2018年6月17日 更新

ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートは、サッカーにおける変化球とも言えるシュートの一つです。 ドライブシュートはボールの軌道が、ストレートのラインを描きつつ、途中で下に急激に落ちるキックを言います。 このキックを蹴るには、非常に高い技術が必要になりますが、練習次第でできます。

  
23,818 view お気に入り 0

ドライブシュートとは?

サッカーのドライブシュートとは、ボールが上向きの軌道で飛び出したにもかかわらず、途中で下に落ちていくキックです。サッカーでは、ボールが大きく重たいですし、地面からの打ち方であれば、ボールに縦回転をかけることが難しくなります。
しかし、選手の技術やスパイク、ボールの性能が良くなってきたことで練習を積めばドライブシュートは蹴れるのです。実践で簡単に蹴れるものではありませんが、サッカーでは練習を繰り返してコツを掴むことでドライブシュートを蹴ることができます。
ドライブシュートは非常に打ち方が難しいですが、足にボールを当てる角度を意識して、踏み込みや足の振りを変えるだけでもキックは大きく変わってきます。ドライブシュートを打つときには、下から上に擦り上げるような蹴り方をすることで通常の軌道とは違ったキックができるのです。
このドライブシュートを自在に使うことができるようになれば、ミドルシュートやロングシュートなどシュートの幅が広がりますし、得点を奪いやすくなります。

漫画だけのシュートではない

@terantale on Instagram: “日本で唯一のドライブシュートの使い手なんじゃないでしょうか。コツコツと練習してきた本人にしか分からない感覚やコツが身を結んだ、決して偶然ではないゴール。#川崎フロンターレ #frontale #森谷賢太郎 #ドライブシュート” (34161)

サッカーのドライブシュートは、漫画などでは必殺シュートのように描かれることもありますが、実際に蹴ることのできる種類のキックです。サッカーでは、キックの質を変えるためには、蹴り方を意識する必要があります。
ドライブシュートを打つことは、踏み込みの位置やボールに足を当てる位置、足の振り方などを考えれば十分蹴れます。決してサッカー漫画の中のシュートではなく、現実で上手く利用することで得点を奪えるシュートです。

ドライブシュートの軌道

無回転、ドライブシュート、フォーク、ブレ球

サッカーで使うドライブシュートの軌道は、ストレートのボールと同じような角度で蹴りだしますが、途中から通常のイメージとは違う角度でボールが落ちるキックです。サッカーにおけるドライブシュートの打ち方の特徴としては、ボールに縦回転を付けることが重要で、そのためには、下から上にボールを擦り上げる必要があります。
この縦回転を付ける打ち方によって、空気抵抗を受けたサッカーボールは、必然的に上から下へと落ちていく軌道を描くのです。

高度なテクニック

サッカーにおいてドライブシュートが蹴れるようになるには、打ち方の練習を繰り返してコツを掴む必要があります。サッカーにおけるドライブシュートの打ち方は非常に高度なテクニックを要するものです。
クリロナが蹴るようなドライブシュートは、非常にレベルの高いキックといえます。サッカーでは縦回転を付けることは非常に難しい上に、試合では様々なプレッシャーがかかるのです。サッカーは止めたボールを蹴る機会が少ないですし、蹴ることができても、ボールが落ちる軌道を描くために、ゴールに対して狙う場所が難しくなります。

ドライブシュートの打ち方

サッカーのドライブシュートの打ち方は、通常のインステップの蹴り方から、ミートする位置や角度を変えて縦回転がかかるようにします。サッカーボールは地面に転がっていることが多いので、そのボールに対して上から下向きの縦回転をかける蹴り方は非常に難しいです。
しかし、練習をして自分が一番蹴りやすい蹴り方を見つけることで、ドライブシュートを蹴ることができます。落ちるボールの蹴り方は、様々なものがありますから、お手本を見つけて、自分なりの工夫をすることが重要です。

