2019年1月3日 更新

インサイドハーフとは?動き方や役割【サッカーポジション】

サッカーにおいては、ポジションによって色々な呼び名があるポジションもあります。MFもその一つで、細かなポジションによってそれぞれ呼び名が違っています。インサイドハーフとは、前線でFWの後ろに位置していますが、トップ下でもなくサイドでもない場所を言います。

  
31,423 view お気に入り 0

サッカーにおけるポジション

サッカーのポジション・フォーメーション・役割について | サカボン (9017)

サッカーには様々なポジションがあります。サッカーではディフェンダー、ハーフ、フォワードと3列に分けられることが多いですが、それぞれの役割があり、また細かなポジションによってその呼び名も変わります。
特にサッカーのハーフはその役割の中でも様々なポジションの呼び名があり、動き方も様々です。
ボランチやトップ下、最近ではインサイドハーフと言われるポジションがメジャーになってきています。サッカーには多くのポジションがありますが、それぞれの選手の特性によってその配置、役割は変わってきます。
コツを掴むことで多くのポジションをこなすことができるようにもなります。

インサイドハーフとは

昨今のサッカーで良く表されるようになってきたポジションにインサイドハーフというものがあります。サッカーにおけるインサイドハーフの役割、動き方とは、トップ下とは違って、ゲームを全体的に作っていくのではなく、フォワードへのラストパスの供給と自らの飛び出しによって得点を取ることが仕事と言えるポジションです。
サッカーのインサイドハーフとは、ワントップとその後ろに3人のハーフが並ぶ形から生まれたポジションであり、役割として攻撃に力を置いたハーフということが言えます。

インサイドハーフの役割

サッカーのインサイドハーフとはトップの下に位置しますが、トップ下よりも少しサイドよりのポジションを基本の役割としています。
サッカーにおけるインサイドハーフの役割、動き方は、従来のトップ下のようにパスをメインにしてゲームを組み立てるよりは、自らがゴールを奪いに行くことも仕事となってきます。
サッカーの試合全体をつかさどるパスを供給する役割よりも、ラストパスをメインの役割とします。
ですから、動き方、役割としてはトップ下よりもより攻撃に比重を置いたポジションとなってくるわけであります。

インサイドハーフに求められる動き方

【イニエスタ】ファーストタッチの緻密な駆け引きを分析

サッカーのインサイドハーフに求められる動き方は沢山あります。サッカーでインサイドハーフとは、トップの1列下に位置したポジションを言いますので、攻撃に比重が置かれているポジション、役割であることは間違いありません。そこで、求められる動き方というのは、攻撃のアクセントをつけたり、ゴールに結びつく仕事をすることが重要になってきます。
チャンスメイクもしながら、自身も積極的にゴールを狙ったり奪う動き方を求められるのがサッカーのインサイドハーフというポジションの役割です。
コツは相手と相手の間でボールを受けることで仕事をしやすくすることです。

攻撃時の動き方

サッカーのインサイドハーフの攻撃時に求められる動き方とは、後ろから飛び出してゴールを狙う動きや前線とボランチやディフェンスラインとをつなぐ役割が求められます。
サッカーにおけるインサイドハーフとは、最前線にいるフォワードとの連携が重要になってきます。
ディフェンスラインなどからもらったボールを素早く反転して、自分でドリブルでしかけたり、フォワードや他の選手への決定的なパスを出す必要性が求められます。
そのためのコツは常にボールを受ける場所を探して呼び込む動きをすることです。
攻撃時においての動き方とは、相手の考えないことや想像しないことをすることで得点を生み出すことです。

守備の時の動き方

《5月》 5月スクール(U-12)② 【小倉校】 - 小倉校|クーバー サッカースクール 小倉校|クーバー サッカースクール (9648)

守備の時に求められる動き方としては、相手にボールを奪われた瞬間に前線からプレッシャーをかけることが求められます。
サッカーのインサイドハーフは前線に近い位置にいます。
サッカーではそのポジションというのは、相手にボールを奪われやすいポジションでもありますが、取られた瞬間に取り返すことで相手の意表をついて攻撃することもできるポジションとも言えます。
ですから、サッカーにおけるインサイドハーフには、前線からの守備をする力も求められるのです。
しかし、これは、タイミングを見て行うことが前提となっています。

