2018年7月11日 更新

センターバックのランキングTOP10!世界最高のCBはどの選手?

現代サッカーではボランチとともにビルドアップを支えながら正確なフィードで決定的なチャンスを演出するセンターバックは、非常に注目されているポジションです。このページでは世界最高レベルのセンターバックをランキングし、その凄さの秘密に迫ってみたいと思います。

  
33,708 view お気に入り 0

世界最高・最強センターバックランキング 10位

ロベルト・アジャラ

国籍 : アルゼンチン、スペイン
生年月日 :1973年4月14日(45歳)
出身地 : アルゼンチン パラナ
身長 :177cm
体重 :75kg
経歴
1992-1994 フェロカリル・オエステ
1994-1995 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
1995-1998 ナポリ
1998-2000 ミラン
2000-2007 バレンシア
2007-2010 サラゴサ
2010 ラシン・クラブ

空中戦の鬼と呼ばれた驚くべきジャンプ力のCB

アジャラはセンターバックとして非常に優れた選手でありましたが、最大の特徴は空中戦での圧倒的な強さです。
現代サッカーでも年々とセンターバックの高身長化は進んでいますが、彼が活躍した当時でもセンターバックは180以上の身長が必須でした。
そんな中170㎝代の身長ながらヘディングで無類の強さを発揮するアジャラは特異な選手として有名で、サッカーの空中戦において身長だけでは勝負が決まらないことを強烈に印象付けました。
また空中戦の強さに加えて、球際での駆け引きが上手いセンターバックでもあり、若干好みが分かれるかもしてませんが、非常に狡猾な面もありました。
南米特有のマリーシアと呼ばれる狡賢さを嫌悪する人も多いですが、それだけアジャラは勝負にこだわるサッカー選手だということでしょう。
このようなチームのために汚れ役になるのも厭わない姿勢は、単純に尊敬すべきではないかと思います。

世界最高・最強センターバックランキング 9位

ジェローム・ボアテング

国籍 : ドイツ、ガーナ
生年月日 :1988年9月3日(29歳)
出身地 :西ベルリン
身長 :192cm
体重 :90kg
在籍クラブ: バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

バランスの取れた現代型センターバック

タレント揃いのマンチェスターシティでは芽が出ず、ドイツのバイエルンに移籍して頭角を現したセンターバックです。
彼の大きな特徴として、最後方から精度の高いロングフィードで攻撃をサポートするタスクをこなせるところがあり、ディフェンスの要でありながら攻撃面での貢献も求められるようになってきた現代サッカーのセンターバックとして、非常に優秀な選手です。
もちろんディフェンス能力もレベルが高く、長い足を使ったタックルが上手いだけではなく、屈強なフィジカルで空中戦にも強い、まさに欧州トップクラブであるバイエルンのディフェンスリーダーとなっています。
年々と自信に裏付けられた風格を持ち始めており、キャリアの最盛期に差し掛かる今後の彼のプレイから目が離せません。

世界最高・最強センターバックランキング 8位

フランコ・バレージ

国籍 : イタリア
生年月日 :1960年5月8日(58歳)
出身地 :トラヴァリアート
身長 :176cm
体重 :70kg
経歴
1977-1997 ACミラン

ミラン黄金期を象徴する伝説のCB

サイドバックのランキングで紹介したマルディーニとともに、黄金期の無敵と呼ばれたミランのディフェンスラインを支えた伝説的なセンターバックです。
センターバックとしては非常に小柄ながら、不屈の闘志と驚異的な読みで世界最高レベルのFWたちを食い止める生粋の守備職人です。
リベロとして語られることも多く攻撃参加も巧みな選手でしたが、最も優れていたのはプレッシングサッカーの要として最重要なオフサイドトラップの統率が非常に上手いところでしょう。

永遠に語り継がれる94年アメリカW杯

バレージの伝説的なエピソードとしてはやはり94年のアメリカW杯は外せません。
予選リーグで靱帯損傷という大怪我を負ってしまったバレージはもう終わりだと考えられていましたが、緊急手術を受けたあと驚異的な回復力でなんと決勝戦の舞台にスタメンとして出場。
当時世界最強の2トップとしてこの大会で大暴れしていたロマーリオとべベットを擁するブラジルを0点に抑える大活躍をします。
惜しくもPK戦で自身もPKを外してしまうなど不運に見舞われ負けてしまいますが、このときのバレージの気迫あふれるプレイは今でも忘れられません。

世界最高・最強センターバックランキング 7位

ジェラール・ピケ

国籍 : スペイン
生年月日 :1987年2月2日(31歳)
出身地 :バルセロナ
身長 :193cm
体重 :85kg
在籍クラブ : FCバルセロナ(スペイン)

バルセロナに足りない高さをもたらした現代型センターバックの一人

83 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーの1対1の局面はオフェンスが有利というのが一般的な考え方ですが、ディフェンスは抜かれないようにし、ボールを奪うためにできることは多々あります。今回はディフェンスの優先順位、相手のタイプ、自分の特徴、6対4の原則、フェイントの5つのディフェンスのコツを紹介します。
nosedori | 170 view
現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究として、基本的な戦術20選を解説していきます。バスケットボールの醍醐味といえば、スピード感溢れる試合展開やテクニックにありますが、様々な戦術を、相手チームの特性やそれぞれのシチュエーションに応じて使い分ける頭脳戦も見どころの一つです。
masamiohdaira9 | 635 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 150 view
サッカーの一対一ディフェンスを強化するために7つの必要なこととは?

サッカーの一対一ディフェンスを強化するために7つの必要なこととは?

サッカーにおける重要で最も多く発生する場面である一対一。一対一の場面でディフェンスがかわされればそれはチームにとって重大なピンチの場面を意味します。そこで今回は、練習から意識したいサッカーの一対一ディフェンスを強化するために必要な7つのことを紹介していきます。
masamiohdaira9 | 2,089 view
歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

サッカーの花形ポジションであるセントラルミッドフィルダーにはサッカー史に残る素晴らしい選手が多数存在してきました。それらの歴代セントラルミッドフィルダーを厳選してランキング形式で紹介しながら、その活躍に触れてみたいと思います。
CAS | 7,039 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS
【RIZAP KIDS】