2020年5月3日 更新

スクリーンアウトとは?別名ボックスアウトのやり方バスケ用語を解説

スクリーンアウトとは、リバウンドを取るために必要なスペースを確保することです。スクリーンアウトの別名はボックスアウトと呼ばれ、相手の動きに合わせて、ボックスの外に押し出すようにしておこないます。人数やシュートの位置を工夫すると、効率的にスクリーンアウトの練習ができます。

71 view お気に入り 0

スクリーンアウトとは?

 (127443)

スクリーンアウトとは、リバウンドをとるために必要なスペースを確保することです。スクリーンアウトをすることにより、ディフェンスリバウンドを取れる確率が高まります。スクリーンアウトは別名ボックスアウトと呼ばれ、オフェンスをボックスの中から押し出すことです。

スクリーンアウトの意味

スクリーンアウトの意味は、リバウンドをとるために、相手のオフェンスを押し出すことです。バスケットボールの試合では、シュートが外れた時に、リバウンドのボールを取れるかどうかが勝敗に大きく関わってきます。そのため、スクリーンアウトをして、リバウンドを取るための自分に有利なスペースを確保することが大切です。

スクリーンアウトの語源

スクリーンアウトは、英語のScreen outに由来します。Screen outの意味は、遮断する、排除するです。バスケットボールの用語では、相手のプレーヤーの動きを妨げ、自分に有利な状況に持ち込む意味で使用されます。

スクリーンアウトの目的

 (127446)

スクリーンアウトの目的は、リバウンドをとることです。バスケットボールの試合では、シュートが外れたときに、リバウンドを取れるかどうかが大きく得点に関わってきます。

しかし、スクリーンアウトをせずにボールがリングから落ちてくるのを待っているだけでは、身長が高いプレーヤーにリバウンドを支配されます。そのため、スクリーンアウトをして、自分がリバウンドを取れる確率を高くします。

別名:ボックスアウト

 (127422)

スクリーンアウトは別名ボックスアウトとよばれます。ボックスとは、フリースローをするときに選手が並ぶラインを示している、大きい四角形のことです。スクリーンアウトでは、ボックスの中にいて、リバウンドを取ろうとするオフェンスを、ボックスの外に押し出すようにします。

スクリーンアウトの種類

 (127765)

スクリーンアウトには、体の正面で押し出す方法と、体の背面で押し出す方法があります。2つの方法は、リバウンドが生じたときの状況や、相手の特徴に応じて使い分けます。

体の正面を使ったスクリーンアウト

体の正面を使ったスクリーンアウトでは、リバウンドを取りに行こうとするオフェンスに対して、体の正面を使って押し出します。体の正面では、両手をクロスしてバツ印のようにしておくと、相手のオフェンスがぶつかってきたときに、安全です。

リバウンドを多くとる選手のディフェンスをしている場合は、オフェンスをボックスの外へ押し出すようにすることで、他の味方のディフェンスがリバウンドが取りやすくなります。

体の背面を使ったスクリーンアウト

体の背面を使ったスクリーンアウトでは、リバウンドを取りに行こうとするオフェンスに対して、体の背面を使って押し出します。体の正面は、リングに向いているため、落ちてきたボールに素早く反応することができるので、とても便利です。相手を押し出すときには、相手を背中で感じて、すり抜けられないようにします。

スクリーンアウトのやり方

スクリーンアウトは、リバウンドに入ろうとする相手のプレーヤーに近づき、相手に体を密着させた状態でボックスの外へ押し出すようにします。スクリーンアウトで相手を押し出したあとは、腕を肩ぐらいの高さまであげて、リバウンドに備えることも大切です。

相手の位置を把握する方法

相手の位置を把握するには、シュートが打たれた後は、ボールではなく、相手のプレーヤーをみることが大切です。そして、自分から相手に近づき、体を相手に密着させながら、ボックスの外へ押し出します。自分の体が、相手の体のどこかに常に触れるようにしておくと、相手の位置を簡単に把握することができます。

相手の押し出し方

59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスは、各プレイヤーが担当する特定を守る守り方です。マンツーマンディフェンスは、主にハーフコートでおこないます。マンツーマンディフェンスでは、ポジショニングやコミュニケーションが重要で、フットワークや5対5の練習で強化を図ります。
MARUO KAZUHIRO | 19 view
バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツは持ち方、フォーム、リズムです。レイアップやゴール下、ジャンプシュートなどのシュートと共通のコツです。コツが掴める練習方法もありくり返し練習していけばシュートの上達に繫がります。女子や初心者特有の疑問もコツを掴めば解決に向かうでしょう。
Anonymous | 73 view
ステップバックとは?バスケのステップバックシュートのやり方とは?

ステップバックとは?バスケのステップバックシュートのやり方とは?

ステップバックは、ディフェンスを押し込んでから後方にステップし、ディフェンスから離れてジャンプシュートを放つ、バスケのオフェンステクニックです。ステップバックの練習には、ハンドリングを鍛え、その場でステップバックしてからシュートする方法などがあります。
MARUO KAZUHIRO | 82 view
バスケのゾーンディフェンスとは?具体的なやり方と練習方法を解説!

バスケのゾーンディフェンスとは?具体的なやり方と練習方法を解説!

ゾーンディフェンスとは、エリアを守る戦略です。ゾーンディフェンスのやり方は、基本の構え方を習得し、フォーメーションにあった動き方をすることです。ゾーンディフェンスの練習をするときには、チーム全体で練習します。ゾーンディフェンスは15歳以下では禁止されています。
MARUO KAZUHIRO | 194 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masaesakai masaesakai
amazon