2019年4月13日 更新

スライダーの投げ方と握り方!カーブとの違いとは?【変化球ガイド】

野球におけるスライダーのボールの握り方や投げ方とは、どのようなものかご紹介しています。野球でスライダーのボールの握り方や投げ方を知りたいピッチャーに必見です。また、その他にも変化球の回転やリリースの仕方、カーブとの違いとは何かという点も解説しています。

  
2,475 view お気に入り 0
ボールの握り方や投げ方を注意し、よりボールに高速回転かけることでスライダーを手元で変化させることができます。
ストレートとほとんど変わらない球速で手元で変化するスライダーは、ピッチャーにとって大きな武器となり、時にこのようなスライダーは、高速スライダーと呼ばれることもあります。
スライダーはストレートと変わらない投げ方で投げることもできるため、よりバッターに簡単に的を絞らせない投球が可能です。ボールの持ち方や投げ方に注意するのと同時に、手首や握力を強化することによってスライダーをより高速で回転させられるように意識してみましょう。投げ方が同じで手元で変化するボールは簡単に打たれません。

野球においてのスライダーとカーブの違い①

スライダーはカーブより回転数が多い

スライダーとカーブの違いの一つとして回転数があげられます。
スライダーは人差し指と中指でボールをひっかくイメージでボールを投げるため、ボールに高速回転がかかりますが、その一方でカーブは、リリースする際にボールを人差し指から抜くような投げ方のため、スライダーと比較して回転数が少なくなります。また、カーブは人差し指から抜くような投げ方のため、スライダーよりもスピードがスローになります。
そしてスライダーの回転が基本的にドリルのような回転で横にスライドする軌道で変化するのに対し、カーブは縦回転で一度浮き上がってから落ちてくるような軌道を描きます。腕や肘の使い方が同じでもリリースの仕方で変化が変わります。

野球においてのスライダーとカーブの違い②

スライダーはカーブよりも球速が速い

速いストレート エグいカーブ 楽天 則本昂大 ブルペン投球練習(ストレート カーブ スライダー)Takahiro Norimoto

スライダーとカーブは回転数の違い以外にも球速にも大きな違いがあります。
プロ野球の世界になると、カーブは一般的に110キロから120キロ後半程度の球速になりますが、スライダーは130キロ後半から150キロ近くのスピードで投げるピッチャーがいます。そのためカーブはバッターのタイミングをずらしたり、カウントを取るために投げるピッチャーが多い球種です。
その一方でスライダーは、ストレートとほとんど変わらないスピードで変化するので、主にピッチャーが空振りを取りたいときやバットの芯を外してバッターを打ち取りたい時などに使う球種になります。どちらの球種も特徴を活かすことによってより効果的な変化球になります。

野球においてのスライダーとカーブの違い③

スライダーは変化の大きさがカーブよりも小さめ

スライダーとカーブの違いの中に変化量の大きさがあります。一般的にスライダーは、ストレートに近い高速で変化するため変化量は小さめになります。一方でカーブはスライダーと比較して球速は遅くなり、変化量は大きくなります。
スライダーはストレートに近い高速で変化しますが、変化量は小さくなるためバッターのバットの芯を外す際などは非常に効果的な球種になります。ストレートを狙っているバッターなどにはスライダーでバットの芯を外したり、内野ゴロに打ち取ることが良いでしょう。
カーブは球速が遅いもののストレートとの球速差が大きいため、ストレートと上手く組み合わせることでタイミングを外す球種として効果的です。

野球においてのスライダーとカーブの違い④

スライダーはカーブよりも手元で変化する

スライダーとカーブはそれぞれボールが変化するタイミングが異なります。
基本的にはスライダーはバッターの手元に来てから変化するのに対し、カーブはピッチャーの手元を離れてすぐに変化していることが分かります。そのためスライダーをバッターに対して投げると、バッターはストレートだと思ってバットを振りに行きますが、振りに行った時にはボールが変化しているという状況になります。よってバッターはボールが手元に来てから対処するのが難しく、芯を外して打ち取られるか、空振りしてしまうことが多くなります。
カーブは変化のし始めが早いものの、変化量が大きくストレートとの球速差があるため、芯でとらえるのが難しくなります。

