2019年4月13日 更新

スライダーの投げ方と握り方!カーブとの違いとは?【変化球ガイド】

野球におけるスライダーのボールの握り方や投げ方とは、どのようなものかご紹介しています。野球でスライダーのボールの握り方や投げ方を知りたいピッチャーに必見です。また、その他にも変化球の回転やリリースの仕方、カーブとの違いとは何かという点も解説しています。

  
1,899 view お気に入り 0

野球におけるスライダーとは

野球においてスライダーとは基本的に横にスライドして変化する変化球のことを指します。
高校野球やプロ野球の世界でも多くのピッチャーがこのスライダーを武器にして投球をしています。また、スライダーは、ストレートとの投げ方や球速差がそれほど大きくないために、バッターがストレートだと思ってボールを打ちにいったところで急に手元で変化する特徴も持っているため、バットの芯を外してバッターを打ち取ることができるなど、非常に有効な変化球となのです。
スライダーを身につけることで、野球のピッチャーとして投球の幅が大きく広がるので、ボールの握り方と投げ方をしっかりと理解し、自身の投球に活かしていくことをおすすめします。

スライダーの種類

横にスライドして変化する変化球のことを指すスライダーですが、その中にも縦に変化するスライダー斜めに変化するスライダーなども存在します。
この差はスライダーを投げるピッチャーの投げ方や握った際の指先の力加減、まははオーバースローなのかサイドスローなのか、アンダースローなのかというように、様々な要因が考えられます。同じボールの握り方で同じ投げ方をしたとしても、その人によってボールに生じる変化は異なってきます。
スライダーがどのような変化をするかという点が重要ではなく、自分はどのようなスライダーを投げることができ、どれだけ質の良い変化球にできるかという点が重要です。

野球で効果的なのは横と縦のスライダー

高校野球やプロ野球の世界で主にピッチャーが投げているスライダーは横に変化するスライダー縦に変化するスライダーです。
横に変化するスライダーでは、ストライクゾーンの幅を活かしてバッターにインコースとアウトコースを意識させた投球をすることができます。また、縦に変化するスライダーはバッターをツーストライクに追い込んだ後に、ストライクゾーンからボールゾーンに落ちるスライダーを投げることで空振りを取ることができます。
この2種類のスライダーは、ピッチャーにとって大きな武器になりますが、必ずしもスライダーは横と縦に変化しなければならないということではありません。その人独自の特徴のあるスライダーも魅力になります。

野球でスライダーを投げる際の握り方①

ストレートの握りから少し指を外側にずらす

変化球の投げ方 握り スライダー

スライダーの握り方は、動画のようにストレートの持ち方から指を外側にずらします。そしてイメージ的には、その外側にずらした人差し指と中指でボールの横半分をひっかくイメージです。
握り方が上手くいき、ボールに強い高速回転をかけることができればボールは横にスライドします。人によっては縦に変化するかもしれません。このスライダーの握りでボールがどれだけ高速で回転しているか、回転軸はどの方向に向いているかという点も変化に大きな影響を与えます。

野球でスライダーを投げる際の握り方②

力を入れる指や力の強さで変化が変わる

Baseball Pitcher Pitching · Free photo on Pixabay (52545)

スライダーの投げ方のなかでそれぞれの指にどの程度力を入れてボールを握るかという点はボールの変化に大きな影響を与えます。
例えばボールを握る際に、指先に力を強めに入れてボールを握って投げるとボールの回転数が上がって変化量が小さいものの、よりバッターの手元で変化したりします。反対に指先の力を抜いてボールを投げると、それほど手元で変化しないもののボールの変化量が大きくなったりします。
スライダーに限らず変化球は投げる人によって、変化の軌道や変化の大きさが異なってきます。人差し指と中指、親指の3本でボールは支えられていますが、自分が理想とするスライダーを投げるためにそれぞれの指の力加減を意識してみましょう。

野球でスライダーを投げる際の握り方③

浅い握りか深い握りかで変化が変わる

スライダーを投げる際にボールを浅い握りにしたり、深い握りにしたりすることでもボールの変化を変えることができます。
一般的にはボールを浅く握ることで、ボールにより多くの回転を加えることができるため、速度が速くバッターの手元で変化するスライダーを投げることができます。反対にボールを深く握ることで、速度は遅く回転数も少ないものの、大きく変化するスライダーを投げることができます。
指先に加える力を調整することで、スライダーの変化を変えることができますが、それと合わせて握り方を浅くしたり深くしたりすることでスライダーの変化のバリエーションを増やすことも可能です。指先の力加減と握り方を工夫することがポイントです。

野球でスライダーを投げる際の握り方とは④

手首を固定し指先と腕の振りで変化を変える

スライダーを投げる際の手首や腕の形は基本的にストレートを投げる時と同じ形で、人差し指と中指、親指の3本でスライダーを投げる握りをしたら、ストレートを投げる時と同じような意識で腕を振ります。
たまにスライダーを投げるからと言って、投げる際に手首を捻って回転をかけようとする方がいますが、これは手首や肘を痛めてしまう原因となるうえ、手首の捻りだけではボールに強い回転を加えることはできないので、結果的にボールも変化しないのです。
スライダーに限らず変化球は手首の捻りでボールに回転を加えるのではなく、握りや腕の振りで回転をかけるようにしましょう。

野球でスライダーを投げる際の握り方⑤

回転をかけやすいように縫い目に指をかける

スライダーの投げ方はストレートの握り方から人差し指と中指を少し外側にずらすという簡単なものでしたが、それぞれの指がしっかりとボールの縫い目に引っ掛かっていなければ、ボールに回転をかけることはできません。
ボールの持ち方や投げ方も重要ですが、しっかりとボールに高速回転をかけることができなければボールの軌道は変化せず、効果的なスライダーを投げることにもつながりません。
特に人差し指と中指は、ピッチャーのリリースの際にボールに回転をかけるために非常に重要な役割を果たしています。スライダーの握り方を理解したらそれぞれの指をしっかりとボールの縫い目にかけ、強い回転をかけられるようにしましょう。

野球でスライダーを投げる際の握り方とは⑥

投げ方が違っても握り方は同じ

78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

野球のピッチャーの最も基本的な球種はストレート…いわゆる直球です。ストレートは、すべてのピッチャーが投じることができる球種であり、全投球数の半分以上を占めるというピッチャーも多いはず。ここでは、改めてストレートを解説しますので、ブラッシュアップしてください。
MARUO KAZUHIRO | 202 view
フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

野球の変化球の一種であるフォークボールについて、その握り方や投げ方を含めて説明します。打者の手元でストンと落ちるフォークボールは、空振り三振を奪える、縦の変化球でプロ野球選手でも持ち球にしているピッチャーは多いです。フォークを学んでレベルアップしよう!
MARUO KAZUHIRO | 1,031 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球ではパームボールを投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 1,043 view
ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルは投げ方が独特な変化球のため、野球で投げるピッチャーは少ないですが、予測不能な変化でバッターはナックルとわかっていてもミートするのが難しく、マスターできれば強力な武器になります。ナックルの投げ方と握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 1,246 view
シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

野球の変化球の一種であるシュート(shootball)は、利き腕側に曲がります。ここでは、シュートボールの投げ方と握り方について説明するとともに、投げる際のコツにも触れます。比較的投げるピッチャーが少ないシュートをマスターして、ピッチングの幅を拡げましょう!
MARUO KAZUHIRO | 2,078 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

noah1711 noah1711