2018年6月23日 更新

バレーボールのレシーブが上手くなる方法とは?練習メニュー10選

レシーブは、バレーボールの守備から攻撃までを担う大切な動作です。トスもアタックも全てはレシーブ次第で上手くいくかどうかが決まります。この記事では、レシーブが上手くなる練習方法を10メニュー紹介します。やり方・コツまでマスターしてリベロ並の技術を身につけましょう。

  
26,107 view お気に入り 0

バレーボールが上手くなるレシーブの練習メニュー

Volleyball Women Return · Free photo on Pixabay (41512)

バレーボールの中でも負けないために必要なレシーブは、チーム全体・個人としても磨いておかなければならない技術の1つです。レシーブは、プロはもちろん、小学校や中学校、高校、大学と全ての年代でアタックやトスよりも長い時間練習されています。これは、良いトス・良いアタックに繋げれるためには、最初のワンタッチ目であるレシーブが非常に重要だから。

この記事では、バレーボールで最も大切なポイントである、レシーブが上手くなる練習方法を8パターン紹介します。リベロの方だけではなく、アタッカーやセッターもしっかりとレシーブ力を高めていきましょう。

バレーボールが上手くなるレシーブの練習メニュー①

バレーボールのレシーブが上手くなる基礎基本の練習方法と言えば、対人トレーニングです。二人で簡単に取り組める練習なため、練習時間外で上達したいというバレーボールプレイヤーにもおすすめ。バレーボールとペアで出来る手軽さも嬉しいですね。

対人トレーニング

Volleyball Women Game · Free photo on Pixabay (41513)

対人トレーニングとは、二人で向かい合った形で行うレシーブの練習メニュー。基本的な足の動きから、レシーブ→トス→アタックまでの全体像を把握しながら行えるので、初心者の方でも簡単に行えます。レシーブが上手くなるために必要な基礎トレーニングなため、しっかりとやり方についても勉強しておいてください。

対人トレーニングのやり方

バレーボール基礎パス/対人レシーブ【バレCH#99】

1. バレーボールを持って、向かい合う
2. スパイクでスタート
3. 打たれた方はレシーブで相手に返す
4. 返ってきたボールを相手の打ちやすい位置にトス
5. 最初にレシーブした方がアタックする
6. 繰り返す
対人トレーニングでレシーブが上手くなるコツとは、相手のスパイクしたボールの落下地点にすぐ足を運ぶこと。特にバレーボール初心者はすぐにボールへ飛びついてしまいがちですが、フライングレシーブは足で取れる選手が取り組んで初めて成り立つプレイになります。対人のバレーボール練習では、できるだけ足を動かして取るよう意識するとレシーブはぐんぐん上達するでしょう。

バレーボールが上手くなるレシーブの練習メニュー②

バレーボールのレシーブが上手い人の特徴として上げられるのが、瞬発的にボールへ反応するスピードです。これは男女限らず、レシーブが上手くなりたい人は、特に意識した方が良いポイントでしょう。そんな瞬発力を磨ける効果的なバレーボールの練習メニューに3メンがあります。

3メン

はる on Instagram: “寝そべってるわけじゃないよ! ボールを追いかけた結果だよ(笑) #バレー#3メン#こー見えて真面目にやってるよ(笑)#視線の先には届かなかったボールがある‼︎” (41516)

3メンとは、バレーボールのレシーブメニューでは欠かせない重要な練習です。9m×9mの広いコート内を3人で声を出し合いながらカバーするトレーニングで、瞬発力・判断力・チームワークなどのパラメータを強化できます。3メンは、取り組む人よりもボール出しが上手ければ上手いほど取り組んでいるプレイヤーの上手くなる速度は上がります。

バレーボールの練習メニューに取り入れようと考えている人は、ボール出しに大切なコツを必ず押さえておいてください。

3メンのやり方

バレーボール練習~3メン編~

1. ボール出しとボール渡し、レシーバー3人の計5人のチームを作る
2. ボール出しはフェイント・アタック・ワンタッチなど、相手チームが行う攻撃パターンをランダムに行う
3. ボールはコート内に1つだけではなく、2つや3つなど拾えるぎりぎりを意識してどんどん投げ込む
4. レシーバーは3人で声をかけあいながら、レシーブ→トスまでの流れを作る
5. 5〜10分取り組んだら交代
6. 繰り返す
3メンでレシーバーは、ボール出しの手の向きや体の動き、ボールの動きなどから瞬時に落下地点を意識することをコツとして覚えておくと良いでしょう。レシーブが上手くなるためには、練習メニューの質を高めることも大切です。レシーバーたちが上手くなるボール出しの方法などを常に考えながら、練習に取り組んでいきましょう。

バレーボールが上手くなるレシーブの練習メニュー③

バレーボールのレシーブメニューは、対人トレーニングや3メンなど、複数人で行う練習方法だけではありません。一人でもバレーボールとちょっとした環境の条件が揃えば誰でも手軽に行えます。そんな一人でできるレシーブ練習の代表格とも言えるのが壁当てレシーブです。

壁当て

バレーボール自主練<壁パス01>

89 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレーボールの練習メニュー12選!上手くなるための方法とは?

バレーボールの練習メニュー12選!上手くなるための方法とは?

バレーボールの練習メニューを基礎・基本・レシーブ・アタック・トスの4種類に分けて、上達するために必要なコツからトレーニング方法まで、上手くなるために必要な情報のみを掲載します。バレーボール初心者の方は、この記事を参考に練習メニューを組んでみましょう!
Kgsm14 | 48,314 view
水泳メニューの作り方!おすすめトレーニング&練習用メニューとは?

水泳メニューの作り方!おすすめトレーニング&練習用メニューとは?

水泳を上達させるためには、ただ闇雲に練習をしてもあまり効果がありません。では、効果的な水泳の練習をするにはどのようなトレーニングメニューを取り入れれば良いのでしょうか。本記事では、水泳練習メニューの作り方、トレーニングの効果などを徹底的に解説しています。
Spicatz | 20,870 view
サッカーのパス練習メニュー10選!【初心者トレーニングガイド】

サッカーのパス練習メニュー10選!【初心者トレーニングガイド】

サッカーでは、パスは非常に大事な技術になってきます。相手ゴールを目指すためには、なくてはならないものですから、その技術を高めるための練習をしっかりと行っていくことが重要です。そのための練習方法は沢山ありますので、それを考えていきます。
camarade20042000 | 14,928 view
水泳の練習メニュー4選とメニューの作り方や考え方!

水泳の練習メニュー4選とメニューの作り方や考え方!

水泳の練習メニューについて今回はピックアップします。初心者でも筋肉や体幹を鍛えられるトレーニングや体力の作り方、ジムでのトレーニング方法などをご紹介します。これで水泳練習初心者も安心して泳げますよ!
yuki | 36,515 view
バドミントン練習メニュー5選!上達するために大事なこと

バドミントン練習メニュー5選!上達するために大事なこと

バドミントンをする上でダブルスやシングルスで初心者が意識して欲しいショット5選を選びました!繰り返し練習することで磨かれる腕と技。練習メニューを具体的にアップしていきます。あとは実践あるのみ!!さっそく始めて行きましょう。
moriko48 | 47,097 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kgsm14 Kgsm14