2019年7月9日 更新

ゴルフ初心者用おすすめクラブセットはコレだ!選び方のポイントは?

ゴルフの初心者の方の中には、入門に必要なクラブ1式が揃うクラブセットの購入を検討されいてる方も多いのではないでしょうか。ゴルフのグラブセットを初心者の方へ選び方のポイントとおすすめのスターターセットをご紹介します。ぜひお役立てください。

802 view お気に入り 0

初心者におすすめなゴルフクラブセットの中身とは?

Golf Clubs Bags Driving Range - Free photo on Pixabay (80669)

ゴルフ初心者のスターターにおすすめのクラブセットは、12本程度のフルセット、7本程度のハーフセットの2種が主流です。まずは、それぞれのクラブセットの特徴とクラブ構成の例を解説します。

フルセットとハーフセット

ゴルフ初心者の方向けのスタータークラブセットはフルセットとハーフセットの2種類に分けられます。

初心者向けの入門用フルセットは、10本前後のクラブで構成されており、ゴルフを本格的に楽しむために申し分ないラインナップとなっています。必要なクラブがバランスよく揃っているので、基本的に上達してからでも道具の買い替え、買い足しの必要がありません。

ハーフセットは、7本前後のクラブで構成されています。ゴルフのラウンドに必要な最低限のクラブ1式が揃えられています。手軽にゴルフを始めてみたい初心者の方の入門におすすめです。

フルセットの構成例

ドライバー:1本 最も長い距離を打てるクラブ
フェアウェイウッド:1本 フェアウェイやラフから長い距離を打つクラブ
アイアン:5本 中距離を打ち分けるクラブ
ウェッジ:2本 アプローチやバンカー脱出に用いるクラブ
パター:1本 グリーンで使うクラブ
初心者向けのフルセットはこのようなゴルフクラブ10本が1式となるのが一般的です。

フルセットを買っておけば、ほぼ全距離に細かく対応できるので、ゴルフ初心者の方でも戦略的なラウンドを楽しむことができます。ゴルフのラウンドには14本のクラブを持ち込めますので、上達してきたら自分のゴルフのスタイルに合った道具を後から少しずつ追加していくのがおすすめです。

ハーフセットの構成例

ドライバー:1本 最も長い距離を打てるクラブ
フェアウェイウッド:1本orユーティリティー:1本 フェアウェイやラフから長い距離を打つクラブ
アイアン:3本 中距離を打ち分けるクラブ
サンドウェッジ:1本 アプローチやバンカー脱出に用いるクラブ
パター:1本 グリーンで使うクラブ
初心者向けのハーフセットはこののような7本が1式となるのが一般的です。

フルセットと比較するとフェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンの本数が少ないので中距離の細かな打ち分けがしにくくなりますが、ゴルフ初心者のスターターとしてはこれだけの本数が揃っていれば十分です。

80台のスコアを目指すのは少し難しいかもしれませんが、100切りであればハーフセットでも十分に狙うことができます。

ゴルフクラブのセッティングの基本

Golf Clubs Golfing - Free photo on Pixabay (80670)

ゴルフクラブにはたくさんの種類がありますので、スコアアップのためには道具選びも重要になります。ここからは自分に合った道具を選ぶクラブセッティングの基本を解説します。

初心者の方向けのクラブセット1式を選ぶときの基準になりますので、クラブの役割と使い分けをしっかりチェックしておきましょう。

打ちたい距離での使い分け

ゴルフのクラブセットにたくさんの本数が含まれるのは、距離を打ち分けるためです。ゴルフで距離を打ち分けるには2通りの方法があります。

【距離を打ち分ける方法】
・スイングの大きさや力加減を変える
・打つクラブを変える

ゴルフ初心者は、スイングは一定として、クラブを変える距離の出し方の方が容易です。
 (80676)

飛ばしたい距離は、7番アイアンの飛距離を基準に10〜15ヤード刻みの打ち分けをできるように構成していくのが、クラブセッティングの基本となります。

ゴルフの初心者の方がスターターとなるクラブセットを選ぶときも、クラブで打ちたい距離を意識することが重要です。

特定のシチュエーションでの役割

ゴルフではクラブセットの中でも特定のシチュエーションで絶対に必要となるクラブがあります。ドライバー、サンドウェッジ、パターについては基本的に他のクラブで替えがききません。

初心者の方が入門用のクラブセットを購入する際は、ドライバー、サンドウェッジ、パターの3本が含まれるものを選びましょう。新品のクラブセットにはこの3本はたいてい含まれていますが、中古のクラブセットには稀に含まれていない場合もありますので、注意が必要です。

ドライバーの選び方のポイント

Golf Course Grass - Free photo on Pixabay (80671)

ゴルフ初心者向けのクラブセットに必ず含まれるドライバー。その選び方のポイントは以下の2点です。

①大きなヘッド体積
②大きめのロフト角


ゴルフ初心者の方の悩みのタネになりやすいドライバーはクラブセットを選ぶ時に、大変重要となります。クラブの選び方1つでショットのミスを減らすことができますので、気にするようにしましょう。

大きなヘッド体積

ゴルフ初心者の方の入門用ドライバーにはヘッドの体積が大きなものがおすすめです。ヘッドが大きければ構えたときに安心感があり、スイングの力み軽減につながります。ヘッド体積が大きなドライバーはフェースの面積も広いので、ミスショットにも寛容です。

ドライバーのヘッド体積は最大で460ccと定められています。ゴルフ初心者の入門用クラブセットを選ぶ際は、ドライバーの体積が440〜460ccを選びましょう。
84 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

YGサーブの打ち方とは?卓球初心者がゼロから打てるように解説!

YGサーブの打ち方とは?卓球初心者がゼロから打てるように解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
KAERUNABE | 61 view
卓球のバックサーブの打ち方とは?初心者が覚えておきたい5つのコツ

卓球のバックサーブの打ち方とは?初心者が覚えておきたい5つのコツ

卓球のバックサーブとは、ラケットのバック面で出すサーブになります。バックサーブの打ち方のポイントは、体の正面で打球することです。バックサーブのコツは、正確なトスを上げる、卓球台に近い位置で打球する、体重移動、サーブの長短、同じようなフォームで回転を出し分けることの5つになります。
KAERUNABE | 29 view
和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山のショアジギングポイント8選!青物が釣れるおすすめ場所は?

和歌山県では青物が釣れるショアジギングのポイントが豊富です。地磯、サーフ、漁港などのスタイルに合わせた釣り場や魚種を選べる点も魅力です。カンパチ、ヒラマサ、サワラ、ブリ、ソーダ、ガツオなどが釣れる和歌山のショアジギングができる8ヶ所のポイントと攻略法を徹底解説します。
activeldirector01 | 311 view
多摩川のバス釣りポイント情報!ブラックバスの攻略法をゼロから解説

多摩川のバス釣りポイント情報!ブラックバスの攻略法をゼロから解説

多摩川はブラックバスが釣れるポイントが豊富です。おかっぱりの釣りも楽しむことができるため、関東圏でブラックバスを釣りたいと考えている方は気軽に足を運べます。多摩川のブラックバスが釣れる8箇所の釣り場をマップで紹介し、各ポイントの攻略法を徹底解説します。
activeldirector01 | 219 view
高滝湖のバス釣りポイント10選!初めて行く人のゼロから教えます

高滝湖のバス釣りポイント10選!初めて行く人のゼロから教えます

高滝湖は千葉県にある人気のバス釣りポイント。シチュエーションに合わせて様々なルアーで釣果があがるため、初心者から上級者まで楽しめるおすすめの釣り場です。高滝湖のバス釣りポイントをマップ付きで徹底解説します。
activeldirector01 | 100 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nagg nagg