2018年6月21日 更新

バッティングの練習方法5選!上達するために必要なこととは?

野球でバッティングの結果が出ない人は、バッティングフォームに問題があったり、効果的な練習やトレーニングができていないことが原因かもしれません。野球のバッティングが上達するための練習メニューを5つの項目に分け、各項目ごとに練習方法と効果を詳しく解説します。

  
20,944 view お気に入り 0

バッティングが良くならずに上達しない原因とは?

Stunning Free Images · Pixabay (40049)

野球でバッティング練習やトレーニングを行っているのに、実際に野球をすると思うようなバッティングができずに結果が出ないという人は、自分のバッティングフォームが良くない可能性があります。
その場合は、バッティングフォームの一連の流れの中に良くない部分があるのが原因です。

また、バッティングの練習メニューやトレーニング方法が間違っているため、十分な効果を得ることができずバッティングが上達しない、というのも原因のひとつとして考えられます。

バッティングが上達する練習とトレーニング方法とは?

バッティングフォームが良くない場合は、その良くない部分をしっかりと修正できる練習やトレーニング方法を実践することが必要です。また、野球で自分のバッティングを上達させるには、自分の打撃に足りない部分を補えるように、練習やトレーニング方法の効果をしっかりと把握しておくことが重要になります。

ただ単純にボールを打つという練習方法だけではバッティングは上達しません。このため、どのような練習メニューやトレーニング方法を実践すると、どのような効果を得ることができるのか、各項目ごとに具体的に解説していきます。

バッティングが上達する練習方法①

バッティング上達の秘訣は素振り

いまっ’ちん on Instagram: “奨成!#素振り #坊主じゃなくなってる” (40334)

バッティングが上手くなるには、まず自分のバッティングフォームをしっかりと固め、野球をした際に常に自分の打撃ができるようにしておくとが重要です。バッティングフォームを固める際、ボールを打つ練習メニューではボールを打つことに意識が向いてしまうため、野球の基本である素振りの練習を行うのが、一番効果的な方法になります。

また、素振りの練習はバッティングフォームを固めるだけではなく、他の練習やトレーニングを行う方法としても役立ちます。では、素振りでどのような練習やトレーニングができるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

実践を意識して行う素振りの練習

Stunning Free Images · Pixabay (40338)

バッティングフォームを固める方法として素振りの練習をする場合、野球の試合を想定しながら行うことが重要です。ピッチャーの投げるコースや高さを意識し、ボールの軌道に目線を合わせてタイミングをとりながらスイングします。

何も考えずにただ素振りを繰り返す練習方法では、あまり効果を得ることができません。
実践を意識した素振りの練習を行うことで、野球の試合で通用するバッティングフォームを固めることが可能になり、バッティングが上達するための土台を作ることができるようになります。

軸がぶれないように打つトレーニングをする素振り

 (40343)

バランスボールにまたがるようにして座り、両足のつま先だけでバランスをとりながら素振りの練習を行います。これは、身体の軸がぶれないようにスイングするための練習メニューです。
野球の打撃時に身体の軸がぶれると腰の回転を利用したスイングができず、同時に目線もぶれるためボールをとらえるのも難しくなってしまいます。

バランスをとりながら素振りを行うことで、軸がぶれない上達した打撃の練習ができるようになります。また、太ももの内側に力を入れて素振りの練習を行う方法ため、同時に太ももの内側を鍛えるトレーニングも可能になります。

体幹と骨盤を鍛えるトレーニングをする素振り

 (40351)

野球で自分のバッティングを上達させるには、腰の回転を活かすために身体がぶれないような体幹と、上半身と下半身の動きを安定させる骨盤を鍛えるトレーニングも必要になってきます。
両足を伸ばして座った後に両足を浮かせ、お尻で身体を支えた状態で素振りの練習をする方法で、体幹と骨盤の両方を鍛えるトレーニングを行うことができるようになります。

また、このトレーニング方法は、バットが身体に当たらないように意識し、身体の前でヘッドを走らせるようにスイングすることで、フォロースルーが大きいバッティングフォームを身に付けることも可能です。

軸足のタメを作って打つことを覚える素振りの練習

 (40522)

ボールの見極めや、体重移動を行い腰の回転を利用した力強いスイングをするには、軸足にタメをしっかりと作ることが必要で、バッティング上達のための重要なポイントです。軸足だけで立った状態でバットを構え、後方にジャンプして軸足だけで着地した後、ステップして素振りをする練習方法で、軸足にタメを作る感覚を覚えることができます。

また、この練習メニューは軸足のみでジャンプして着地するため、軸足の筋力アップとバランス力を強化するトレーニングにもなります。

バッティングが上達する練習方法②

ティーバッティングの練習

@ta.283 on Instagram: “春野キャンプ見学✨くまさんティーバッティング⚾️ #春野#キャンプ見学#熊代聖人 選手#くまさん🐻#ティーバッティング#20180202,03,04” (40528)

ティーバッティングにはさまざまな練習メニューがあり、野球で自分のバッティングを上達させるには、ティーバッティングの練習は必要不可欠です。また、素振りの練習で固めたバッティングフォームを、ボールを打つことで打撃の感覚を確認したり、修正したりする方法としても使用できる練習です。

ここでは、野球で自分のバッティングを上達させる方法として、ティーバッティングではどのような練習を行うと効果があるのか、具体的に解説していきます。
82 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーの練習用のグッズ&用品のおすすめ8選!しっかりトレーニングしよう

サッカーの練習用のグッズ&用品のおすすめ8選!しっかりトレーニングしよう

サッカーのトレーニングに必要な道具は、ボールとスパイクだけではありません。サッカーをプレーするために必要なアジリティや体幹などを鍛えるためのグッズは豊富に展開されています。ここではサッカーのトレーニングの練習用のグッズ&用品8選を紹介します。
masamiohdaira9 | 473 view
バドミントン練習メニュー10選!【初心者入門編】

バドミントン練習メニュー10選!【初心者入門編】

バドミントンの初心者が取り組むべき練習メニュー10選を解説。複数人で行う練習から、1人でも取り組める練習方法も紹介しています。どのような練習をバドミントン初心者が行うべきか、その内容と具体的な練習メニューについても解説しているので、是非参考にして下さい。
nosedori | 5,414 view
フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

フットサルの練習方法8選!上手くなりたい初心者の上達ガイド

サッカーやフットサルの経験が全く無い初心者でも、フットサルが上達するための練習方法を紹介。一人でも練習できるようなボールタッチの練習から、チームで行うオフェンス・ディフェンス練習まで、初心者のための幅広い種類の練習方法を紹介します。
onomine777 | 6,043 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,862 view
フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

フォアハンドが安定する打ち方と練習方法とは?【テニスの上達ガイド】

テニスをプレーしていると、フォアハンドが安定しなくなるという方は非常に多いです。テニスにおいてフォアハンドの安定はラリーや試合で非常に大事になりますので、フォアハンドで安定したショットの打ち方のコツや、練習方法を詳しく解説していきます。
SKコーチ | 7,386 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Hiroshi_8 Hiroshi_8