ボールの落ち際を狙う

😍【完全永久保存版】サッカー史に残る伝説のボレーシュートゴールTOP25

サッカーにおいて、ドライブシュートが最も打ちやすいのは、ボールの落ち際を狙う蹴り方です。空中に浮いたボールが落ちる時には、下から上に突き上げるような蹴り方がしやすくなります。
ボールを足で舐めるイメージでキックすれば、自然と縦回転がかかるようになり、ボールが落ちるのです。フリーキックなどでボールに縦回転をかけることは難しいですが、ボールの落ちるタイミングであれば、蹴りやすく、この状況でドライブシュート蹴るにはどういった回転をかけるのかを知ることができます。

ボールの上面を擦るイメージ

ドライブシュート

サッカーでボールが止まっているフリーキックなどを想定したドライブシュートの蹴り方としては、ボールの上面を下から擦り上げるようなイメージで縦回転を付けることが大切です。
クリロナは、真っすぐに踏み込んでインステップで擦るようなドライブシュートを蹴りますが、かなりの筋力とテクニックを要しますので、一般的には、斜めに踏み込むことでインフロントでボールを下から上に上面を擦るイメージで蹴ることが蹴り方としてはやりやすくなります。

踏み込みを深めにする

サッカーのドライブシュートの打ち方として、踏み込みを深めにすることで、自然と足がボールに触れている時間が長くなり、足が下から上にボールを舐めるようになりますので、ドライブシュートのための縦回転がかかりやすくなります。
フリーキックでは、ボールが止まった状態で蹴ることができますので、踏み込み位置を確認しながら通常よりも数センチ前にするだけで、十分ドライブシュートを蹴ることができるのです。踏み込みの調整をするだけでもキックの質を変えることができます。

ドライブシュートの回転

サッカーでドライブシュートを蹴るために必要なのが、縦回転を付けた打ち方をすることです。サッカーでは、カーブでも足を使って回転をかけるために、回転のかけ方が難しくなります。
サッカーのドライブシュートは縦回転ですし、下から上に向かう回転を付けるので、フリーキックなど地面にあるボールになるとさらに難しさがアップするのです。それでも、踏み込みや助走の取り方、ボールへのアプローチを変えていくことでサッカーのドライブシュートは蹴ることができます。

縦回転をイメージ

ドライブシュート

66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インサイドキックの蹴り方をゼロから学びたい!正しいコツと練習方法とは?

インサイドキックの蹴り方をゼロから学びたい!正しいコツと練習方法とは?

インサイドキックは足の内側で蹴るキックのことを言い、サッカーにおいて最も使用頻度の高いキックです。今回はインサイドキックを蹴る際の軸足を置く位置、足の振り方、パスの方向の付け方など基本的な蹴り方のポイントを紹介しますので、インサイドキックの蹴り方をゼロから習得しましょう!
nosedori | 934 view
サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方をゼロから解説します!キックのコツはフォームと蹴り方

サッカーボールの蹴り方には7種類ありますが、その中でもインサイドキック、インステップキック、インフロントキックの3種類はサッカーの試合中に頻繁に使うキックであり、テクニックとして身につけておく必要があります。今回はサッカーボールの3つの蹴り方やフォームとそのコツについて紹介します。
nosedori | 197 view
ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランの打ち方を徹底解説!大事な6つのコツをおさえよう

ホームランを打ちたいと考えている人へ伝えたいことは・・・ホームランを打つためにはコツがあるということです。 構えからスイングに続けバットの力の抜き方など6つのコツを解説します。1つ1つ確認して、ホームランを打てるようになりましょう。
Act | 204 view
トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

トップスピンがかからない理由とは?フォームと打ち方を改善しよう【テニスコーチ監修】

現代テニスでは必須ともいえるトップスピンですが、なかなか回転がかからなくて悩んでいる方は多いです。トップスピンがかからない理由を4つパターンに分け、理由と改善方法をお伝えします。テニスで自信をもってトップスピンが打てるように、ご参考ください。
SKコーチ | 842 view
ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

ロングパスをマスターしよう!遠くに飛ばす蹴り方とコツとは?

サッカーのロングパスを遠くに飛ばすためには、足のスイングスピード、軸足の踏切と体のバランスの3つのコツがあります。また、足のどの部分でボールのどこをミートするのかでロングパスの球種が変わります。その蹴り方のコツや試合で使える技術とするための練習方法も紹介します。
nosedori | 564 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000