2018年6月17日 更新

ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートは、サッカーにおける変化球とも言えるシュートの一つです。 ドライブシュートはボールの軌道が、ストレートのラインを描きつつ、途中で下に急激に落ちるキックを言います。 このキックを蹴るには、非常に高い技術が必要になりますが、練習次第でできます。

27,605 view お気に入り 0
サッカーのフリーキックでドライブシュートを蹴るには、落ち際のボールの蹴り方と違い浮かせる蹴り方で縦回転を与える必要があります。ボールを浮かせるためには、中心よりも少し下を蹴ることです。
しかし、この蹴り方では、下から上に回転がかかってしまいます。そこで、ボールに対して斜めに入るようにして足の甲をボールに対して上からかぶせるように蹴るのです。
ミートの角度と踏み込みの角度を変えることでドライブシュートのための縦回転をかけることができます。

ドライブシュートの狙いどころ

サッカー感動のドライブシュート!

サッカーでドライブシュートを狙うべき場所としては、ゴールの少し上が望ましいです。フリーキックでは、壁を横から巻いたり、上から落としたりします。ドライブシュートでは、壁の上から落としますから、ゴールバーの少し上を狙うことでキーパーが届かない場所にボールを落とすことです。
ボールが落ちるといっても、キーパーの手の届かないところに落とすことでより得点が奪いやすくなります。クリロナなどは、このドライブシュートをかなりのスピードで蹴ることができますから大きな武器となるのです。

体重の乗せ方

サッカーでドライブシュートを打つには、ボールに上手く体重をかけて、しっかりとした縦回転を付けることです。縦回転を付けるために、足首を捻ることを考えますが、ドライブシュートであれば、ボールへのアプローチの仕方を考えることで蹴ることができるようになります。
サッカーでは、ボールに体重を上手く伝えることで、様々な質のボールを蹴ることができますので、ドライブシュートも通常よりも足がボールに触れる時間を長くするように蹴れば、縦回転を付けることで蹴ることができるのです。

ドライブシュートの練習

サッカーのドライブシュートを上手く蹴るための練習は、何度もボールを蹴ることと、クリロナなどトップクラスの選手の蹴り方を映像で見て研究することです。
但し、クリロナの蹴り方をそのまま真似してもなかなか蹴れるものではありません。特にクリロナの場合には、真っすぐに助走をして、インステップの蹴り方でボールを落としますので、この蹴り方は非常に難しいです。ボールに斜めに入り、できるだけ足の甲とボールが触れる時間が長くなるような蹴り方を考えることが重要になります。

踏み込みの位置

サッカーでは、色々な質のシュートを蹴りたいと思えば、蹴り方に変化をつけることが必要です。ボールへの助走の仕方やミートポイント、足の角度を変えるだけでもキックの種類を変えることができます。
その一つが踏み込みの位置です。サッカーでドライブシュートを蹴る時には、通常よりも少しだけ踏み込みを深くすることで、ボールに足が当たる時間を長くします。それにより、縦回転をかけやすくなるのです。
クリロナは、これをインステップでもできますが、練習する時には、まずは斜めに入って踏み込み位置を考えることから始めることで感覚を養えます。

落ち際を打つ練習

サッカーでドライブシュートを蹴るために、最も簡単なのは、浮いたボールの落ち際を擦り上げるように蹴る蹴り方です。
サッカーでは、ボールを止めて蹴ることができるのはフリーキックやPKなど限られています。サッカーの大抵の時間は動いているボールを扱うことです。そこで、ドライブシュートを打つのに簡単なのは、浮き球のボールが落ちてくる軌道に合わせて、足の甲でボールを擦るように蹴ります。
この蹴り方であれば、ドライブシュートが打ちやすいのです。

ゴールの上を狙って打つ練習

サッカーでドライブシュートの打ち方を練習するには、ゴールの上を狙って蹴ることです。ドライブシュートは、ボールが上から下に落ちてくる軌道ですから、キーパーのいる角度に打ってしまっては、効果がありません。
ゴールバーの上を狙ってそこから落ちるような軌道で蹴る練習をすることです。クリロナの映像などを見てみるとその落ち方がわかります。ボールを落とすことでキーパーの不意を突いたり、届かない場所にシュートを決めることができるのです。
66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーのシュートを徹底解析!種類や蹴り方のコツ・狙うところとは?

サッカーの得点を決めるシュートは種類、蹴り方によってミドルシュートやヘディングなど大きく6種類に分類できます。シュートを得点につなげるためには、確率が高いシュートを選択し、キーパーとの読み合いも大事になります。シュートに対する基本的な知識を持つことで、シュート決定力を高めることができます。
hoedama1 | 579 view
卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方とコツとは?基本をしっかり練習しよう

卓球のバックドライブの打ち方は、ヒジを支点にスイングして、ボールの正面の斜め上側を捉えるようにします。下回転に対してバックドライブを打つ場合は、足を曲げて低い姿勢になり、下半身の力を使ってボールを持ち上げるように打球することが重要です。卓球のバックドライブのコツは、ヒジを体より前に突き出し、力みなくスイングすることです。
KAERUNABE | 68 view
卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球フォアハンドの打ち方とは?正しいフォームとコツを解説

卓球のフォアハンドの打ち方は、肩幅以上にスタンスを広げ、コンパクトなスイングで打球します。卓球のフォアハンドを打つときのコツは、細かく足を動かす・体重移動を意識する・ボールと相手を見ながら打つことにです。卓球初心者の方は、まずフォアハンドの打ち方から覚えていきましょう。
KAERUNABE | 52 view
卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。
KAERUNABE | 91 view
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
KAERUNABE | 51 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000
amazon