2019年12月13日 更新

ブラックバスをエサ釣りで攻略しよう!おすすめのエサと釣り方とは?

ルアー釣りの印象が強いブラックバスですが、ミミズやザリガニなどの生きエサを用いての釣り方も人気があります。ルアー釣りよりも比較的簡単に釣ることができるのでバス釣り初心者にもおすすめです。ここではエサ釣りでブラックバスを釣りたいと言う方におすすめの釣り方や仕掛けなどの攻略法を徹底解説していきます。

1,301 view お気に入り 0

エサ釣りでブラックバスを狙う釣り方とは?

 (94905)

ブラックバスを標的としたバス釣りは、一般的にルアーで釣ることが広く知られています。しかし、ルアー釣りは難易度が高く、バス釣りを初めたのに全然釣れないというケースも珍しくありません。

その一方でエサ釣りは、ルアー釣りと比べて難易度が低く、簡単に釣ることができるので、お手軽にブラックバスを釣る楽しさを感じることができ、初心者の方にも非常におすすめです。

ブラックバスを釣るおすすめのエサとは?

ブラックバスは動きのあるものに反応して捕食する習性を持っています。そのため、動きの無い死んだエサではなく、動き回る生きたエサを使用しましょう。ここでは、ブラックバスが好むエサを幾つか紹介します。

お手軽で捕食率が高いミミズ

 (94908)

ブラックバスの生きエサとして最もポピュラーなものがミミズです。ルアーフィッシングにおけるワームは、ミミズをイメージされたものが多く、ブラックバスが特に好んで捕食する生物です。

ミミズは釣り具屋でも入手可能ですが、現地での調達が難しくなく、仕掛けへの取り付け方が簡単であることも魅力です。釣り具屋で調達する場合は、ミミズの他、ミミズに似た海釣り用イソメの携帯エサもおすすめです。

現地も見つけやすいザリガニ・エビ

 (94912)

ミミズと同様に釣具店の他、現地での調達が可能で、ブラックバスも積極的に捕食する甲殻類のザリガニやエビ。ミミズほど見た目に嫌悪感を感じないという人が多く、触りやすいのが魅力です。

また、小型のブラックバスは、ミミズよりも生きエビによって多く釣られる傾向があるため、小型狙いの方は、生きエビをウキ釣りかダウンショットで釣るのがおすすめ。反対にザリガニの生体などは、小型ではハサミで反撃されて捕食できないため、大型狙いの方におすすめです。

動き回って広範囲にアプローチできる小魚

 (94917)

オイカワやウグイなどの小魚は、現地での入手難易度はやや高めですが、柔らかくて食べやすいため、ブラックバスが好むエサの1つです。遊泳能力が高く、スピードがあるため普段は捕食されにくいですが、弱って動きの鈍くなった小魚はブラックバスにとって最高のエサと言えます。

仕掛けは背びれにフックを取り付けて、ブラックバスがいそうなポイントに勝手に泳がせておくだけです。また、ミミズやエビ類などよりもアクティブなので、より広範囲に渡ってアプローチできるのも魅力です。

大物狙いであればブラックバス・ブルーギルの稚魚

獰猛なブラックバスは、同種であるブラックバスや、似たような食性を持つブルーギルの稚魚すらも獲物にします。しかし、鋭い背びれがあるため小型のブラックバスは、これらを食べにくく、メインのエサとはなりにくいです。

しかし、大型のブラックスバスであれば、それらは捕食対象になるため、大物狙いの方におすすめです。実際に、世界記録に並ぶ超大型ブラックバスは、ブルーギルの生きエサで釣られています。仕掛けは小魚と同様簡単で、背びれにフックを取り付けて泳がせるだけです。

環境によっては主食となる虫

 (94918)

ブラックバスはヤゴやミズカマキリのような水生昆虫や、水面に落ちたセミなどの飛翔昆虫などもエサとします。特にエサの少ない野池などでは、昆虫はエサとして重宝されるため、そういった場所では虫を釣りエサにするのがおすすめです。

