2018年8月13日 更新

テニスの上達法!上手くなるため方法とは?上達しない人は理由がある【テニスコーチ監修】

テニスは、コツを掴むと上達をすぐに実感できますが、それには正しいテニス理論が必要になります。テニスを何年もやっているのになかなか上達しないという方は上達に必要な根本的なテニス理論を知らないからです。ここでは、上達に必要なテニスの上達法を各ショットに分けてお伝えしていきます。

  
6,346 view お気に入り 0

テニスが上達するための3つの必要な知識

 (33915)

テニスを上達するためには、正しい知識と効率的な練習方法が必要になります。人はそれぞれで運動構造は違い、理にかなった体の動かし方は異なります。また、グリップに応じてもスイングはそれぞれで変わり、ボールが飛んでいく原理なども上達をする上で必要な知識となってきます。

このような知識を持ちしっかりと練習を行わないといくら練習をしても上達はしません。ここでは、テニスを上達するために最低限必要な知識を3つご紹介します。

テニスを上達するための必要な知識①

 (33916)

テニスのルールを知ることで、取り組むべき練習が見えてきます。テニスコートは縦約24m横約11mの長方形で、ネットを超えなければなりません。当たり前と思うこのルールの中に上達する秘訣が隠されています。
まず、ネットを超えなければならないということは、ボールは必ず上方向に飛んでいかなければなりません。上方向に飛んだボールをコートに収めなければアウトになってしまいます。このルールからわかることは、弾道は放物線を描かないとコートに入りません。必要に応じては回転をかける必要があります。速いボールを打ちたいからといって、直線的なボールを打っても、一向に上達しないということになります。

テニスを上達するための必要な知識②

 (33918)

次にテニスを上達するために必要な知識として「道具」があげられます。テニスの道具で打球するのに直接かかわってくるのは「ラケット」「ボール」「ガット」です。もともとボールをより簡単に飛ばすためにラケットは開発されていますので、ラケットの性能を活かすようにスイングすることで、どんな非力な方でもボールを飛ばすことが可能なのです。

上達しない人の特徴として、力任せで打球し、ラケットの性能を殺してしまうスイングをしています。相手から飛んでくるボールの勢いを利用して、ラケットを使って反発させるようなスイングをすることが、上達をするための道具の使い方となります。

テニスを上達するための必要な知識③

 (33919)

テニスを上達するための3つ目の知識は、回転のかけ方です。テニスでは回転系が主流ですが、回転の原理を知ることで誰でも回転をかけられます。ラケットとボールが接触して離れるまでの時間は0.005秒、脳から運動信号を送るのに0.2秒かかるといわれています。

簡単に言うと、自分がなにかの動作を加えようと思った時には、もう、ラケットからボールがはなれているということです。上達しない人は、ボールに当たった後に腕を一生懸命こねくり回して回転します。正しい回転のかけ方は、ボールに接触する前の動作ということになります。ちょっとした差ですが、この差がテニスの上達度合に大きな差を生みます。

テニスのストロークが上手くなる上達方法

 (33920)

ストロークが上手くなるには、効率的な体の使い方がポイントになります。ラケットの反発性能を活かしつつ、体全体の動きをボールに伝えることで、誰でも勢いのボールがうてるようになります。そのためには、力をいれないことが重要になります。

人間の自然な動作でわかりやすいのが歩く動作です。歩く時にどこかに力を入れたりしませんよね?人間が動作をする上で、一番効率の良い動きが力を抜いた状態なのです。

テニスで言う力を抜くとは、グリップを握らないということですね。グリップを握らないことによって、体全体の動き、ラケット性能を活かす、ラケットダウンができる、といった様々な相乗効果を生んでくれます。

テニスでストロークが上達しない人の特徴とは?

テニスがなかなか上達しない人は、グリップを握る傾向にあります。 特に多いのが下記の2点です。

打つ意識が強いため、テークバックの段階でグリップを握る
ボールに当たった瞬間にグリップを握る

 
当たる瞬間に握れ と言われる方も多いと思いますが、当たる瞬間にグリップを握ってもボールは反発しません。なぜかという、上記にも記した通りすでにラケットからボールが離れているからです。 むしろ、当たる瞬間に握ろうとすることで、体全体の動きが止まってしまいますし、さらには握った反動でラケット面が変わる原因にもなってしまいます。
グリップを握りすぎないことが、ストロークが上達するコツとなります。

テニスのストロークが上手くなる方法

 (33921)

ストロークの上達法は、体の回転を使う練習方法です。足を肩幅に広げた状態で手を左右にぶらぶらさせます。次に、踵を蹴り返しながら手をぶらぶらさせます。すると、腕がより振られていることを感じられます。
腕に力は入れていませんが、体の回転を加えることによって腕の振られるスピードが上がったということです。体の回転を使った動作が、ストロークを上達させるための一番のポイントとなりますので、まずは上記のようにラケットを持たない状態で、腕が振られる感覚を体感してみましょう!

次に、ラケットをもって上記と同じように動作を行い、慣れてきたら、徐々にラケットを下から上へ操作していきましょう。

テニスのストロークが上達する練習方法①

 (33922)

テニスを上達するための一つ目の練習方法は「素振り」です。素振りを行う上での注意点は以下の通りです。

①横向きの状態から始める
②グリップは握らない
③上記と同じように後ろ足の踵を蹴り返すところからスイングを始める
④体の回転は、体が正面向きになった時点で止める
⑤フィニッシュ時、テニスラケットのフレームが背中に着くところまでもっていく

以上の点に注意をして、素振りの練習をすると、テニスラケットから「ビュン」という加速音が聞こえてきます。ストロークが上手くなるためには、この加速音を打点の位置で鳴らせるように、素振りの練習をしていきましょう!

テニスのストロークが上達する練習方法②

 (33923)

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
camarade20042000 | 8,431 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 264 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,452 view
バッティングセンターのコツを伝授!打てない当たらないとは言わせない

バッティングセンターのコツを伝授!打てない当たらないとは言わせない

初めてバッティングセンターに行くような野球初心者の方や女性でも、バッティングセンターでヒットを打てるようになるコツを打つ前の準備から細かく解説。また、応用編としてバッティングセンターでホームランを打つためのコツも併せて紹介しています。
onomine777 | 3,191 view
テニスの練習メニュー5選!初心者が楽しく上達するためには?【テニスコーチ監修】

テニスの練習メニュー5選!初心者が楽しく上達するためには?【テニスコーチ監修】

テニスで上達を感じる時は様々です。気持ちよく打てた時ももちろん上達を感じますが、試合でポイントを取った時がもっとも上達を感じ、テニスが楽しいと思える時です。テニス初心者が試合でポイントを取るための練習メニューを5つに分けてご紹介します。
SKコーチ | 14,967 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