ポジションとしての特徴

サッカーのインサイドハーフは2列目に位置していますが、良く言われるトップ下と言われるポジションとは動き方が少し違います。今までのトップ下というポジションでは、フォワードへのパス供給が主な仕事というイメージでした。
しかし、サッカーにおけるインサイドハーフの動き方というのは、パスで崩すというよりも個人の力を全面に押し出してゴールを狙ってきます。自らも点取り屋のような動き方をすることで、相手のディフェンスを惹き付けて、そこを利用してパスを出すのがサッカーのインサイドハーフと言われるポジションにいる選手の動き方の特徴とも言えます。
コツは自分で持っていくと見せかけてのパスセンスになります。

インサイドハーフの練習内容

サッカーでインサイドハーフに特化した動き方の練習というものはありませんが、そのポジションで役立つ練習方法はあります。サッカーにおけるインサイドハーフは、非常に細かいところで仕事をすることが多いです。そのような選手には、トラップの技術が求められますので様々な形でトラップ練習をすることが大事になります。
トラップは誰もが必要になる技術ですが、前線で、相手を背負ってトラップするとなると、プレッシャーは大きなものになりますから、確実に前線を向いてゴールに迫るだけの安定した技術力がなによりも必要になってくるのです。
トラップを確実に行うコツはどんな状況でも慌てずにボールを触ることになってきます。

ボールを受ける練習

香川、ハリル流ハードメニューに悲鳴「体重い」 (3) - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ) (9652)

サッカーのインサイドハーフは前線に近い場所でボールを受けますので、練習によってトラップの技術を磨くことが重要です。
サッカーでトラップの練習は3人一組で二人の間に一人が入り、ボールを蹴ってもらい真ん中の人がトラップをします。
その時に、ワンタッチで振り向いてもう片方の選手にパスをする練習をします。
転がしたボールや浮かしたボールなど、様々なボールを供給してもらうことで色々なボールに対応することができるような練習ができるようになります。
また、合図を決めておき、ボールを出す反対の選手が受ける合図をすれば、振り向き、受けない合図ならそのままボールを返すことで練習で周りを見る力がつきます。

ドリブルのタッチ

サッカーにおけるインサイドハーフのドリブルにおいては仕掛けのドリブルが多くなってくるポジションですから、細かなタッチからいつでも変化をつけれるようなドリブル練習をしておくことが大切です。
サッカーのドリブルは個人個人でやりやすさというものは違ってきます。
大きなタッチで自分のスピードを活かす方法もありますが、サッカーにおけるインサイドハーフとは狭いスペースで仕事をしなければいけないので、細かなタッチの動き方をしたドリブルが有効なので練習で意識することが大事です。
細かなタッチをすることで仕掛けのドリブルをしながら、出てきた相手をかわしたり、パスを通すことができるようになります。

周りを見れる力

62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーにおいて花形のプレーヤとは点を取るフォワードですが、センターバックはチームを支える上で必要不可欠な存在です。ミスが許されないポジションでもありますので、その重要度は高いですし、チームの中でも信頼のおける選手でなければできないポジションとも言えます。
camarade20042000 | 61,512 view
ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 1,429 view
サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サイドハーフの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーには様々なポジションがありますが、ハーフと言われるのは、チームの真ん中で攻撃も、守備も行う選手です。そのハーフの中でも、サイドにポジションを置いて、タッチラインに近い位置で仕事をするサイドハーフについて考えてみます。
camarade20042000 | 55,302 view
セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのポジションの一つであるセカンドトップを紹介します。セカンドトップは中々意味が混同しやすいポジションです。そんなセカンドトップの役割と動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。サッカーの試合ではセカンドトップは得点源につながる重要なポジションですので、是非理解を深めてみましょう。
anton | 24,744 view
サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーのポジションの一つであるフォワード(トップ)を紹介します。動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。 また現在活躍しているフォワード(トップ)の選手も紹介しているので練習や動き方のコツを学ぶ際の材料として参考にしてください。
anton | 69,356 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000