2019年3月18日 更新

フォアチェックとは?意味やメリットを解説

サッカーの解説や実況などでたまに耳にするフォアチェックという言葉ですが、サッカー経験のない方などにとってはあまり聞きなれない言葉かもしれません。そこで今回はフォアチェックにスポットを当て、フォアチェックの意味やメリット、デメリットなどを解説していきます。

  
376 view お気に入り 0

フォアチェックとは?

フェルナンド・トーレス ワールドクラスのフォアチェック

サッカーにおけるフォアチェックとは、数あるディフェンス戦術の一つで、よく比較される戦術に、リトリートがあります。

フォアチェックのフォアとは、前部という意味の英語で、相手陣内に攻め込んだ自チームが、ボールを奪われた際のネガティブトランジションの段階で、まず真っ先にボール保持者にチェックをかけてプレッシャーを与え、スペースを狭めてパスコースを限定させ、スペースのない狭いエリアに追い込んで前線からボールを奪いに行く戦術を意味します。サッカー用語でいうハイプレスと呼ばれることもあります。

フォアチェックとディレイの違いとは?

よくフォアチェックと同じ意味で用いられるサッカー用語に、ディレイという言葉がありますが、実はフォアチェックとディレイは同じ意味ではありません。フォアチェックもディレイも前線からプレッシャーをかける点では同じですが、目的に違いがあります。フォアチェックの目的は、プレッシャーをかけてパスコースを限定して最終的にボールを奪うことを目的としています。

これに対してディレイの目的は、前線からプレッシャーをかけますが、ボールを奪いにいくのではなく、相手のカウンターを防いで相手にバックバスをさせ、プレーを遅らせることでその間に守備陣形を整えることを目的にしています。その意味ではフォアチェックとディレイは目的に違いがあります。

フォアチェックとリトリートの違いとは?

フォアチェック

 (73741)

リトリート

 (73742)

サッカーにおけるフォアチェックと比較される戦術にリトリートというディフェンス戦術があります。フォアチェックとリトリートの大きな違いは、ボールを奪われたネガティブトランジションの局面での対応の違いにあります。フォアチェックの場合にはすぐにボールホルダーに対してプレッシャーをかけ、出来る限り早くボールを奪うことを目的にし、リトリートの場合にはすぐに自陣内に戻り守備陣形を整えて、相手を迎え撃つことを最優先にしています。

つまりフォアチェックはマンマーク、リトリートはゾーンというイメージです。

フォアチェックのメリット

ショートカウンターを仕掛ける

サッカーにおけるフォアチェックとは、相手陣内でボールを奪われた局面で、高い位置からすぐにボールホルダーにプレッシャーをかけてボールを奪い返すことを目的としています。つまりボールを奪い返したポジティブトランジションの場面が、自チームにとってゴールを奪うために非常に有利な状況であるという効果をもたらします。

相手陣内でボールを奪ったら、ポジティブトランジションだった相手チームは前がかりになっている状態です。そこで相手チームがネガティブトランジションに切り替える隙をついて、すかさずショートカウンターを仕掛けてゴールを奪います。

相手陣内で展開できる

相手陣内でボールを奪い返すことができれば、終始相手陣内でゲームを展開することができます。ボールを奪われる→すぐにフォアチェック→ボールを奪い返すという、ネガティブトランジション→守備→ポジティブトランジション→攻撃を相手陣内で繰り返すことでボール支配率が上がり、試合をより有利に進めることができます

そして相手チームは終始守備に追われ、精神的にも体力的にも消耗が激しくなります。その意味では効果的な戦術といえます。

フォアチェックのデメリット

カウンターを招く恐れ

 (73743)

サッカーの守備戦術でフォアチェックを採用すると、素晴らしい効果を発揮するわけですが、当然デメリットもあります。それがリスクの高さです。フォアチェックはフォワードからミッドフィルダーまでがハイプレスを仕掛ける戦術のため、どうしてもディフェンダーとの間の中盤に大きなスペースが生まれやすくなります。

さらに戦術的にスペースを与えないため全体の陣形をコンパクトにするため、ディフェンダーも比較的高い位置にポジションを取ることになります。それに伴って最終ラインも高めになり、全体的に前がかりの陣形になります。そうすると、相手チームにスピードのある選手がいるといると、ロングボールやスルーパス1本でゴールを奪われてしまいます

スタミナの消費

サッカーにおけるフォアチェックは前線からハイプレスを仕掛ける戦術のため、スタミナの消費が激しいというデメリットがあります。フォワードとミッドフィルダーは相手陣内へ攻め込み、ボールを奪われたら素早くボールホルダーに詰め寄る必要があるため、試合を通して常に走り続けることになります。

90分間フルに前線からハイプレスを仕掛けることは、スタミナ的にもほぼ不可能なので、戦術として積極的にハイプレスにいかない時間帯をどこで作るのか?また、どの時間帯で積極的にハイプレスを仕掛けるのか?という決めごとが必要になってきます

フォアチェックが求められる戦術

フォアチェックは、チームの攻撃戦術としてショートカウンターでゴールを狙う際に求められるディフェンス戦術です。相手陣内でボールを失ったネガティブトランジションの状況で、第一選択肢としてまずボールホルダーにフォアチェックし、パスコースを防ぎます。

そして苦し紛れのパスをインターセプトし、ショートカウンターを仕掛けてゴールを奪います。できる限り高い位置でボールを奪うことができれば、それだけチャンスになるので、チームとして素早く相手ボールホルダーにフォアチェックすることが求められます。

現代のハイプレスサッカーの代表格 ゲーゲンプレス

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9
【RIZAP KIDS】 })();