しかし、寒い時期では現地での昆虫の調達が困難なため、夏場で利用するようにしましょう。

曇りや雨の日に有効な両生類

 (94919)

カエルの形をしたフロッグタイプのルアーがあることから、ブラックバスは、カエルや、その子供であるオタマジャクシ、イモリなどの両生類も食べます。

そのため、これらをそのままエサとして用いるのもおすすめ。カエルなどは雨の日に活発化するため、晴の日よりも、曇りや雨の日に効果を発揮しやすいので、天候によっては他の生き物よりも成果を上げることができます。

ブラックバスを釣るエサはコンビニやスーパーなどで手に入る?

ブラックバスは動く獲物を積極的に捕食するため、生きエサにはおよびませんが、コンビニやスーパーなどで簡単に手に入るブラックバスのエサがあります。代表的なものは、生鮮食品系である小魚や魚の切り身、エビなどで、特にニオイの強いサバ、サンマなどが有効。

また、加工食品であれば魚肉ソーセージやかまぼこ、ちくわなどのすり身などがおすすめです。しかし、これらはアクションを加える必要があるなどの工夫が必要であるため、やはり生きたエサが最もお手軽で効果的。

ブラックバスを生きエサで釣る仕掛けと釣り方

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

相模川のバス釣り情報ガイド!おすすめポイント6選でスモールマウスバスを狙え

相模川のバス釣り情報ガイド!おすすめポイント6選でスモールマウスバスを狙え

相模川のバス釣りはブラックバスやスモールマウスバスがおかっぱりで狙えます。おすすめポイントの海老名運動公園は手軽にアクセスでき、定番のライトリグを使ってバスフィッシングが楽しめます。相模川のバス釣りは釣り人の数が多いので、スモラバやネコリグでストラクチーやカバーに丁寧にアプローチしましょう。
activeldirector01 | 1,852 view
野尻湖のバス釣りポイント8選!釣果が期待できる釣り場とは?

野尻湖のバス釣りポイント8選!釣果が期待できる釣り場とは?

野尻湖はスモールマウスバスの好釣果が期待できる人気のバス釣りのポイント!野尻湖の釣り方は、おかっぱりはもちろんレンタルボートも手軽に利用できるため、ボートでの釣りにもおすすめです。野尻湖でのバス釣りの難易度はやや高めのポイントですが、初心者でも攻略できる釣り場やルアーなどをわかりやすく解説していきます。
activeldirector01 | 628 view
山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣り情報ガイド!おかっぱり・ボートのポイント8選で絶対バスが釣れる!

山中湖のバス釣りはおかっぱりとレンタルボートで楽しめます。山中湖のバス釣りポイントはデニーズ前がおすすめで、シャッド系ワームでウィードに丁寧にアプローチすれば初心者もブラックバスの反応が得やすいです。山中湖のブラックバスは放流もされているので、放流直後のタイミングにエントリーすることも大切になります。
activeldirector01 | 234 view
西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートで狙えるポイント

西湖は西湖は富士五湖の1つである山梨県の湖でバス釣りをおかっぱりとレンタルボートからブラックバスの動きを見ながらサイトフィッシングが楽しめます。西湖のバス釣りポイントはおかっぱりの西湖レストハウスがおすすめで、遠投力のあるタックルとスピナーベイト、バイブレーション、シャッドといったベイトフィッシュを意識したルアーを用意してください。
activeldirector01 | 180 view
芦ノ湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートのポイント10選

芦ノ湖のバス釣りガイド!おかっぱり・レンタルボートのポイント10選

芦ノ湖のバス釣りはおかっぱりとレンタルボートでブラックバスが狙えるポイントが豊富で、50センチを超える大型のブラックバスの釣果実績もあります。芦ノ湖のバス釣りは漁協で料金やルールが制定されているので、はじめて訪れる方は事前にチェックし、おすすめポイントの元箱根港に足を運んでみましょう。
activeldirector01 | 341 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takutakkan takutakkan
amazon