2017年12月9日 更新

ドッジボールのコツ!相手に当ててアウトを取る方法とは?

ドッジボールで相手に当てるコツを紹介していきます。ドッジボールで大切なことは、いかにして自分の投げたボールを相手に当てるかです。そのためには狙いどころや投げる時の様々な技も必要となります。そんなドッジボールで相手に当てるコツを一緒に見ていきましょう。

  
14,975 view お気に入り 0

ドッジボールでアウトを取るコツって?

Instagram (11357)

ドッジボールでアウトを取るには、まず相手に自分の投げるボールを当てなければなりまません。その時は投げ方のコツ、変化球によるボールの変化のコツ、相手のどこをねらうかのねらいどころのコツ、投げる時のタイミングのコツなど様々な方法のコツがあります。

これらの方法のコツは練習しなければ身につきません。ですが、いつもの練習にこれらのコツや方法の意識を少し入れるだけで、自分のものにすることができます。ドッジボールで相手に当てる方法を自分のものにすることができれば、自分の投げるボールを相手に当てることが上手くなるはずです。そうなれば、ドッジボールでの自分のチームの勝利もグッと近づきます。

ドッジボールで相手に当てる方法のコツは1つではありません。様々な方法を身につけましょう。

ドッジボールのコツ①

速い球を投げよう

みんなで一緒にドッジボール! 第3回「アタック」 アタックの練習 【オーバースロー】

ドッジボールでの速い球の投げ方です。
ドッジボールで相手に当てるコツで、最も単純なものは速い球を投げることができるようになることです。ドッジボールでは速い球をねらったところへ投げることができれば、相手に当ててアウトにできる確率が上がります。速い球は相手も反応がしづらいからです。
また速い球とゆっくりの球を使い分けることができれば、それだけ戦略の幅が広がり、相手にボールを当ててアウトにすることができます。

速い球の投げ方は、まずステップを踏んで助走をつけて、ボールを持った腕を下から上に回していき、反対の手は投げる方向に向けます。そして腕を振り上げたら足を踏み込み体重移動をしながらボールを投げます。ボールを投げた後は片足で体を支えます。
この投げ方で速い球を投げることができます。

ドッジボールのコツ②

変化球を投げよう

ドッジボール 投げる練習 変化球(カーブ・シンカー)を投げています

ドッジボールで変化球を投げているところです。
投げる球の種類でアウトを取るコツはもう1つあります。それは変化球を投げることです。変化球とはその名の通り、ボールの軌道が変化する球のことです。この球は、相手もキャッチすることが難しいのでアウトを取れる確率が上がります。
ではカーブとそれ以外の変化球をそれぞれ説明していきます。

変化球①カーブ

Instagram (11364)

ドッジボールの変化球の中で投げやすい変化球はカーブです。投げ方はとても簡単で、手首をひねり、斜めに回転をかけながら投げるとカーブを投げることができます。手首のスナップをきかせることが成功するコツです。

ドッジボールでカーブを使いこなすことができれば大きな武器となります。まっすぐの球がくると思っている相手にカーブを投げることができれば、相手のキャッチのタイミングを外すことができ、アウトにできる可能性が上がるからです。

カーブを習得するコツはいかにボールに回転をかけられるかです。この投げ方は手首のスナップをきかせて投げることが重要ですが、練習ではボールに回転をかけながら投げることを意識して投げ込んでみましょう。それが上達のコツだからです。

変化球②カーブ以外の変化球

Instagram (11365)

ドッジボールの変化球にはカーブ以外にドロップ、シュート、アップ、シンカーなどがあります。ドロップは縦カーブ、シュートは逆方向に曲がるカーブ、アップはチェンジアップです。それぞれ投げることができれば確かに武器となりますが、どれもカーブに比べると投げ方がとても難しいです。
ですから、まずはカーブを投げられるようになり、しっかりとボールを操れるようになりましょう。それから他の変化球の習得に入っても遅くはありません。

またドッジボールでは変化球だけを習得してもアウトはとれません。ですが他のコツや投げ方をマスターしていて、変化球はカーブだけもしくは何も投げられないとしても、実はアウトを取ることはできるのです。変化球だけに頼らず、他のコツや投げ方のマスターに励みましょう。

ドッジボールのコツ③

投げる時に狙う場所

Instagram (11367)

ドッジボールで相手に当ててアウトを取るコツで他に大事なことは、相手がとりにくい場所にボールを投げることです。そのためには、相手がとりにくい場所をねらってボールを投げる必要があります。

ドッジボールにおいてのその場所とは、肩口、足もと、相手の横です。ではそれぞれ説明していきます。

狙う場所①肩口をねらう

Instagram (11371)

肩口、つまり相手の肩と腕の交わるところねらって投げるということです。左右どちらの肩口をねらっても良いですが、肩口への投げのコツは練習でどちらの肩口もねらって投げておくことです。

ドッジボールの試合では様々な場面が考えられます。その時に左右どちらかの肩口しかねらえないとなれば、相手に当てるチャンスを逃してしまうかもしれません。少ないチャンスをものにできるかどうかで、ドッジボールの試合で勝てるかどうかが決まってきます。

チャンスを逃さないコツは、練習でしっかりと左右どちらの肩口もねらってボールを投げられるようにしておくことです。

狙う場所②足もとをねらう

59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

サイドスローの変化球の5つの投げ方特集!スライダー・シンカーなど

野球においてサイドスローの投球フォームは、横回転の変化球が投げやすいのが特徴の投げ方です。比較的投げやすいスライダー、カーブに加え、少し難しいシンカー、フォーク、チェンジアップ、計5種類の変化球に関して、おすすめのボールの握り方と投げ方を特集します。
Hiroshi_8 | 45,417 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球ではパームボールを投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 7 view
ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルは投げ方が独特な変化球のため、野球で投げるピッチャーは少ないですが、予測不能な変化でバッターはナックルとわかっていてもミートするのが難しく、マスターできれば強力な武器になります。ナックルの投げ方と握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 247 view
シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

野球の変化球の一種であるシュート(shootball)は、利き腕側に曲がります。ここでは、シュートボールの投げ方と握り方について説明するとともに、投げる際のコツにも触れます。比較的投げるピッチャーが少ないシュートをマスターして、ピッチングの幅を拡げましょう!
MARUO KAZUHIRO | 229 view
チェンジアップの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

チェンジアップの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

野球でピッチャーが投げるチェンジアップは、バッターのタイミングを外すのに効果を発揮するのが特徴で、変化球の中でも投げやすい部類に入るため、マスターしておきたい球種です。チェンジアップの投げ方と握り方、そしてうまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 678 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK