2018年5月6日 更新

バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスにおける勝利のコツをご紹介します。バドミントンのミックスダブルスならではの特徴を踏まえた上で、考え方や練習方法なども簡単にご紹介しますよ。これからミックスダブルスをプレーしたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。

  
7,680 view お気に入り 0

バドミントン・ミックスダブルスとは?

男女がペアでダブルスを行う競技

Instagram (18972)

バドミントンのミックスダブルスとは、男女がペアになりダブルスを行うバドミントンの競技種目です。
バドミントンの中でも戦術にお決まりのパターンがあるため、その中で勝ち抜いていくためには、分析力や判断力が必要になるタイプのスポーツとなります。
コツは、よく考えることです。
もちろん身体的な能力の高さ、一般的なバドミントンの練習は必要ですが、ミックスダブルスでのコツは、考え抜いたパターンを2人でスキルアップすることです。

通常のダブルスとの違い

通常のダブルスでは、身体能力に差のない男子同士・女子同士がペアを組みます。
したがって、役割は等しく、時と場合によってお互いの役割は入れ替わります。
ダブルスでは、ローテーションという考え方が非常に重要です。
どのタイミングでペアで立ち位置を入れ替えていくかを体系化したものです。
しかし、ミックスダブルスでは、この考え方はさほど重要ではありません。
ミックスダブルスでは、いかに男女それぞれのスキルを活かせるところに止まりながら相手のショットを打ち返せるかがコツになります。
バドミントンのダブルスについての解説は、上記のリンクをご参照ください。
ローテーションの考え方についても、初心者でもわかるように紹介しています。

シングルスとの違い

当然、1人でプレイするシングルスと2人でプレイするミックスダブルスでは、戦術は大きく異なります。
特にシングルスとの違いが大きいのは、相手への攻撃方法です。
シングルスの場合、相手の隙を突く戦法が基本になります。
相手が打ち返せないショットを繰り出すことで、バドミントンに勝利します。

一方、ミックスダブルスでは、ほとんどのエリアは打ち返せます。
これはダブルスにも共通することですが、打ち返せることを前提に相手に攻撃をかけます。
すなわち、打ち返し続けることへのストレスを与え、ミスを誘うのがコツです。

バドミントン・ミックスダブルスのコツとは

バドミントンうまくなりたい!【混合ダブルス練習】

バドミントンのミックスダブルスのコツは、「相手との役割分担」と「女性主導の戦術」です。
男女それぞれのレベルが比較的高いと言われるミックスダブルスでは、お互いを信頼してしっかりと役割分担することが重要になります。また、その分担を行なった上でも必要なイレギュラーな動きや、とっさの判断は女性主導で決めていくことになります。
お互いの信頼関係や人間関係の構築が一つのコツと言えるかもしれません。
体系化できるコツをご紹介しますが、普段からミックスダブルスの相手とコミュニケーションを取るなどの配慮も、勝利へのコツの一つでしょう。

パートナーとの役割分担

バドミントン教室 混合ダブルス

バドミントンのミックスダブルスは、女性が前、男性が後ろを固めるトップアンドバックのスタイルが基本となります。
その上で、ミックスダブルスの「ミス」は、この役割分担が崩れる瞬間に待ち受けています。
バドミントンでは、とっさの判断力や柔軟性が物を言いますが、ミックスダブルスで役割分担が崩れると、立て直すのが非常に難しいのです。
他のバドミントン競技とは違った、お互いが信頼しあってしっかり分担することがコツです。

女子の動きから考えるのがおすすめ

~ダブルスのスペシャリスト 仲尾修一のテクニック~Disc4

女性が前衛を守るのが基本戦術であることを踏まえて、その戦術が崩れるとすれば女性が後ろに下がるパターンが多く見られます。
攻撃側のコツの一つは、女性を下げることにあります。
であれば、女性が後ろに下がらざるを得ないときに男性がどうフォローするか、というのが一つのコツになります。

前衛を固めている女性は、全ての動きを俯瞰しています。
前衛側が判断したとっさの動きに、後衛がどう対応するか?ということを考えて戦術を立てるのがコツです。
また、女性の位置が崩されないように男性がフォローするのもコツです。

よく、ミックスダブルスでの敗因の多くは男性プレイヤーの力不足、という言葉が出るのは、このためです。
男性プレイヤーの気遣いによって、女性プレイヤーが自身の動きを模索し綴られるプレー環境を作るのがコツです。

ミックスダブルスの基本戦術とは

トッパン(トップアンドバック)

All England Open 2016 - Mixed Doubles Final - Jordan/Susanto Vs Nielsen/Pedersen

女性が前衛、男性が後衛をとるトップアンドバックのスタイルが基本戦術です。
サイドバイサイドになってしまうと、相手の男性から繰り出されるスマッシュへの対応の分担が難しくなります。

基本的に、男性が攻め手を打ち込み、女性が前で守るという考え方です。
相手の女性を後ろに下げるか、サイドバイサイドの位置まで移動させるための決め手を2人で作っていくのがおすすめの戦術です。

打たせて勝つ

Badminton Mixed Doubles Medal Matches - Denmark v Indonesia Full Replay -- London 2012 Olympic Games - YouTube

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

腹筋ローラーができない人向けのコツ!【初心者上達ガイド】

腹筋ローラーができない人向けのコツ!【初心者上達ガイド】

トレーニング初心者の人の中で腹筋ローラーができない人もいると思います。そこで、腹筋ローラーができない人向けのコツを原因別に紹介します。ほかにも、腹筋ローラーの効果や腹筋ローラーがうまく行えるようになる練習方法についても具体的に紹介します。
kaki44 | 12,361 view
ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツでもっと上達したい!!という方に送る、ダーツ上達のために必要な持ち方、握り方、投げ方などの初心者ガイド決定版です。まっすぐに投げる方法、回転をかける方法、目線の考え方など盛りだくさんの内容です。ダーツファンはぜひチェックしてみてください。
yuki | 88,307 view
水泳クロールを速く泳ぐために必要な4つのコツとは?【初心者ガイド】

水泳クロールを速く泳ぐために必要な4つのコツとは?【初心者ガイド】

水泳のクロールで速く泳ぐためにはどんなことに注意するべきでしょうか?キックや呼吸、水かきのコツや、おすすめの考え方などをご紹介します。クロールでスピードアップすれば、初心者の方も水泳が楽しくなります。ぜひ効率的な練習をするために、コツをチェックしてみてください。
yuki | 45,311 view
バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブとは?打ち方やコツをまとめて特集【初心者OK】

バドミントンのロブは、ドロップやカット、ヘアピンのリターンとして使われることが多いです。ピンチの時に次へとつなぐことができるショットですので、確実にコツをつかんで習得をしておきたいショットです。しっかりと打ち方を覚えて、良いロブを打てるようになりましょう。
MOSK | 10,027 view
バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。
MOSK | 13,383 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki