2019年1月3日 更新

ハンドボールのサイドの役割や動き方とは?【ポジション理解編】

数少ない得点のチャンスを確実にもぎ取らなければならないサイドポジション。他のコートプレイヤーとも役割は違いシュートに関しては一番技術力が必要なのではと考えられます。 今回はサイドプレイヤーの役割や動き方上達方法を紹介していきたいと思います!

16,536 view お気に入り 0

ハンドボールにおけるサイドとは?

 (9973)

ハンドボールのサイドはチャンスを活かせ!

サイドはどんなポジション?

 ハンドボールで最もシュートが難しいサイドシュート。DFによって限られた範囲でしかシュートを狙えないし、チャンスも少ない。。
 その少ないチャンスをものにするべく今回は各左右にとってのポジションの役割、動き方や攻め方についてわかりやすく、みなさんのハンドボールにとってのプラスアルファになるようにアドバイスできたらと思います!

左右によって役割が違う

 ハンドボールでのポジションでは主にセンターから中心にフローター、サイドが右利きが多く、逆フローター、逆サイドなら左利きと利き腕によって有利な時があります。
 もちろん逆サイドポジションも右利きのサイド選手がいますがよりゴールキーパーに対して攻め方として有利なら左利きの方がいいでしょう。
 このようにハンドボールはポジションが左、右によって役割と攻め方や動き方が異なります。次の項目ではよりサイドの役割について解説していきたいと思います。
 

ハンドボール サイドシュート特集

ここでは海外のハンドボール選手の左右のサイドシュートを見てみましょう。
海外のハンドボール選手はサイドシュートのフォームが非常に綺麗なので参考にしてみると良いでしょう。

サイドポジションでの役割は??

サイドシュート

 ハンドボールでのサイドポジションは世界的にウィングプレーヤーと呼ばれています。サイドはチャンスが少ないと言っていましたが、得点での影響としてはサイドシュートが入るチームは確実に強いチームの特徴の一つです。
 なぜそう言ってしまえるのかというとハンドボールはフローターポジションが得点を取るのはもちろんですが、サイドが多く得点を取るという役割ができていれば全ポジションに得点が取れ、DFも誰をターゲットとして絞るかわからなくなるからです。

速攻

 ハンドボールでの最も得点が取れるシュチュエーション速攻。
 この場合サイドの役割、攻め方としては真っ先に自身のポジションに走らなければなりません。となると、サイドプレイヤーとしては速攻として飛び出すのに必要な瞬発力、と足の速さが必要となります。攻め方としても左右両方の選手が足が早ければより速攻への得点チャンスが生まれ、相手DFとしてもプレッシャーにつながります。
 会場中が注目しているワンマン速攻(サイドが敵DFでフリーの時)では味方の期待も乗せてるだけあり、外したくはないですね。
 しかし、もし速攻ができなかった場合。動き方としてはフローターの選手にボールをつなぐという攻撃の起点の役割も担っています。
 このようにハンドボールはDFを守ったら速攻へと攻め方を切り替え、サイドポジションは真っ先に敵のDFに攻める動き方が必要です。

ハンドボール 速攻のポイント 基本的な考え方。

ここの動画では速攻でのサイドの役割についてより詳しく紹介しているので、動画でバックプレイヤーとの連携やハンドボールコートを大きく使った速攻、サイドの走るコースに注目しましょう。

サイドポジション以外でのシュート

 ハンドボールはポジションが固定でそこでシュートを狙わなければならないという理由はありません。サイドプレイヤーが動き方、攻め方次第でフロータからシュートを狙いに行ったりと状況が変わっていきます。
 現代のハンドボールでは特に、サイドが固定で動くということは少なくフローターとクロスし、回り込んでシュートを狙いに行くという攻め方も存在します。またダブルポストといった攻め方で、もう一人のポストプレイヤーとしての役割もあります。
 このようにサイドシュートだけでは得点は多く取れないので一点でも多く取りたいのではあれば味方との連携は必須となります。なのでハンドボールのサイドプレイヤーもある程度のフィジカルも必要となります。

バックアップ

 ここではハンドボールのサイドポジションでの役割として改めておさらいしてみましょう。
 サイドとフローター、サイドとポストとこの組み合わせで動き方、攻め方で得点を取れるチャンスが広がります。これは先ほどもお伝えしました通り、回り込んでシュートやポストへのポジション変更と攻め方をより有利にするための動き方であり、左右のサイドポジションはハンドボールではバックアップ的なポジションでもあります。速攻でも自らが点を取りに行くことが大前提ですが、いけなかった時などは味方へチャンスをつなぐことも一つの役割、攻め方なのです。
 このようにサイドポジションはサイドシュートだけしか狙わないと行った役割もなく、ハンドボールコートを大きく使ってより動き方や攻め方のレパートリーを増やしていきましょう。

【ハンドボール】サイドプレーヤーの働き。大同山城選手。

この動画ではハンドボール大同、山城選手のプレーを見てハンドボールでのサイドはどのような動き方、攻め方をすればいいのかと見て見ましょう。

ハンドボールのサイドは技術、筋力が必要!

 このカテゴリでは先ほどはハンドボールのサイドプレイヤーとしての役割についてスポットを当て説明してきましたが、ここではサイドプレイヤーにとってどのような練習や技術が必要なのかを説明していきたいと思います。

スピンシュート

 サイドシュートの時にコースがなかった時にじゃあどのようにして点を取ればいいのだと思いますがこの時にスピンシュートというハンドボールに回転をかけてキーパーの足元で曲がりゴールを狙うといったシュートです。
 しかし、このシュートはかなりの高難易度で多くの練習を積み重ねていかなければなりません。シュートのコツ、動き方としてはハンドボールを下に振り下ろす時に抱え込むようにして手首を曲げ最後にスナップを効かせると回転がかかりシュートが曲がります。
 難しいシュートですがサイドシュートはチャンスが少ない分、自分をアピールするためにもワンマン速攻で足を上げたキーパーにスピンシュートをすることで間違いなく会場中が盛り上がるでしょう。

スピンシュートについて [ハンドボール]

スピンシュートでは
手首や指先の感覚が大事になってきます。ここでは動画を見て実際のスピンシュートはどのくらい曲がっているか見てみましょう。

高く遠く飛ぶ

 ハンドボールのコート上、サイドプレイヤーはゴールの角度が他のポジションより狭い分より高く少しでも遠くへ飛ばなければなりません。しかし、遠くへ飛ぶんだと意識してしまうと滞空時間が短くなってしまい、高く飛ぼうとするとキーパーがずれてくれないなど、難しいところですが、これはひたすら練習すこと以外にありません。練習を積み重ねて行くことにより高く、遠くへ飛ぶことができるでしょう。
 シュートでの動き方としては勢いをつけることが大前提であり、左右によって違いますが踏み込む足はかかとからしっかりと踏み込んで膝を曲げることがコツです。飛ぶ時にはしっかりと踏み込む足の逆側は高く上げましょう。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
mblue1974 | 14 view
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
和田拓也 | 10 view
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
activeldirector01 | 97 view
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
MARUO KAZUHIRO | 82 view
バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

バレーボールのポジションと役割や動きとは?フォーメーションの解説

6人制バレーボールでは、ポジションごとに役割と動きが違います。ウイングスパイカー・オポジット・ミドルブロッカー・セッター・リベロという5ポジションに分類して、その役割と動きを、ルールとフォーメーションを絡めて詳しく解説します。各ポジションの名称や役割を知って、よりバレーボールを楽しんでください。
まる蔵 | 2,704 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aaakm aaakm
amazon