野球においてのスライダーとカーブの違い⑤

スライダーは縦と横の変化がある

カーブ,スライダーの軌道の違い

カーブは基本的にピッチャーの手を離れてから、一度浮き上がるように上から下に斜めに落ちてくる軌道を描き、スライダーは右ピッチャーであれば左方向に、左ピッチャーであれば右方向にスライドします。
しかし、スライダーの場合は投げるピッチャーによって横にスライドするだけではなく、下に落ちる変化をする場合があります。これは同じスライダーの握りをしたとしても、その人の投げ方や握力、力の加減で変化が変わってきます。
もちろん横に変化するスライダーと縦に変化するスライダーの両方を投げ分けることも可能ですので、変化球練習の際にどうにすればスライダーの軌道をコントロールすることができるか試してみましょう。

野球においてのスライダーとカーブの違い⑥

スライダーはカーブより回転数が多く速いため飛びやすい

Hit Catcher Baseball Home · Free photo on Pixabay (52567)

スライダーとカーブは球速に大きな差がありますが、回転数もスライダーの方が多くなる傾向にあります。
そしてスライダーは、回転数が多いのに加えて球速もあるため、ボールの反発力が大きくなりバットの芯でとらえられると遠くまで飛びやすい球種となります。スライダーは球速があり手元で変化するため非常に効果的な球種になりますが、甘いコースに投げてしまうと長打につながるリスクがあります。
一方のカーブは、スライダーと比較してボールの回転数が少なめで球速も遅いため、スライダーと比べると大きな当たりにはなりにくいですが球速が遅い分バッターに見極められる可能性が高くなりますそれぞれの長所を活かしたピッチングをしましょう。

野球においてのスライダーとカーブの違い⑦

スライダーとカーブは回転の仕方が違う

【スーパースロー】野球 投球リリース カーブ

78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

ストレートの握り方と投げ方とは?キレのあるストレートを投げよう

野球のピッチャーの最も基本的な球種はストレート…いわゆる直球です。ストレートは、すべてのピッチャーが投じることができる球種であり、全投球数の半分以上を占めるというピッチャーも多いはず。ここでは、改めてストレートを解説しますので、ブラッシュアップしてください。
MARUO KAZUHIRO | 837 view
フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

フォークの投げ方とコツ!ポイントはボールの握り方と回転のかけ方?

野球の変化球の一種であるフォークボールについて、その握り方や投げ方を含めて説明します。打者の手元でストンと落ちるフォークボールは、空振り三振を奪える、縦の変化球でプロ野球選手でも持ち球にしているピッチャーは多いです。フォークを学んでレベルアップしよう!
MARUO KAZUHIRO | 2,589 view
パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールの投げ方とボールの握り方とは?変化球をマスターしよう

パームボールは投げ方とボールの握り方が独特なため、最近の野球では投げるピッチャーがほとんどいなくなりましたが、マスターすることができれば大きな武器として使える変化球です。パームボールの投げ方とボールの握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 1,821 view
ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルの投げ方とボールの握り方!変化球の投げ方をマスターしよう

ナックルは投げ方が独特な変化球のため、野球で投げるピッチャーは少ないですが、予測不能な変化でバッターはナックルとわかっていてもミートするのが難しく、マスターできれば強力な武器になります。ナックルの投げ方と握り方、うまく投げるためのコツを詳しく解説します。
Hiroshi_8 | 2,020 view
シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

シュートの投げ方と握り方!上手く投げるコツはボールの握りと回転

野球の変化球の一種であるシュート(shootball)は、利き腕側に曲がります。ここでは、シュートボールの投げ方と握り方について説明するとともに、投げる際のコツにも触れます。比較的投げるピッチャーが少ないシュートをマスターして、ピッチングの幅を拡げましょう!
MARUO KAZUHIRO | 3,539 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

noah1711 noah1711