2019年12月6日 更新

バレーボールの審判の役割とジェスチャーやハンドシグナルとは?

バレーボールでは、主審・副審・記録員・線審が試合の進行と判定を行います。公式の試合の審判は公認の審判員が行う決まりになっていますが、地域のバレーボール大会などでは選手が順番に担わなければならない場合もあります。ここでは、審判の基本と、代表的なジェスチャー・ハンドシグナルについて解説していきます。

22,154 view お気に入り 0

バレーボールの審判員の構成

 (93051)

バレーボールの審判員の構成は以下のようになっています。赤丸は線審で矢印方向に向いて、主に前方のラインを見ています。
審判員の構成
・主審(ファーストレフェリー)1名
・副審(セカンドレフェリー)1名
・記録員(スコアラー・アシスタントスコアラー)各1名
・線審(ラインズマン・ラインジャッジ)4名
国際バレーボール協会連盟(FIVB)が公認する試合で審判をするには、国際審判員資格が必要であり、日本バレーボール協会(JVA)の試合にはJVA公認の資格が必要になります。

また、都道府県の公式の試合では各都道府県の審判員の資格、そして市町村の公式の試合でも各市町村の審判員の資格が必要です。
・公式の試合では必ず公認の審判員が審判をします。
・審判員は基本的にはバレーボール競技者の経験を持つ方が大半を占めますが、必ずしも経験者でなければいけないという決まりはありません。

主審

 (93658)

バレーボールの主審は試合の統括責任者であり、最高の権限を持ちます。

試合中の全ての問題を決定する権限を持ち、他の審判団が下した判断をオーバーコールして無効にすることもできます。

分かりやすく説明すると、主審とは審判台の上でハンドシグナルを行っている人物です。主審は試合開始と試合終了を宣告し、その間のジャッジの全てを決定する立場にあるという責任重大な役目です。主審は常に毅然としていなければならず、全てのことに対して冷静な判断が求められます。

主審・副審は基本的に常に笛をくわえていなければなりません。また、主審の前の支柱の上部には、イエローカード・レッドカードが用意されています。

副審

 (93659)

バレーボールの副審は主審の補佐を行いますが、副審が担う責任範囲もあります。

主審が主に試合中の試合進行や反則に関してのジャッジを行いますが、副審はローテーションの確認やタイムアウト・選手交代の許可などを行います。ラリー中も主審と同様にプレーを見て、反則行為があったと思われる場合はハンドシグナルを行いますが、最終的な判断は主審が行います。

反則と思われる行為を見つけた時も、ジェスチャーだけが許されており吹笛(笛を吹くこと)はできません。その際に主審がその行為を反則と見なさなかった場合は、副審はそのジェスチャーをそれ以上アピールせずに止めなければなりません。

記録員

バレーボールの記録員は、副審と協力しながら公式記録を作成する役目を担っています。

記録員はスコアラーとアシスタントスコアラーの二人で構成され、アシスタントスコアラーはスコアラーの補佐を行います。記録員は試合中に、試合の得点やメンバー・ローテーションの間違いや不正がないかをチェックします。また、サーブ順などの間違いがあった場合は、卓上のブザーや鈴などを用いて主審・副審に合図して知らせます。

アシスタントスコアラーは、リベロの交代を記録しスコアボードの表示が正しいか確認します。

線審(ラインズマン)

@kenkanchie on Instagram: “#部活男子 #様になってきた #連休全部試合#毎日練習頑張ってる#ゴールデンウィーク#ラインズマン#男子バレー#自立甘えん坊の息子頑張ってる姿😌かーちゃんも応援📣頑張ります‼️” (93660)

バレーボールの線審は、40cm四方の赤や黄色の旗を使用して、主にラインジャッジを行い、フラッグシグナルを行います。

線審はボールのイン・アウト、プレーヤーが踏んではいけないラインを踏んでいないかなど、主審の補佐を行います。また、マーカー外通過など、主審や副審からは角度的に判断するのが難しいボールも判断する義務を持ちます。

バレーボールのコートは長方形で4本の線で囲まれています。4人の線審は主にそのうちの1本の線に正対して、常に正しいジャッジができるようにしていなくてはいけません。

バレーボールの審判員・それぞれの役割と心得

 (93770)

バレーボールの各審判員には細かい役割やルールがあり、多くのバレーボールの専門用語が含まれます。
全てをご紹介するには詳しい解説が必要になってしまいますので、ここでは一部の一般的な役割と心得をご紹介していきます。

ご自分でバレーボールをプレーされる方も、バレー観戦を楽しまれる方も、審判の基本を知っておくことは決して無益ではありません。審判の役割と動きを知ることは、バレーボールのルールを知るということにつながります。

審判員の働きによって試合が進行することを忘れずに、審判員に敬意を払うことを心がけてください。余談ですが、Vリーグにおいても基本的には審判員に報酬はなく、審判員だけで生活をしている人はいません。

主審の役割と心得

主審は試合の最高責任者であることから、常に毅然とした態度が必要です。

テレビ中継される国際試合などでは、現在はチャレンジシステムという細かいビデオ判定が用いられています。しかし一般的な試合では主審の判断が全てとなります。あまり良い表現ではありませんが、間違ったと思われるジャッジを下した場合でも、選手は抗議・質問はできても主審の判断を覆すことはできません。

そのため主審はまずは公正・公平を心がけて真摯に試合に臨むことが大切になります。そして自分が下した判断に迷いを持ってはいけません。自信をもって笛を吹き、ジェスチャー・ハンドシグナルを行うことが主審の第一の責務です。

副審の役割と心得

Kikuko on Instagram: “想い#柳田将洋 選手#ワールドカップバレー2019 イラン🇮🇷戦” (93665)

バレーボールの副審は試合進行とラリーにおいて重要な役割を担っています。試合中は主審よりも副審の方がやることが多いと言っても過言ではありません。

副審は記録員と連携してローテーションやサーブ順の確認、また、タイムアウト選手交代の回数を確認して当該チームの監督へ伝達するなどの役割など、試合進行を正しく行う役割を担います。そしてラリー中にはタッチネットやパッシングセンターラインなどのポジションに関する反則も見なければなりません。

また、主審の判断と自分(副審)の判断が違った場合は、副審は主審にハンドシグナルでアピールすることはできても、抗議することは認められていません。
51 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 1,407 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
Anonymous | 1,581 view
右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
Anonymous | 3,898 view
バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのポイントフォワードの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

ポイントフォワードとは、フォワードの選手がポイントガードの役割もこなすポジションです。つまり、ガードとフォワードのポジションを兼任するポジションになります。 ポイントフォワードは、絶対不可欠なのはキャプテンシーをもっていて、フォワードができるサイズと体の強さが必要です。
Act | 2,802 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 2,284 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