2018年12月27日 更新

ラボーナとは?サッカーのおしゃれな足技の蹴り方と練習方法

相手ディフェンスのタイミングをずらして絶妙なクロスをあげるネイマール、ゴールキーパーのタイミングをずらしてボレーシュートを決めるCロナウド。どれもラボーナという足技によるものです。ここではラボーナを詳しく解説し、そのおしゃれな蹴り方と練習方法を紹介します。

  
489 view お気に入り 0

サッカーのおしゃれ足技 ラボーナとは?

ラボーナとは、サッカーのテクニックの一つで、軸足の後ろをまわって蹴り足をクロスさせてボールを蹴るというサッカーの中でもおしゃれな足技として、見ている観客をも魅了させる華麗なサッカーテクニックです。
ラボーナ(rabona)とはスペイン語で「ずる休み」を意味し、これは一説には、ディフェンス側からすれば意表をつかれて、「ずるい」という印象を与えるためとされています。
とても変則的でトリッキーなキックのため、サッカーの足技の中でも難易度が高いテクニックとされています。

ラボーナはどのような場面で効果を発揮するのか

アザール ラボーナクロス

サッカーの中でラボーナが効果を発揮する場面としては、右利きの選手が左サイドを突破してクロスを上げる際に、左足ではなく利き足の右足でクロスを上げる場面があげられます。またはクロスをあげる際にタイミングをずらしてクロスをあげる場面も多く見受けられます。

単純にクロスを入れればタイミングを相手に見破られてしまうので、ラボーナを使うことで軸足を踏み込むタイミングを相手に見破られず、変則的にボールを蹴ることで相手を幻惑し、リズムを狂わせる効果を発揮します。さらに密集地帯を抜け出すサッカーテクニックとしても効果的です。

ラボーナのデメリット

サッカーにおいて意外性があり、相手のタイミングを外すことができ、見た目が派手でとてもトリッキーなサッカーテクニックですが、反面、正確性という面でのデメリットがあります。ラボーナは、かなり無理な態勢から繰り出すという、サッカーの中でもとても難しいキックのため、相当な練習を積まなければ失敗して相手にボールを奪われてしまうというリスクがあります。

そのため、まだ技術がままならない育成年代のサッカーチームなどではラボーナを禁止にしているサッカーチームが存在するほどです。

ラボーナを得意とするサッカー選手

【伝説の足技】ラボーナスキル集

ラボーナは、ペレが1957年のサッカーサンパウロ州選手権で披露したのが最初だとされています。その他にはパリ・サンジェルマンで活躍するアルゼンチンのディ・マリアがボールを持ちかえることなくラボーナを披露しています。

さらに、レアル・マドリードからユヴェントスに移籍して話題になったクリスチャーノ・ロナウド、そしてパリ・サンジェルマンのウイングとして活躍するブラジルのネイマール、ベルギー代表で10番を背負うエデン・アザールといったビッグネームばかりです。

ラボーナを応用したテクニック

ラボーナはそれだけでも非常にトリッキーで難しいサッカーテクニックですが、さらにそのラボーナを応用したトリッキーなサッカーテクニックが生み出されています。

その応用サッカーテクニックはネイマールが得意とするラボーナトラップ、クリスチャーノ・ロナウドがよく使うラボーナボレーシュート、ラボーナフェイント、ラボーナエラシコといったテクニックです。これらのサッカーテクニックは海外のサッカーリーグでよく見られ、観衆をどよめかせています。

応用テクニック①ラボーナトラップ

ラボーナトラップは、ネイマールが得意とするトリッキーなトラップで、非常に高等なサッカー技術です。ラボーナトラップは主にフリーでロングボールをトラップするときに効果を発揮します。

サッカーにおいてロングボールはほぼ浮き球の処理になり、ボールの勢いもあるため、胸でのトラップには衝撃がありすぎ、ヘディンでだとコントロールしにくいため、足でトラップすることが求められます。

ボールの到達に合わせてジャンプをし、空中で静止する瞬間に、インサイドでボールを受け止めてボールの威力を吸収する高度なサッカーテクニックです。

応用テクニック②ラボーナエラシコ

ロナウジーニョのドリブル技術:ラボーナエラシコ

ラボーナエラシコはロナウジーニョが得意とした難易度の高いサッカーテクニックです。左足をボールの斜め前に置き、右足のインサイドで軸足の後ろを通すように軽くタッチします。右足でボールを追い越し、インステップでボールを前にタッチします。

このラボーナエラシコはクリスチャーノ・ロナウドやネイマールも得意としているサッカーテクニックです。サッカーにおいてスピードに乗っている時よりも、密集地帯で複数人に囲まれているシチュエーションで威力を発揮します。

ラボーナの蹴り方

それではラボーナの蹴り方を実際に見ていきましょう。ラボーナは間接フリーキックや直接フリーキックの場合のように、静止している状態から蹴る場合があります。

サッカーにおいてラボーナの蹴り方を見ていくうえで、まず最初におさえておきたいのがボールと足のインパクトポイントです。

実際にボールのどの部分にインパクトするのか、足のどの部分をボールにインパクトするのかを理解し、助走からフィニッシュまでの流れを確認します。

ボールと足のインパクトポイント

サッカーにおいてラボーナを蹴る際のボールと足のインパクトポイントについて解説します。ボールのインパクトポイントは、中心からやや下部分です。中心よりやや上にインパクトしてしまうと、強いボールを蹴ることができません。
ボールの中心からやや下部分にインパクトすることで強いボールを蹴ることができます。

足のインパクトポイントは、インステップからアウトサイドです。足の甲部分の薬指から小指にかけての位置で、このインステップからアウトサイドの部分がスイートスポットになります。足首を水平にしてボールにインパクトするイメージです。

助走からフィニッシュまで

徹底解説: ラボーナの蹴り方! Rabona Tutorial!

62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーのテクニック特集!ドリブルや足技・フェイントの抜き技など

サッカーのテクニック特集!ドリブルや足技・フェイントの抜き技など

サッカーには様々なドリブルや足技・フェイントなどの抜き技があります。そこで今回はサッカーテクニック集!ドリブルや足技・フェイントの抜き技など、そのポイントや練習方法を交えてご紹介していきたいと思います。これを見てあなたもサッカーのテクニシャンになることができます。
masamiohdaira9 | 17,622 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9