2019年8月4日 更新

水泳のダイエット効果とは?痩せるためな頻度・メニューを徹底解説

有酸素運動の中でもトップクラスの消費カロリー数を誇る水泳をダイエットに取り入れてみませんか。驚くべき水泳のダイエット効果はもちろん、水泳を行うことで得られるメリットや痩せるための頻度やトレーニングメニューを確認して、効果的なダイエットを行いましょう。

1,684 view お気に入り 0

水泳のダイエット効果とは?

ダイエットに効果的な運動の代名詞として、水泳は広く知れ渡っています。では、水泳はどうしてダイエットに効果的なのか、その理由を知っている方は多くはありません。

ダイエットに効果的なのは、酸素を取り入れて脂肪を燃やす有酸素運動です。水泳もこの有酸素運動の一種であり、これが水泳がダイエット向けの運動である理由の一つです。しかし、水泳がダイエットに向いている理由はこれだけではありません。それでは、驚くべき水泳のダイエット効果を一つ一つ確認していきましょう。

消費カロリーが大きい

Swimmers Swimming Race - Free photo on Pixabay (81891)

水泳がたくさんカロリーを消費出来るのは、水の抵抗水温が関係しています。

水中での動きはどんな動きでも水の抵抗を受けるため、陸上に比べて負荷がかかります。空気と水の抵抗は約12倍もの差があるといわれており、水の中はそれだけ動きにくいといえます。
さらに水温は体温よりも低くなっているので、身体は体温を奪われないように熱を生み出すべくエネルギーを消費するようになります。

よって水中での運動はより多くのカロリーを消費することができ、陸上より短時間で効果の高い運動を行い、痩せることに繋がります。

基礎代謝量アップに繋がる

 (81892)

水泳は抵抗のある中で全身を使って泳ぐため、全身の筋肉を鍛えることが出来ます。

筋肉量は基礎代謝量に直結し、ダイエット成功の鍵となる大切な部位です。筋肉が増えると、日常生活の中の動きで多くのカロリーを消費出来るようになるため、痩せやすくなります。水泳は上半身と下半身と全身の筋肉がつくので、基礎代謝量が上がり、ダイエットの成功に繋がります。また、運動で筋肉がつけるダイエットは、食事制限のようなダイエットに比べてリバウンドが少ないというのもデータもあり、引き締まった身体をキープする効果もあります。

女性の中には筋肉はあまりつけたくないという方もいます。しかし、女性が悩むほどのごつごつした筋肉は水泳ではつかないのでご安心ください。

身体への負担が少ない

 (81893)

水泳は怪我のリスクが少ない運動です。
浮力によって体重が10分の1になる水中では、陸上の運動に比べて膝や腰といった運動で何かとケガをする確立の高い部位を痛める心配がほとんどありません。そのため、運動未経験者や体力に自信のない女性や高齢者、足腰に不安を抱える人でも安心して取り組むことができます。身体の負担が少ないということは長い期間続けることも可能なので性別・年齢問わずチャレンジしやすい運動でもあります。

身体に嬉しい水泳ダイエットの効果

水泳はダイエットに効果的な運動ですが、さらに身体に嬉しい効果があるのをご存知ですか。水泳は陸上とは違い、水に入って行うことで独自の効果を得ることが出来ます。

それでは水泳を行うことで得られる独自のメリット・効果について確認していきましょう。

美肌効果

Woman Sitting Poolside - Free photo on Pixabay (81896)

体温より冷たい水に肌をさらす水泳では、水が交感神経を刺激し、肌のハリを取り戻してくれます。また、水中では水圧が生まれ、陸上にいるときよりも余分な圧力がかかります。この水圧が肌への心地よい刺激となり、血流やリンパ液の循環を促進し、老廃物をスムーズに体外へ排出してくれます。体内の余分なものがなくなることで新陳代謝も促進され美肌効果が期待できます。女性には特に嬉しいメリットです。

健康増進

Fitness Jump Health - Free photo on Pixabay (81899)

