuka0616 kiyotsuka0616