2020年5月21日 更新

スロースクワットの効果と正しいやり方とは?中性脂肪と血糖値が下がる?

スロースクワットとは、時間をかけてスクワットする筋トレのことです。スロースクワットは有酸素運動なので、筋力増加はもちろん、ダイエットやテストステロンの分泌といった効果が期待できます。スロースクワットは、関節に負担をかけずに太ももの筋力を上げることができるため、年配の人にもおすすめです。

3,616 view お気に入り 0

スロースクワットとは?

 (134461)

スロースクワットとは、時間をかけてゆっくりとスクワットをするトレーニング方法です。スロースクワットでは、体のなかでもっとも大きい太ももの筋肉を鍛えることができるため、筋肉量をあげるだけでなく基礎代謝のアップも期待できます。

簡単にできるのに負荷が大きく脂肪燃焼効果も高いスロースクワットは、道具を使わずに自宅で気軽にできるため、女性やダイエット初心者に適しています。

スロースクワットのメリット

スロースクワットのメリットは、3つあります。

足の関節に負担がかからない
いつでも気軽にできる
健康を維持できる

器具が必要なく自宅で気軽にやれるスロースクワットは、通常のスクワットと違いゆっくり時間をかけてやる分関節への負担が少ないため、年齢や性別を問わず誰でも挑戦しやすいトレーニングです。ダイエットが目的の人以外に、足腰に自信がない人や運動不足が続いている人に適しています。

スロースクワットで効く筋肉・部位

 (133625)

スロースクワットでは、4つの筋肉をメインに鍛えることができます。

ハムストリング
大腿四頭筋
ふくらはぎ
ヒラメ筋

スロースクワットで集中的に鍛えられる筋肉は、ハムストリングや大腿四頭筋といった太ももと、ふくらはぎやヒラメ筋の膝から下の足の部分であるとされています。

①ハムストリング

 (134460)

ハムストリングは、体の大部分をしめるかなり大きい筋肉なため、鍛えれば鍛えるほど効率的に基礎代謝が上がります。基礎代謝量が上がるとカロリーの消費量が増えるため、脂肪の減少によって痩せる効果が期待できます。

【場所】
太ももの裏

【特徴】
ハムストリングは、走る・飛ぶなどの動きに大きく関係しています。肉離れなどの損傷が起きてしまうと、歩く・走るといった動作ができなくなります。

【鍛えるメリット】
・基礎代謝量の増加
・運動能力の向上

②大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

大腿四頭筋は筋肉のなかで最も大きく、基礎代謝量に1番貢献している筋肉で、体全体を支える役割も持っています。

【場所】
太もも

【特徴】
大腿四頭筋は、体全体を支えており、立つ・歩くといった動作に大きく関係しています。損傷すると、立つ・座るといった動作ができなくなるのはもちろん、階段の上り下りといった動きも一切できなくなります。

【鍛えるメリット】
・基礎代謝量の増加
・運動能力の向上
・下半身の安定

③ふくらはぎ

 (131570)

ふくらはぎを鍛えることで血流の滞りが改善され、むくみや冷え性などの問題が解消され、美脚を作ることができます。

【場所】
膝から下の、アキレス腱などがある裏の部分

【特徴】
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、上半身に血液を送る役割があります。歩く・走るといった動作に大きく関係しており、人間が活動するうえで非常に大切な筋肉です。

【鍛えるメリット】
・血流が良くなる
・運動能力の向上
・美脚につながる

④ヒラメ筋

Login 窶「 Instagram (134305)

ヒラメ筋を鍛えると、血流が改善されて歩く・走るといった運動能力が上がります。

【場所】
ふくらはぎの部分で、足首までの裏側

【特徴】
ふくらはぎ同様、ヒラメ筋は血液を上半身へ送る役割があります。足首などの関節動作に関係しており、長時間立つなど、同じ姿勢を保つのに必要な筋肉です。

【鍛えるメリット】
・血流が良くなる
・運動能力の向上

スロースクワットの効果

 (131550)

スロースクワットの効果は、大きく分けると3つです。

テストステロンの増加
ダイエットできる
血糖値が下がる

スロースクワットには、生活の質を上げるたり健康を促進するといった効果があります。脂肪燃焼のみならす病気の予防につながるため、毎日習慣化すべき筋トレの1つであると言えます。

①テストステロンの増加

テストステロンは、健康を維持するうえでも非常に大切な男性ホルモンの1つで、90%以上が睾丸で作られています。テストステロンが増加すると、筋肉量や筋肉強度が上がるため、筋トレの効果を最大限に高めることができます。


【テストテロンの効能】
・集中力や記憶力を高める
・性欲や睡眠の質を高める

・男らしさを保つ

ダイエット期間中は、スロースクワットを定期的におこない、テストステロンを増やすように意識していきましょう。

②ダイエットできる

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

相撲スクワットの効果とやり方とは?女性におすすめしたい簡単筋トレ

相撲スクワットの効果とやり方とは?女性におすすめしたい簡単筋トレ

相撲スクワットは、ノーマルスクワットよりも足を大きく広げておこなうトレーニングです。相撲スクワットでは、大臀筋や内転筋、体幹を鍛えることができるため下半身の引き締めやダイエット効果が期待できます。相撲スクワットは丸いヒップを作ることができるため、お尻にコンプレックスを抱えている女性におすすめです。
shtmy21 | 973 view
サイドスクワットの効果とやり方とは?内転筋を鍛えて美脚を目指せ

サイドスクワットの効果とやり方とは?内転筋を鍛えて美脚を目指せ

サイドスクワットは下に沈み込むだけではなく、横にも体を移動させるスクワットです。サイドスクワットは普段鍛えにくい筋肉を鍛えることができ、健康で美しい脚を作り上げることができます。基礎代謝上がり脂肪を燃焼させるため、太もものシェイプアップの効果が来たいできます。
Act | 2,093 view
自重スクワットの効果と正しいやり方とは?負荷をかけて効率よく鍛えよう

自重スクワットの効果と正しいやり方とは?負荷をかけて効率よく鍛えよう

自重スクワットは自分の体重を利用して行うスクワットです。自宅で簡単に、誰でも大腿四頭筋や大殿筋などの筋肉を中心に下半身全体の筋肉を鍛えて、インナーマッスルを活性化させる効果があります。バーベルなど重りを使わない自重スクワットでも、正しいやり方と負荷をかけることで効率よく下半身を鍛えることができます。
mblue1974 | 1,036 view
ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方・フォームと効果を解説

ブルガリアンスクワットとは?正しいやり方・フォームと効果を解説

ブルガリアンスクワットとは、下半身を鍛えるトレーニングです。ブルガリアンスクワットの効果は下半身を鍛える中でも負荷が大きいので通常のスクワットに比べて効果を出しやすいトレーニングになります。そのため、ダイエットやヒップアップをしたいかたにおすすめです。
Anonymous | 1,543 view
シシースクワットの効果と正しいやり方とは?膝に負担をかけずに鍛えよう

シシースクワットの効果と正しいやり方とは?膝に負担をかけずに鍛えよう

シシースクワットは、体を後方に傾け、自分の重量を負荷にして太ももを鍛える筋トレです。シシースクワットに取り組むことで、ダイエットや体幹の強化などの効果を得ることができます。膝に負担をかけずに鍛えるには、膝とつま先の向きを揃えることが大切です。
Anonymous | 1,831 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

オリモト オリモト
amazon