2017年8月5日 更新

スラックラインのコツ!歩き方や練習方法【初心者ガイド】

スラックラインのコツをご紹介します。初めての方・初心者でもできる歩き方や練習のコツとは?スラックラインを買ってみたものの何から始めたらいいか分からない方は必見です。初心者の方に向けてスラックラインの歩き方や練習のコツを動画とともにご紹介します。

  
11,794 view お気に入り 0

スラックラインとは?

スラックラインとは、ベルト状のラインを利用したスポーツです。簡単に言うと、綱渡りと言えば分かりやすいと思います。

スラックラインにはライン上を渡るロングラインと言う種目やジャンプや宙返りなどの技を行ったりするトリックラインなどの楽しみ方があります。

スラックラインは綱渡りのようといっても、高さ30㎝からの設置が可能ですので初心者の方で楽しむことができます。また実際に練習していくと体幹がすごく鍛えられ、遊びながらボディのトレーニング効果が期待できるスポーツです。

この記事では、スラックラインが初めての入門者・初心者のためのスラックラインのコツや歩き方や簡単な技の練習方法までご紹介していきます。

スラックラインの練習方法のコツ

まずはスラックラインのやるための最低限の筋力をつけましょう。
スラックラインの入門者・初心者の方にはとても大事な練習方法なので楽しみながら行いましょう。

スラックラインおすすめのワンステップトレーニング

 (2090)

まず、スラックラインの入門者・初心者の練習として、片足立ちをまず行いましょう。

片足立ちを行ったら、限界まで上半身・腰を色々動かしてなるべく長い時間耐えてください。

片足立ちを体勢をキープするだけなので簡単に見えますが、実際なかなか厳しく、持続出来る時間が長ければ長くなるほどバランス感覚と体幹が身につきます。

片足立ちは繰り返し行うことがコツで、3分くらい楽々立てるようになれば、スラックラインを始めていくうえでも効果あるようになります。

運動をしたことのない方や運動不足の方は、この入門練習から初めて、ある程度必要筋力がついてからスラックラインを使用した練習をしていきましょう。

スラックラインを練習する上での注意点

スラックラインで実際練習する際は、スラックラインの下に緩衝用のマットを敷きましょう。

初心者の方に多いのがライン上から落ちて捻挫や骨折などのケガをすることです。
スラックラインはスポーツですので、ケガに注意して練習しましょう。

またプレイ中は周りに人を寄せ付けないよう気にしてください。
安全なプレイは、どんなスポーツでも必須となります。

スラックラインの練習:片足立ちのコツ

それでは、まずはスラックラインの入門者・初心者の方の目標として、スラックラインで片足立ちができるようになりましょう。ラインの長さは5m以下に設置して、ライン上に片足(左・右)でまずは30秒くらい立てるようになりましょう。

入門者・初心者の方への姿勢を保つためのコツのアドバイスとしては、視線はまっすぐを意識して、ラインを巻いてる木などの自分の顔と同じ高さくらいを見るよう心がけましょう。

足元や下を向いてはダメというわけではありませんが、理想的なのはリラックスして、前を向く状態の姿勢です。入門者・初心者の方で視線を意識するほどの余裕がない場合は、手を軽く上げてみるのがコツです。

手をあげるのはバンザイほどではなく、コツとしては後ろからピストルを突きつけられて手を上げるイメージをすることです。手があげることができると、自然と視線は前向きになります。視線か手かのどちらかで良いので、意識しましょう。

また、まずは片足立ちを練習することで、練習中に落ちたり乗ったりを繰り返すことで、スラックラインの落ち方を体が覚えることで、恐怖感も徐々に和らぎます。恐怖感がなくなってくるとより自然に力を抜いてラインに乗れるようになります。

スラックライン初心者のコツ!練習動画~スラックラインに立つ、歩く~

スラックラインのコツ:歩きやすい環境を整える

初心者の方におすすめしたいスラックラインの長さは、長すぎず短すぎない5mくらいで設定しましょう。初めのうちは長すぎない距離を設定して、徐々に距離を伸ばしていくことがコツとなります。

また、高さにおいては、膝下くらいの低い高さで行うことで恐怖心もなくなります。それから、足元はスニーカーなどの靴を履いてもよいですが、コツの一つとしては足裏の感覚が感じやすい裸足が初めての方にはおすすめです。ただし、爪をしっかり切って、ケガや傷をつくらないように注意しましょう。

スラックラインの歩き方のコツ:入門

スラックラインの歩き方のコツ

スラックラインの歩き方のコツは、安定した姿勢で片足立ちを交互にくりかえして少しずつ進むことです。
一歩一歩バランスをとって進みましょう。

感覚的には3秒ずつ片足立ちを交互に繰り返して歩くように意識しましょう。歩き方のコツとしては肩の力を抜いて背筋を伸ばし、手でバランスを取り、視線は前方に向け歩くことです。

スラックラインはラインの中央部が最もバランスがとりづらくなります。中央部での歩き方のコツは得意な方の足(効き脚)でバランスを耐えることです。また少し縦揺れを起こして、リズムに合わせる歩き方がおすすめです。

初心者の方が陥りがちなのが、緊張感や落ちることへの恐怖感から体が硬くなってしまいます。歩くことになれるまでは仕方ありませんが、和らげるコツとしては呼吸を意識して、自分のリズムを作りしっかりと前を向くことです。

スラックラインの歩き方

歩くときの足がガクガクする原因を解決(初心者の方)

スラックラインのライン上で足がガクガクなる原因は重心が真下に作用していないことが原因です。または不必要に緊張して余計な力がかかっていることが考えられます。

初心者の方へのガクガクするのを解決するおすすめのコツとしてはスラックラインのラインに対して、自然に足を下に押し込む意識を持ちましょう。

この歩くときのガクガクは練習時間に比例してかならず改善に向かいます。焦らずじっくり歩く練習回数を増やしましょう。

リラックスして自然に姿勢を制御することで歩き方が劇的に変わってきます。初めての方は必ず通らなければならない道なので練習を積み重ねて克服しましょう。

モチベーションの維持をすること(初心者の方)

どんなことでもそうですが、モチベーションの維持は大切です。スラックラインの歩き方の練習は、スラックラインの技の基礎・基本で、単純で地道な練習の積み重ねです。
スラックラインは初めての方でも始めやすいですが、同じことの繰り返しなので、特に初心者の方はモチベーション維持して継続していくことが大切になってきます。

モチベーション維持の方法のコツですが、歩けそうと思ったら集中的に30分くらいめげずに練習しましょう。この30分というのがとても大事です。30分の時間というのは、人間が集中できる適切な時間でリラックスと集中ができます。そのため歩いてやるぞというモチベーションも非常に重要です。

その他のコツとしては、スラックラインのラインの高さが高いなどで落下に伴う不安がある場合があります。そういったことを感じた場合は、スラックラインのライン設置を見直しましょう。まずは不満なことを消して、歩くことに集中できる環境を作ることも大切です。

最後に歩く練習で足が疲れてきたら適度に休むことも必要です。運動能力が無くても、筋力が少なくても練習時間に比例して少しずつ必ず上達します。その為にはしっかりとして休息をとることも必要です。

初心者向けのライントリックとは

ライントリックとは、スラックライン上でのジャンプなどのエアートリック以外をすべてライントリックと呼びます。例えば、スラックライン上で座ったり、ラインを揺らしたりするのがライントリックでと呼ばれます。

技を分類すればバランス系・ポーズ系・ダウン系などに技が分けられます。

着地が伴うエアートリックはより危険を伴うので初心者の方におすすめできませんのでこの記事では取り扱いません。初めての方は比較的簡単なライントリックから始めていくのが入門としておすすめです。コツを掴めば習得しやすい技ばかりなのであきらめずにコツを掴んで習得しましょう。

スラックラインの技入門:バランス系の技(歩き方)

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 10,098 view
バドミントンサーブのコツ!当たらない人への練習方法【初心者ガイド】

バドミントンサーブのコツ!当たらない人への練習方法【初心者ガイド】

バドミントンはサーブが入らなければ始まらないのですが、そもそもサーブが当たらない!!と悩んでいる初心者の方にぜひ読んでいただきたい、サーブが当たるコツとポイントをご紹介します。コツをつかんだ練習方法であなたもサーブをマスターしましょう!
yuki | 28,177 view
ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツのコツ5選!上手く投げるために必要なこと【初心者ガイド】

ダーツでもっと上達したい!!という方に送る、ダーツ上達のために必要な持ち方、握り方、投げ方などの初心者ガイド決定版です。まっすぐに投げる方法、回転をかける方法、目線の考え方など盛りだくさんの内容です。ダーツファンはぜひチェックしてみてください。
yuki | 104,785 view
バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスのコツ!気になるポイントとは?

バドミントンのミックスダブルスにおける勝利のコツをご紹介します。バドミントンのミックスダブルスならではの特徴を踏まえた上で、考え方や練習方法なども簡単にご紹介しますよ。これからミックスダブルスをプレーしたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。
yuki | 8,795 view
水泳クロールを速く泳ぐために必要な4つのコツとは?【初心者ガイド】

水泳クロールを速く泳ぐために必要な4つのコツとは?【初心者ガイド】

水泳のクロールで速く泳ぐためにはどんなことに注意するべきでしょうか?キックや呼吸、水かきのコツや、おすすめの考え方などをご紹介します。クロールでスピードアップすれば、初心者の方も水泳が楽しくなります。ぜひ効率的な練習をするために、コツをチェックしてみてください。
yuki | 48,663 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sayusayuman1031 sayusayuman1031