2018年5月6日 更新

バドミントンラケットのグリップ特集!太さやサイズのこだわりとは?

バドミントンラケットのグリップにはどんな判断基準があるのでしょうか?太さやサイズはどれくらいこだわりが?そんなラケットのグリップに関する選び方の紹介とおすすめをご紹介します。グリップのサイズは実は戦略にも関わるのです。関連するグリップテープについても触れます。

  
19,911 view お気に入り 0

バドミントンラケットの種類

Badminton Cliparts - Clip Art Library (6417)

一般的にバドミントンラケットの種類はグリップと振りさばきで分別される

バドミントンラケットをいざ買おうと思うと、色々な種類が出てくると思います。
バドミントンラケットのブランド名はもちろんですが、「サイズ」、「フレックス」、「スウィングバランス」など難しい専門用語が並んでいて悩む方もいるのでは?

バドミントンラケットは、主にグリップのサイズ・重さと振りさばきで分別されます。

まずは知ってほしいバドミントンラケットグリップの選び方

バドミントンラケットの柔らかさやバランスなどすべて総合した選び方がベストかもしれませんが、今回はグリップ部分に特化した紹介をします。

バドミントンラケットのグリップの太さ、ラケットそのものの重さについて理解していれば、少なくとも自分に適したバドミントンラケットを手に入れることができるでしょう。

バドミントンラケットのサイズ

Laws of badminton (6418)

バドミントンラケットはサイズが規定されています。
フレームの全長が680mm以内、幅は230mm以内。
この規定サイズから外れたバドミントンラケットは販売されていません。
つまり、サイズにおけるバドミントンの種類という概念はありません。
バドミントンの種類は、サイズの代わりに重さやグリップの太さによって変化づけられています。

バドミントンラケットのグリップの太さ

Free illustration: G, Letter, Alphabet, Alphabetically - Free Image on Pixabay - 1015535 (6419)

グリップの太さは「G」という単位で表記されます。
太さはG4、5、6の3タイプが主に使われており、特にその中でもG5が一般的です。
G5のみを販売するバドミントンラケットが主流になりつつあるようです。

G4=太さが細いことで握り替えの機敏性が出る細いタイプのグリップ

G4は手が小さいバドミントンプレイヤーにおすすめの太さです。最も細く、女性のバドミントン練習にはおすすめです。

また、バックハンドとフォアハンドの握り替えが素早くできることも特徴の一つです。機敏性が高いことが優先されるバドミントンプレイヤーにはおすすめですね。グリップの太さはバドミントンの戦略にも関わってきます。

G4=カスタマイズ性が高い太さのグリップ

G4タイプのグリップは、このほかに細いがゆえにその上にテープを巻きやすいというこだわりポイントがあります。

他記事で紹介したように、オーバーグリップテープやアンダーラップでバドミントンラケットのグリップを自分の手に合うように調整する手順が発生した際に、様々なテープを巻いても太くなりすぎないのがG4グリップの良いところです。

太さはほしくないけれどクッション性や通気性のカスタマイズにこだわりがあるバドミントンプレイヤーは、G4が正しい選び方です。

G5=一般的で誰にでも適応する太さのグリップ

G5は最も市販のバドミントンラケットに多くみられる太さです。
太い、細いというよりはバドミントンラケットと言えばこの太さ、という所でしょう。

特にこだわりのないバドミントンプレイヤーやこれからバドミントンを始めるバドミントン初心者の方は、まずはG5を購入するのが無難な選び方なのでおすすめです。

G4やG6の太さは見つけづらくても、G5がないバドミントンラケットは皆無でしょうから選ぶ時もトラブルはないはずです。

G6=大きい手にあわせた太いグリップ

手の大きい男性バドミントンプレイヤーは太いG6がおすすめのグリップの太さです。
手が大きいというと手のひらの部分が大きいことを想像する方も多いと思いますが、バドミントンラケットのグリップについては、指の長さが握り心地に大きく影響します。

あまり手が大きい印象のない方でも、指が長いとG6の太さがしっくりくるという声も聞くので、G5とG6の太さを持ち比べるのが一番良い選び方でしょう。

G6=カスタマイズの時はインナーグリップテープを外すのもこだわりの一つ

G6は太いと一言で言っても、オーバーグリップテープやアンダーラップのカスタマイズをしたほうがやはりバドミントンはしやすくなります。
元の太さが邪魔してカスタマイズするとあまりに太いという場合は、インナーグリップテープを外してしまいましょう。

バドミントンラケットのタイプにもよりますが、インナーグリップテープを外してアンダーラップとオーバーグリップテープを付けたほうが手にあうという意見が多いです。

バドミントンラケットのグリップの長さは全種ほぼ一定

無料の写真: メジャー, センチメートル, メーター, 測定, 痩身, 精度, 機器 - Pixabayの無料画像 - 1897778 (6420)

83 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グリップテープおすすめ10選!選び方と効果は!?【バドミントン】

グリップテープおすすめ10選!選び方と効果は!?【バドミントン】

バドミントンの滑り止め・握り心地の向上に必要なグリップテープとは一体何なのでしょうか。グリップテープの選び方と種類、それぞれの効果について使う方との相性も含めて紹介します。グリップテープのおすすめ商品もご紹介しますのでご覧ください。
yuki | 63,325 view
テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10選と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスラケット!初心者に絶対おすすめしたい10選と選び方とは?【テニスコーチ監修】

テニスの初心者にとってラケット選びは、今後のテニスライフを左右するほど、大事です。初心者がテニスラケットを選ぶときに知っておきたいポイントとおすすめのテニスラケットを、ランキング形式でご紹介しますので、購入する際のしっかりとポイントを押さえておきましょう!
SKコーチ | 53,988 view
バドミントンラケット!ウィルソンおすすめ10選と選び方のポイント

バドミントンラケット!ウィルソンおすすめ10選と選び方のポイント

バドミントンラケットのメーカーとして大人気のウィルソンおすすめラケットをご紹介します。ウィルソンのラケットの選び方や、初心者でも選べるウィルソンのラケットも解説します。これからウィルソンのラケットを購入したいと考えている方はぜひチェックしてみてください!
yuki | 13,965 view
卓球初心者のおすすめラケット9選と気になる選び方とは?

卓球初心者のおすすめラケット9選と気になる選び方とは?

卓球初心者の方におすすめのラケットの選び方と、初心者の方に知ってほしいラケットの基本の種類についてご紹介します。ラケットの中で人気のあるメーカーのおすすめラケットを選びましたので、これから卓球ラケットを購入しようと考えている方はぜひチェックしてください。
yuki | 7,447 view
バドミントンラケットの初心者が知りたい選び方とおすすめ8選!

バドミントンラケットの初心者が知りたい選び方とおすすめ8選!

バドミントン初心者がラケットを選ぶ時のコツや選び方をご紹介します。更に、バドミントン初心者でも安心して使えるおすすめのラケットをメーカーごとにご紹介します。中学生・高校生でも使いやすい、あなたにぴったりのバドミントンラケットを見つけましょう。
yuki | 9,557 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki