2019年10月26日 更新

ハーフウェーラインとは?【サッカー用語解説】

ハーフウェーラインとは、サッカーのコートのフィールド上の中央にある線のことを指します。この線を基準に自陣と相手陣地を区切ることとなります。ハーフウェーラインは競技場やグラウンドによって多少の変わりますが45m〜90mほどの長さとなります。国際試合においては64m〜75mとサイズが定められています。

  
26 view お気に入り 0

ハーフウェーラインとは?

 (87942)

ハーフウェーラインとは、サッカーのコートのフィールド上の中央にある線のことを指します。この線を基準に自陣と相手陣地を区切ることとなります。例えば、試合開始のキックオフの時には、ボールが動くまではこのハーフウェイラインを越えて相手の陣地に入ってはいけないと定められています。

ハーフウェーラインの長さとは?

競技場やグラウンドによって多少の変わりますが45m〜90mほどの長さとなります。国際試合においては64m〜75mとサイズが定められています。
・ハーフウェーラインは、サッカーコートの真ん中の線
・ハーフウェーラインの長さは45m〜90m
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Act Act