2018年8月28日 更新

ネイマールのドリブルの凄さとは?相手を抜くテクニック!

ドリブルの名手として知られるブラジルサッカー界の至宝ネイマール選手。そのドリブル技術は世界中のサッカープレーヤーの中でも特筆される技術をもっています。ここでは、そんなネイマール選手のドリブルの凄さについて解説していまます。

  
1,207 view お気に入り 0

ドリブルの名手ネイマール

ネイマールとは

Nj 🇧🇷 👻 neymarjrさんはInstagramを利用しています:「Block out the noise. #nikesportswear #nikesportpack@nikesportswear」 (52292)

いわずと知れたブラジルサッカー界の至宝ネイマール。そのルックスはもとより、速い足技、相手をあざ笑うかのような華麗なドリブルは全世界の少年の憧れの選手です。

そんなネイマール選手は1992年2月5日、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスに生まれました。元サッカー選手の父を持ち、成長するにつれフットサルとストリートサッカーに熱中する少年になっていきました。
1999年にポルトゥゲーザ・サンチスタのユースクラブ入団、2003年にサントスFCのユースクラブに移籍し17歳でプロ契約を交わしサントスのトップチームに昇格し、スポンサー契約を結ぶようになりました。

ネイマールの経歴

2012年1月1日、2011年の南米年間最優秀選手賞に選出されたネイマール選手は2013年5月24日サントスから放出され、26日にFCバルセロナと契約を交わします。5年契約で背番号は11番でした。これはそれまで11番を着けていたティアゴ・アルカンタラ選手がバイエルン・ミュンヘンに移籍したことで調度番号が空いたからでした。
デビュー戦では強烈なドリブルを武器にスーペルコパ・デ・エスパーニャのアトレティコ・マドリード戦にてチームを優勝に導くアウェーゴールを決めるなどして、メッシ選手、スアレス選手らとMSNとして活躍しバルセロナで成功を収めました。

受賞歴

クラブではサントス時代にコパ・ド・ブラジルをはじめとしブラジルサッカー計6タイトル、 バルセロナ時代にはUEFAチャンピオンズリーグなど計8タイトル、現在のパリ・サンジェルマンでもすでに4タイトル獲得しています。更に、代表ではFIFAコンフェデレーションズカップなど5タイトルを保持し、個人タイトルでは南米年間最優秀選手賞2回をはじめとして15タイトル獲得しているサッカー選手です。

ネイマールの主な4つの凄さ

Nj 🇧🇷 👻 neymarjrさんはInstagramを利用しています:「Que Deus nos abençoe e nos proteja 🙏🏽⚽️🇧🇷」 (52293)

サッカー界の至宝ネイマール選手の凄さを挙げるならば主に、得点力・身体能力・スター性・ドリブルです。
得点力は、デビューから現在までシーズンでの得点が2桁を下回らないという驚異的な数字を示しています。 また、流れからも、フリーキックからもミドルシュートもシーンを選ばずに決めることが出来るのも強みです。
身体能力ではドリブルにおいてフェイントの動き、トップスピードになるまでの早さが別格です。
スター性にしても移籍金の高さや、彼にかけられたスポンサー料だけでサッカー協会の収入が100億増えたという話だけでもその人気度合いが分かります。
この中でも特に注目したいのが、ドリブルです。このドリブルにかけては、メッシ選手ら世界のトップ選手の中に絶えず名前を連ねるほどなのです。

そんなネイマール選手のドリブルの凄さを、ここからは紹介していきます。

ネイマールのドリブルの凄さ①

重心をずらす

ネイマールの変態ドリブルで相手DF一発退場

ネイマール選手のドリブルの特徴は自身の体をうまいぐあいに動かし、相手ディフェンスの重心をコントロールするところです。
動画でもわかるように同時に相手が動いたあとに足を一度空振る動作に、更に右足をクロスさせて裏側から蹴るという二重のフェイントを絡めることで、相手の重心を2度3度動かし地面に縛り付けてしまっています。
これが相手を操るドリブルのコツです。

ネイマールのドリブルはストリート仕込み

しかし、ドリブルの最初の動き出しにはなかなか出ていません。相手がぴったりとマークについているときに、ボールにはタッチせず、上半身を何度も振るわせるフェイントを使うことで相手の重心を動かしているだけです。
まるでストリートサッカーをするようにドリブルし、2人の選手の間をうまいぐあいに抜き去るネイマール選手。ドリブルにおいて行かれた選手は思わず足をかけて止めてしまいました。ドリブルのスピードに乗ってしまうと中々手のつけられないサッカー選手のひとりです。

ネイマールのドリブルの凄さ②

ボールタッチ

【天才・ネイマール】足に吸い付くような異次元ボールコントロール集 2016 2017

ネイマール選手のドリブルの凄さのひとつにボールが足に吸い付くようなボールコントロールをしているという点にあるでしょう。普通足元でボールを止めるというのはスペースがなくなり、更に視界が下に向きがちになるため、タブーとされています。トップスピードに乗るまでの時間もかかってしまうのが普通です。
しかしネイマール選手はこれを2つのコツで解決しています。
まず少しずつステップを踏んでいることです。もうひとつはタッチ数を増やしていることです。

ネイマールのステップとタッチの効果

少しずつステップを踏むことであたかもその場に居ついているように見えますが、小さなステップを小刻みにかつやわらかく踏むことで、相手選手の動き出しにスムーズに対応しています。コツはあまり力まないことです。
動画で確認するとボールタッチの数も小さく刻むことで相手にボールの動きの的をつかませないようにしています。更に、絶えず触るようにしていることで、相手ディフェンスの動きに瞬時に反応できるようにもしています。相手がじれてボールを触りにくると、後述するドリブルの鋭い切り返しの餌食になってしまいます。これがネイマール選手のうまいポイントです。

ネイマールのドリブルの凄さ③

スピードの緩急

50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

かのう かのう