水泳を行うと重力の関係で下半身に流れがちな血液が、水圧によって全身に広がります。立った状態では足先に多くの水圧がかかり、末端の血流が押し流されて心臓に戻ります。さらに泳いで身体を動かすと心臓が活発に動き、体液がスムーズに流れます。このように血流が良くなることで代謝を高める効果が期待できます。この代謝を高める効果によって更なる健康効果が期待できます。

・肝臓や筋肉の代謝機能の向上
・心肺機能の向上
・胃腸の働きの活性化


以上の健康増進効果が期待できます。

疲労回復

Relax Frog Rest - Free photo on Pixabay (81901)

水泳では、水圧によって筋肉疲労を回復する効果も期待できます。

水泳では全身を動かすので、アクティブレストに繋がります。アクティブレストは積極的休養とも呼ばれる疲労回復法です。安静・休養・睡眠などの静的休養法に対して、疲労時に軽く体を動かすことで血流の改善を図り、疲労物質の排出を促します。水泳の場合、泳ぐことで心臓と下半身が平行になるのでさらに下半身に溜まりがちな疲労物質や老廃物が流れやすくなります。

疲労回復を目的にしたい時は、泳げる人は体にできるだけ負担のないクロールや背泳ぎを行いましょう。泳げない人はゆっくり水中ウォーキングを行うのが有効です。

水泳ダイエットの方法は?

まずは準備運動

【泳ぐ前にするストレッチ】長く楽に泳げるようになる水泳講座

74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウエイトトレーニングのマシン・器具の効果と種類をご紹介!

ウエイトトレーニングのマシン・器具の効果と種類をご紹介!

ウエイトトレーニングのマシンはどのジムにも豊富に設置してあります。バーベル、ダンベルなどでのトレーニングと比べて、特定の筋肉に対して効果的で安全性が高いことが特徴です。全身を鍛えるためにおすすめのウエイトトマシンと効果を説明します。
hiroki025025 | 90 view
ランニングマシーンの効果とは?健康的に痩せる使い方を知っていますか?

ランニングマシーンの効果とは?健康的に痩せる使い方を知っていますか?

ランニングマシーンの効果とは、脂肪燃焼・筋力アップ・心肺機能アップ・ストレス発散など5つあります。ランニングマシーンは身体を健康にしてくれる効果がたくさんあります。ただ有酸素運動を続けているだけでは効果はでずらいため、適度な筋肉トレーニングをすることで効果を高めます。健康的に痩せるための走り方や頻度、食事の摂り方についても解説!
sssa16183 | 132 view
インナーマッスルの鍛え方!トレーニングメニュー腹筋編【初心者OK】

インナーマッスルの鍛え方!トレーニングメニュー腹筋編【初心者OK】

インナーマッスルとは?最近よく耳にするインナーマッスルの解説から鍛え方、効果など。初心者でもできる基本的に道具を使わず、簡単かつ場所を問わないトレーニング方法やトレーニング時の注意点などをご紹介!
Act | 364 view
インクラインダンベルプレスで筋トレ効果をアップさせる鍛え方とは?

インクラインダンベルプレスで筋トレ効果をアップさせる鍛え方とは?

インクラインダンベルプレスは大胸筋上部を中心として上半身を効果的に鍛えることができる筋トレ種目です。厚い胸板や太い腕を目指す男性にもバストアップを目指す女性にもおすすめです。ここではインクラインダンベルプレスのフォームの基本から大胸筋上部への効かせ方まで詳しく説明します。
hiroki025025 | 285 view
フルスクワットの効果と正しいやり方とは?フォームをしっかり維持しよう

フルスクワットの効果と正しいやり方とは?フォームをしっかり維持しよう

フルスクワットは下半身を効果的に鍛えることができる筋トレ種目です。男性ならよりたくましい脚を、女性なら美しいボディーラインを作ることができ、同時にダイエット効果も抜群です。フルスクワットのやり方と効果について深く説明しています。
hiroki025025 | 275 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sotomama sotomama