2019年7月3日 更新

卓球ラケットの選び方!初心者が絶対知りたい情報まとめ

卓球のラケットと一口にいっても、シェイクやペンホルダーの種類、グリップの形、そして性能など幾つかのポイントがあり、卓球ラケットの選び方にはある程度の知識が必要となります。自分に合った最適なラケットの選び方について、初心者の方に向けた基礎知識を解説していきます。

  
204 view お気に入り 0

卓球のラケットを選ぶには6つのことを意識しよう

Table Tennis Ping-Pong Bat - Free image on Pixabay (79996)

卓球入門者の自分に合った卓球のラケットの選び方には、まず卓球で勝負するための戦型(プレースタイル)を決める必要があります。

なぜならば、戦型によって使用するラケットに違いがあるからです。戦型は、大きく分けて攻撃と守備型の2種類に分けることができます。戦型が決まってから次の選び方として、ラケットの形や重さなど細部1つ1つに渡って使いやすいものを選択して、最終的に入門者のラケットが決定します。

決定に至るまでの卓球ラケットの選び方のポイントは、主に戦型、種類、グリップ、板の構成、性能、主要メーカーの6つ​です。卓球初心者は6つを意識して、自分におすすめの1本を手繰り寄せましょう。

ラケットの選び方①プレースタイル

卓球は、試合で戦うためのプレースタイルがあり、主に攻撃型と守備型の2種類があります。ラケットの選び方の第一歩として、卓球で自分がどのようなプレーをしたいのかによって使用するラケットの選び方が決まります。
世界の卓球トッププレーヤーの多くは攻撃型で、卓球の特徴とも言える攻撃的なラリーの連続は迫力満点で、多くの卓球ファンを魅了します。

ラリーはまさに、卓球の醍醐味と言っても過言ではありません。守備型は、相手の攻撃に対して隙なく守って相手のミスを待つスタイルで、攻撃型との違いが明らかですが、近年では守り一辺倒ではなく、チャンスがあれば攻撃を仕掛けるプレーヤーが活躍しています。

攻撃型

卓球の攻撃型は、卓球界で主流となっているプレースタイルです。

攻撃型の特徴の1つ目は、シェイクハンドやペンホルダーといったラケットの種類に関わらず対応することができるので、ラケットの選び方の幅が広いことです。2つ目はボールに前進方向の回転をかけて攻撃するドライブマンや卓球台から離れずにスマッシュを打ち込む速攻型の前陣と、練習や試合の中で迫力あるプレーができることが挙げられます。

一般的には、攻撃型がおすすめされるプレースタイルです。ちなみに、日本人トッププレーヤーの攻撃型選手は、水谷隼選手や張本智和選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手と、一度は聞いた事のある選手ばかり名を連ねています。

守備型

卓球の守備型は、卓球界でカットマンと呼ばれ、相手のドライブ回転の球種やスマッシュボールに対して、主にボールに下回転をかけて攻撃をしのぐプレースタイルです。

守備型は、攻撃型と違いシェイクハンドのみと選び方が限定されますが、独特なプレースタイルは、攻撃を交わすほどプレーに注目されやすく、攻撃型の選手がカットマンのプレーに魅了されて練習や試合中に真似するほどの奥深さをもっています。

相手のミスを誘うなど粘り強い気質の方におすすめしたいプレースタイルです。守備型の日本人トッププレーヤーでは、日本人初のプロ選手となった松下浩二元選手が守備型のカットマンで活躍しました。

ラケットの選び方②種類

卓球のラケットは、シェイクハンドとペンホルダーの2種類があります。

さらにシェイクやペンホルダーには、ドライブ攻撃や速攻攻撃、カット用、オールラウンド用など戦型に合わせる形でラインナップされています。また、選び方として戦型の特徴を存分に発揮するためには、シェイクやペンホルダーとラバー(面に貼り合わせるゴム状のシート)の選び方が重要となります。

近年の卓球界では、ペンホルダーのシェアが減少しつつあり、シェイクハンドを使用する選手が多く見られるようになりました。今や卓球初心者やトッププレイヤーの多くの選手がシェイクハンドを使用している人気ぶりは否めませんが、ペンホルダーの速攻もシェイクと違い魅力的です。

シェイクハンド

 (80007)

シェイクハンドは、握手するようにラケットを握ります。シェイクの特徴は、卓球初心者の方でもラケットが握りやすく、練習や試合中にボールが飛んでくる位置によって表面と裏面を簡単に切り返すことができる使いやすい点が挙げられます。

また、シェイクハンドには、攻撃に適した威力のあるシェイクやコントロールを重視としたオールラウンド用シェイク、守備型のカット用シェイクなど幅広くラインナップされています。

シェイクハンドは、初心者にとって使いやすい、強烈なドライブ回転を打つことが可能な一方で、台上の小技がしにくいデメリットをもっていますが、初心者が種類に迷ったときは、まずシェイクをお試しする選び方をおすすめします。

ペンホルダー

 (80009)

ペンホルダーは、ペンを持つようにラケットを握ります。ペンホルダーは、昔から親しみのある卓球ラケットで、手首の可動域の広さはシェイクと違い、台上での小技を仕掛けやすい特徴があります。

ペンホルダーには、4つの種類があります。
種類 特徴
日本式ペンホルダー(ドライブ用) ドライブ攻撃
日本式ペンホルダー(速攻用) フォアハンドとバックハンドの切り替えがしやすく攻守適応
中国式ペンホルダー 握りやすく操作性に優れている
反転用ペンホルダー ラケットを反転させながら多彩な球質を生み出す

ラケットの選び方③グリップ

Table Tennis Sport Games - Free photo on Pixabay (80000)

グリップは、卓球ラケットの選び方で特に重要視すべき項目で、自分の手に馴染むグリップの選び方が重要となります。グリップは、卓球の練習や試合中に握り続ける部分で、少しでも違和感を感じると、プレーに大きく影響を与えることや、人間の成長過程において、指や手のひらが大きくなり、手にフィットしていたグリップが徐々に合わなくなってきた場合は、買い替えが必要となってきます。

また、シェイクハンドには、グリップ形状の異なる3種類のグリップが用意されています。実際に全ての形状を握り、感触や個々の違いを確かめる選び方をおすすめします。ペンホルダーの場合は、指が当たる部分をやすりなどで削り、使いやすいラケットにします。
68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

硬式テニスのラケットの選び方ガイド!初心者におすすめのポイントとは?

初心者プレーヤーが硬式テニスラケットを選ぶときにチェックしたいことと共に、初心者におすすめの選び方のポイントをご紹介します。知っておくと将来的にも役立つラケットのスペックについてもご説明します。ぜひラケット購入の際の参考にしてみてください。
園城寺 希 | 918 view
テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10本と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスの初心者にとってラケット選びは、今後のテニスライフを左右するほど、大事です。初心者がテニスラケットを選ぶときに知っておきたいポイントとおすすめのテニスラケットを、ランキング形式でご紹介しますので、購入する際のしっかりとポイントを押さえておきましょう!
SKコーチ | 131,187 view
卓球ラケットケースの人気おすすめ厳選20選!バタフライ・ミズノなど

卓球ラケットケースの人気おすすめ厳選20選!バタフライ・ミズノなど

卓球ラケットを保護するラケットケースはデザインも収納力もさまざまです。これから卓球を始める初心者の方向けに、おすすめの卓球ラケットケースをご紹介します。デザイン性に富んだかわいいものが多くて選ぶのに困ってしまうほど。ぜひ参考にしてみてください。
鈴木明子 | 12,037 view
バドミントンラケットのおすすめ人気ランキングTOP10

バドミントンラケットのおすすめ人気ランキングTOP10

バドミントンを始めるにあたって最も重要な道具はラケットです。この記事ではバドミントンラケットにはどのような種類があるのか、性能や素材にどのような違いがあるのか、どのようなラケットがおすすめなのかをわかりやすく比較して解説します。
K_Yuto | 235,811 view
卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

攻撃の第1球とも言われる卓球のサーブの打ち方、そしてやり方はとても大事です。これが習得できているか、いないかの違いで卓球の試合で勝つ確率が大幅に変わってくるからです。しっかりと卓球のサーブの打ち方とやり方を習得して、卓球の技術を上げていきましょう。
MOSK | 112,301 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k