2019年11月4日 更新

サッカーの11番の背番号の意味とは?どんな選手がつけるの?

サッカーの背番号には様々な番号があります。背番号11番のポジションは、ウィングやトップ下というイメージがされています。そして、背番号11番に期待される役割や素質は、スピード感溢れるドリブル、得点能力、オフザボールの動きです。

2,287 view お気に入り 0

背番号11番の意味とは?

11番のポジション

サッカーの背番号11番のポジションとして多いのがトップ下やウィングなど、得点に絡む場所です。

背番号が導入されはじめた当時のVフォーメーションも背番号11番は左ウィングであるため、その流れを汲んでいるようにもみえます。

サッカーのトップ下のポジションは、最前線のフォワードから1.5列目のポジションを意味し、オフサイドラインぎりぎりでの駆け引きや、ディフェンスの裏に走りこむ動きでディフェンスを引き付けてフォワードをサポートしたり、自らもゴールを狙う役割を担います。

ウイングとは、ドリブルでサイドを突破したり、中央へ切れ込んでゴールを狙うなど、ドリブルが得意な選手のポジションとされています。
トップ下の有名選手とは?
トップ下で有名な選手といえばコロンビア代表のハメス・ロドリゲス、ウイングで有名な選手といえば、アルゼンチン代表で活躍するメッシ、フランス代表のエムバペの名があげられます。

背番号11番はチームのエース的存在

ケロリン❣️ on Instagram: “#三浦知良#カズ#サッカー” (89064)

背番号11番は、得点力が求められる9番や10番に負けず劣らず、チームのエース的存在といえます。

サッカーで背番号11番を背負う選手は、トップ下やウイングのポジションが多いわけですが、どちらのポジションにも共通していえるのが、オフェンス能力に対してインテリジェンスがあり、優れた得点能力を持つことが求められるためです。

様々なサッカーフォーメーションが生まれ、背番号とポジションの因果関係が無くなってきた現代ですが、背番号11番を背負う選手は、足が速くドリブルが上手い、得点能力に優れたエース的存在の選手というイメージは今も昔も変わっていません。
サッカーのエース背番号とは?
サッカーにおけるエース的存在とされる9番、10番、11番を背負ってきた有名な選手をあげるなら、バルセロナの9番スアレス、10番メッシ、日本代表ではフォワードの高原が9番、香川が10番、三浦知良が11番を背負いました。

背番号11番に期待される役割や素質

スピードのあるドリブルが得意

背番号11番の選手が担当ポジションは、トップ下やウイングが多いです。

ウイングはサイドアタックをしかけてペナルティエリア内で待つフォワードへセンタリングをあげたり、中央へ切れ込んでシュートを狙う動きが求められます。そのため背番号11番は、スピードのあるドリブルが得意な選手を配置することが有効です。
スピードのあるドリブルが得意な選手とは?
ウィングで活躍しているのがレアルマドリードのアザール、リバプールのモハメド・サラー、日本代表では3トップではありませんが、サイドアタッカーとして活躍する中島翔哉がいます。

得点能力がある

背番号11番のユニフォームを着る選手は、トップ下やウイングといった攻撃的ポジションを任されるため、高い得点能力が求められます。攻撃的ポジションにいるにもかかわらず、得点能力がないということは、チームに貢献できていないことを意味しますので、言い換えると得点能力があるので11番をつけることが許されます。

例えば3トップを採用し、両ウイングを配置するということはそれだけ攻撃に人数をかけ、チームとして攻撃的な姿勢を示しているため、ウイングに得点能力がないとチームが機能しなくなります。

オフザボールの動きが優れている

背番号11番の選手には、スピードのあるドリブル得点能力はもちろん、オフザボールの動きが優れていることが求められます。

オフザボールの動きとは、ボールのないところでの動きを意味し、ディフェンスを引き付けたり、ディフェンスとディフェンスの間に顔を出したり、ボールを受けやすい動きのことです。

特に3トップのウイングやトップ下は攻撃の最前線でディフェンスとせめぎ合いをするため、オフサイドラインぎりぎりの攻防が多く、ボールのない場面で自分が動くことでディフェンスを引き付けて他のフォワードをノーマークにするというメリットがあります。

世界が誇るサッカーの背番号11番とは?

ロマーリオ

悪童と呼ばれた男 ロマーリオ スーパープレイ集「俺は夜遊びするから、ゴールを決めれるんだ」

ロマーリオは、サッカーブラジル代表のフォワードとして70試合に出場して55得点をあげ、1994年のサッカーワールドカップアメリカ大会では5得点をあげてブラジルを4度目の優勝に導きました。自身もMVPを獲得、同年のFIFA最優秀選手に選出されるなど、数多くの功績を遺したミスター11番です。

現役当時は怪物ロナウドと2トップを組み、ロマーリオは1.5列目で動き回り、ディフェンスの最終ラインを攪乱し、ロナウドを援護射撃しました。当時は11番といえばロマーリオと呼ばれるほど知られた選手で、日本人の三浦知良も憧れた選手でした。

ギグス

Ryan Giggs, The Welsh Wizard [Goals & Skills]

ギグスは、23年に渡ってマンチェスター・ユナイテッド一筋でプレーしてきたウェールズ代表の選手です。長い期間11番を背負い続けたことから、ついたあだ名は”鉄人”で、マンチェスター・ユナイテッドに残した功績の大きさから、11番を永久欠番にしてはどうかと検討されました。

ギグスはイングランドのサッカー史上で最も多くのタイトルを獲得した選手で、トップリーグで13回の優勝を誇り、プレミアリーグ史上初のPFA年間最優秀若手選手を受賞しています。また、フットボールリーグの歴代の名選手100人にも選ばれた元祖11番です。

三浦知良

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 127 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
和田拓也 | 152 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 245 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
MARUO KAZUHIRO | 141 view
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。
まる蔵 | 6,993 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9
amazon