2018年7月11日 更新

世界最高のサイドバックとは?最強サイドバックランキングTOP10!

現代サッカーおける戦術的な革新のキーポジションと言われているのがサイドバックです。世界的に有名で優れたサイドバックのランキングから、サッカーにおけるサイドバックとはどのような要素を求められるポジションなのかを見ていきましょう。

  
24,292 view お気に入り 0

世界最高・最強サイドバックランキング 10位

ジョルディ・アルバ

国籍 :スペイン
生年月日 :1989年3月21日(29歳)
出身地 :ルスピタレート・ダ・リュブラガート
身長 :170cm
体重 :68kg
在籍クラブ: FCバルセロナ(スペイン)

バルサのカンテラ育ちながら一度は放出された逸材

元々は攻撃的なポジションで育成されていたアルバですが、長ずるに従って身長の低さがネックとなり一度はバルサのカンテラから放出されてしまいます。
そこでバレンシアに拾われたアルバはサイドバックにコンバートして才能を開花。
再度バルセロナに買い戻されて復帰して以降はバルセロナのハイライン守備に欠かせないスピードタイプの左サイドバックとして活躍しています。
バルサで育成されていたため戦術理解度が高く、細かなパス交換でポゼッションするバルセロナの戦術において、スピードを活かした抜け出しとポジショニングを行い、攻撃のアクセントとして機能している印象です。
放出原因になった身長の低さも、そもそも高さ勝負に持ち込まれることが少ないバルセロナではそれほどデメリットとはならず、今後もより一層活躍していくだろう選手です。

世界最高・最強サイドバックランキング 9位

カイル・ウォーカー

国籍 : イングランド
生年月日 :1990年5月28日(27歳)
出身地 :シェフィールド
身長 :183cm
体重 :83kg
在籍クラブ: マンチェスター・シティFC(イングランド)

体格の良さを活かしたアグレッシブな右サイドバック

イングランドでも育成に定評があるトッテナム出身の右サイドバック。
トッテナムはベイルを育てたことでも有名ですが、他にもハリー・ケインなどイングランドの若者を一流選手にするクラブです。
ウォーカーは平均的なサイドバックよりも体格に優れており、そのフィジカル的な強さをプレイに活かすことに長けている選手で、ストライドの大きなドリブルは迫力がありベイルを彷彿させる突進力があります。
まだ若いこともあって守備ではフィジカル頼みの粗削りなところが散見されますが、ビッククラブであるマンチェスター・シティに移籍したことで新たな刺激の中から学んでいって欲しいと思います。
フリーキックを得意としている点でもベイルにそっくりな雰囲気があり、デビュー当時のベイルを知っている筆者としては何やら懐かしい思いで見てしまう選手です。
戦術的な役割を担えるようになれば、世界最高の右サイドバックになる逸材でしょう。

世界最高・最強サイドバックランキング 8位

ロベルト・カルロス

国籍 : ブラジル、スペイン 
生年月日:1973年4月10日(45歳)
出身地 :ガルサ
身長 :168cm
体重 :70kg
経歴
1991-1993 ウニオン・サンジョアン
1993-1995 パルメイラス
1995-1996 インテル・ミラノ
1996-2007 レアル・マドリード
2007-2009 フェネルバフチェ
2010-2011 コリンチャンス
2011-2012 アンジ・マハチカラ
2015-2016 デリー・ディナモス

サイドバックというポジションに超攻撃的役割をもたらした伝説的な選手

日本では銀河系軍団となったレアル・マドリーが大人気となり、それによって知名度が上がり「ロベカル」の愛称で親しまれたブラジルサッカーでも伝説的な左サイドバックです。
現在のサッカーのトレンドとなっている司令塔として攻撃を牽引するサイドバック像のはしりのような選手で、試合中のポジショニングからサイドバックという守備的なポジションだとは思えないくらいに、常に攻撃的な動きをします。
もちろん守備時にはしっかり戻りますが、それを可能とさせている走力の高さは世界最高レベルでした。
この走力を高めている脚の力は、彼の代名詞とも言える弾丸フリーキックにも活かされていて、独特の長い助走で日本でも有名となっています。

驚異的な脚力が生み出す伝説のFK

ロベカルのフリーキックは無回転のように不規則な変化をしますが、実際は若干の回転がかかっているため、厳密に言えば無回転シュートではありませんが、恐ろしいほどの脚力なためまるで無回転シュートのように変化すると言われています。
ちなみにクロスも弾丸なため、中央で合わせる選手が可哀そうに見えるくらいでしたが、このような高速クロスの方がディフェンスが対応しにくいため、非常に有効なテクニックと言え、現代サッカーでも高速クロスの使い手が増えていますが、その第一人者と言えるのはこのロベカルです。

世界最高・最強サイドバックランキング 7位

ダニエル・カルバハル

国籍: スペイン
生年月日:1992年1月11日(26歳)
出身地 :レガネス
身長 :173cm
体重 :73kg
在籍クラブ: レアル・マドリード(スペイン)

レアル・マドリーのバランサーとして優秀な右サイドバック

86 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ディフェンシブミッドフィルダーのランキングTOP10!世界最高の選手とは?

ディフェンシブミッドフィルダーのランキングTOP10!世界最高の選手とは?

DMF、それはディフェンシブミッドフィルダーの略で、守備の最前線とも呼ばれており、相手の攻撃を早期に潰す役割と、攻撃力が求められる中盤の要ともされています。ここでは、ディフェンシブミッドフィルダーのランキングTOP10!と題し、世界最高の選手を紹介していきます。
masamiohdaira9 | 7,330 view
サイドバックのランキングTOP10!世界最高の選手とは?

サイドバックのランキングTOP10!世界最高の選手とは?

現代サッカーではポゼッションサッカーが主流となり、ディフェンスはバイタルエリアのスペースをきっちり埋めてくるため、サイドバックの役割が重要視されています。そこで今回はサイドバックに焦点をあて、世界最高の選手10人をランキング形式でご紹介したいと思います!
masamiohdaira9 | 145,920 view
【神奈川】サッカーの強い中学ランキング7校!強豪校はどこ?

【神奈川】サッカーの強い中学ランキング7校!強豪校はどこ?

高校サッカーで強豪校が多い神奈川県ですが、中学校も同じように強豪中学校が集まっています。そして鵠沼中学校、藤ヶ岡中学校の両公立中学校は現在最強の2校と呼ばれ、桐光学園中学校と桐蔭学園中学校の両私立中学校が抜群の練習環境を武器に上位に食い込んでいます。
masamiohdaira9 | 14 view
愛媛県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

愛媛県の野球の強豪高校とは?強さ順に10校をランキングで紹介

愛媛県は高校野球界の中でも強豪高校が揃っていて、レベルが高いことでも知られています。そんな野球県の愛媛県の中でも今治西高校、済美高校が強豪高校として全国的にも有名です。愛媛県の特徴は、他県に比べて公立の強豪校が多い点にあります。
masamiohdaira9 | 18 view
野球の強豪高校ランキングTOP10!全国で強い高校はどこだ?

野球の強豪高校ランキングTOP10!全国で強い高校はどこだ?

野球の強豪高校はどこでしょうか?甲子園球場で数多くのドラマを生み出してきた高校野球ですが、その中でも強豪と呼ばれるのが大阪桐蔭高校です。さらに続くのが智弁和歌山高校、横浜高校ですが、共通するのが名将と呼ばれる優れた監督の存在です。強豪と呼ばれる高校の野球の裏には優れた監督の存在がありました。
masamiohdaira9 | 30 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS