2018年8月13日 更新

フォアハンドを上手に打つにはフォームと手首がコツ?【テニスコーチ監修】

テニスで最も使われる打ち方がフォアハンドです。テニスの試合でフォアハンドを武器にしたいが、実は苦手という方が多く、その理由はフォアハンド時の手首の使用とフォームにあります。3つのポイントに絞ってテニスのフォアハンドを上手に打つためのコツを解説します。

  
1,518 view お気に入り 0

テニスのフォアハンドについて

 (48024)

テニスのフォアハンドは様々ショット(展開作りのショット・回転調節・ウィナーを取るショットなど)を打つことができる、テニスの試合で最も使うショットです。利点が多いフォアハンドをテニスの試合で自信をもって打つためには、手首の安定正しいフォームを習得することがコツとなります。
ですが、フォアハンドは腕の自由が利きすぎるあまりに打点がずれやすく好不調が出てきてしまいやすくなります。

フォアハンドで陥りやすい現象

テニスのフォアハンドはバックハンドに比べ、多少打点が合わなくても腕の力だけでボールを飛ばせてしまうため、手打ち状態になりやすくなります。腕が先行したフォームでは、打球するたびに打点が毎回変わりやすくなってしまい安定しません。そうなると丁寧に打とうとして余計に腕の操作になりやすくなり、さらにボールがテニスコートの中に収まらなくなったり、勢いのないショットになってしまいます。

まずは、テニスのフォアハンドが上手に打てない原因を知ることが大切になります。

テニスのフォアハンドが上手くいかない原因とは

 (48025)

硬式テニスでフォアハンドが上手くいかない主な原因は以下の3つです。

・手首を使った打ち方
・下半身を使用しない打ち方
・正しい打点で打球できない


上記の3つで言えることは「手打ちのフォーム」ということです。テニスのフォアハンドは、リラックスをして体全体を使った打ち方をすることで、勢いのある安定したボールを打つことができます。フォアハンドが上手くいかないという場合は、その原因を知ることで修正が可能となりますのでそれぞれについて詳しく解説していきます。

手首を使った打ち方

 (48026)

テニスのフォアハンドで手首を使ったフォームになる原因は3つあります。原因と改善点をそれぞれ確認しましょう。
原因 改善
テークバック時、腕からラケットを引く 体のターンでテークバック
打球時にグリップを握ってしまう 打点に意識をもっていかず、最後まで振り切ることを意識する
横降りになってしまう 体の回転+肩を支点とした下から上のスイングをする
手首が安定しないことは、硬式テニスのフォアハンドが上手くいかない最も多い理由となります。方向がずれる場合は、手首が安定しないことが原因となるので、どの原因に属するのかを確認しましょう。

下半身を使用しない打ち方

 (48314)

テニスのフォアハンドで下半身を使用しないフォームになる原因は3つあります。原因と改善点をそれぞれ確認しましょう。
原因 改善策
グリップを強く握ってしまう グリップは指の関節を使い、支える形
ターンができていない 腕でラケットを引かず、左肩から横向きを作る
体の回転のタイミングがずれる 打点に合わせて後ろ足を蹴り返す
硬式テニスのフォアハンド下半身が使えない原因は腕に力が入ることです。下半身を使ったフォームは後述で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

正しい打点で打球できない

 (48317)

テニスのフォアハンドにおいて、正しい打点で打球できない原因は腕のスイングで打点を合わせようとすることです。
腕主体のフォームでは、打つたびにスイング軌道が異なってしまい、打点が合わなくなってしまいます。上記にあげた手首を使ったフォームや、下半身を使用しないフォームと連動していくので、これらの原因を改善することが、テニスのフォアハンドの打点安定に繋がります。

硬式テニスでフォアハンドを上手くするためには、どこに原因があるのかを知ることと、正しい修正方法を実践することにあります。以降にテニスのフォアハンドが上手くいくための打ち方について、詳しく解説していきます。

テニスのフォアハンドを上手に打つための3つのコツ

 (48027)

硬式テニスのフォアハンドが上手くなるためには、ボールをまっすぐ飛ばすこととボールに勢いを出すことです。この2つを習得するために必要となる打ち方のコツは以下の3つです。

①ボールをまっすぐ飛ばすための手首の使い方
②ボールの勢いを上げるための下半身を使ったフォーム
③ボールに回転をかけるための腕と下半身の連動


部分的な修正も可能になりますが、テニスのフォームはすべての体の動作が繋がっているため、最終的に各動作を掛け合わせることも必要になります。

フォアハンドの打ち方のコツ①手首の使い方

70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

蹴伸び(けのび)がうまくなる練習方法とは?キックと姿勢が重要

水泳において基本となる動作である蹴伸びには、どのような練習方法があるのでしょうか。本記事では、蹴伸びの練習方法について、陸上トレーニング・水中トレーニングに分けて詳しく紹介します。また、応用編として実践的な練習も紹介しています。
Spicatz | 7,628 view
平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎは水泳の種目の中でも泳ぎ方が独特な種目です。そこで本記事では、水泳の平泳ぎの泳ぎ方を徹底解説しています。平泳ぎの基本的なフォーム、正しい泳ぎ方とそのコツ、そして水泳初心者から上級者まで行える練習方法を詳しく解説します。
Spicatz | 34,272 view
アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

アンダースローの投げ方!最速で投げるためのフォームとコツ!

野球においてピッチャーの投球フォームのひとつであるアンダースローとは、どのような投げ方なのでしょうか。アンダースローの正しい投げ方からストレートを最速で投げるコツ、そしてアンダースローの投球フォームを安定させるためのトレーニングや練習方法を解説します。
Hiroshi_8 | 15,761 view
バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

バドミントンスマッシュの打ち方!最速ショットのフォームやコツ

スマッシュは、バドミントン競技において速度の速い強力なショットです。しかしながらそれと同時に難易度の高いショットでもあります。そこでバドミントンのスマッシュを最速で打つためのフォームやコツ、トレーニング方法を紹介します。
後藤晃一 | 8,837 view
ドッジボールの速い球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールの速い球!投げ方のコツとは?【初心者ガイド】

ドッジボールで速い球を投げるにはそのための投げ方を覚える必要があります。その投げ方をコツや注意点と一緒に紹介していきます。がむしゃらにボールを投げ込めばよいというわけではありません。しっかり投げ方を覚えて、ドッジボールで速い球を投げられるようになりましょう。
MOSK | 21,854 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SKコーチ SKコーチ