2018年5月27日 更新

バタフライの泳ぎ方とコツ!気になるポイントとは?【上達ガイド】

水泳において最も習得が難しいとされるバタフライ。水泳選手のようなきれいでなめらかな泳ぎ方をするためには、どのようなコツが必要なのでしょうか。本記事ではバタフライの詳しい泳ぎ方とコツ、その練習方法を徹底的に解説しています。

  
89,698 view お気に入り 0

水泳のバタフライとは?

Dan Sterenson on Instagram: “Butterflying🦋✈️#drone_countries #dji  #mavic #swimming #butterflystroke #dronestagram #drone #dronephotography #mavicpro” (26951)

バタフライとは、水泳における泳法のひとつで、背泳ぎ・平泳ぎ・クロールと共に水泳においての主な4種目としてもあげられます。4泳法の中でもバタフライは泳ぎ方にコツが必要で、水泳において最も習得が難しい泳法といってよいでしょう。

リズムよく全身を動かし、うねりを生み出す泳ぎ方は独特で、水泳の主な4泳法の中では両手が同時に水面から出る唯一の泳法で、水泳の練習メニューなどではFlyと表記されることが多く、水泳選手の間では、通称で「バッタ」と呼ばれます。

バタフライはコツを習得すればクロールの次に速く泳げる泳法で、泳いでいる姿も華麗なので、ぜひ泳ぎ方のコツをマスターしましょう。

バタフライの泳ぎ方とは?

YOLO ✌🏻 🌺 on Instagram: “💥 🦋💥 En el agua también podemos volar #swimmer  #butterflystroke” (26952)

では、バタフライの泳ぎ方を詳しくみていきましょう。本記事ではストローク(水のかき方)の動きと、ドルフィンキックについての説明を主としています。
また、泳ぎ方の全体のイメージを掴んでいただくために、それぞれの特徴的な動きについても解説していきます。

バタフライは水泳種目の中でも習得が難しい泳法であるため、理論にしても練習にしても、段階を踏んで少しずつ泳ぎ方の理解・習得をしていくことが望ましいでしょう。

バタフライの泳ぎ方①両手のストローク

DIKEZE FITNESS LIMITED on Instagram: “#Butterflystroke bring out the #biceps doesn't it 😉 Post #run #swim 💪” (26953)

バタフライの特徴は、両手を左右対称に動かすストロークです。両手を同時に、左右対称に動かす泳ぎ方という点では平泳ぎと同じですが、両手が同時に水面から出る泳ぎ方は水泳においては特殊で、バタフライのみの特徴です。そのため、平泳ぎよりも激しい動きにみえる泳ぎ方であるということができます。

バタフライのストロークは、両手を前に出して伸び、肘から上をまわすようにして水を掴んで胸のあたりにあつめ、そこから一気に後ろへ押して手を水面上へ出します。そして両手を同時に前へ戻し、入水させて再び伸びる動作へと入っていきます。

バタフライの泳ぎ方②ドルフィンキック

Joe Duff on Instagram: “Hello mr #dolphin #newportbeach” (26956)

バタフライのキックはドルフィンキックと呼ばれ、その名の通りイルカのようなうねりのある動きが特徴です。

バタフライの場合、泳ぎ始め・ターン後の潜水もこのドルフィンキックで行います。クロールや背泳ぎもドルフィンキックで潜水をするため、習得が難しいとはいえ水泳における基本ともいえるキックです。

ドルフィンキックは、両足を揃えて動かし、全身にうねりを生み出すキックですが、足だけではなく、腰を中心に全身を使うことが必要です。

バタフライではドルフィンキックが第1キックと第2キックに分けられます。第1キックは両手を入水させる時、第2キックは身体を浮き上がらせるときに打つキックですが、泳ぎ方の習得では厳密に覚えなくても構いません。

バタフライのコツとは?

Karen Porter on Instagram: “Fly#swimming #butterflystroke #stockportmetro #racing #swimmeet #swimmer” (26958)

普段陸上で生活する人間が水中でうまく前に進むためにはコツが必要です。そして、バタフライに限らず各泳法に言えることですが、泳ぎ方のコツは、推進力を生み出す過程にあります。

バタフライにおける泳ぎ方のコツは①リズム、②うねり、③力の入れ方にあります。
ここではその一つ一つについて、どのようにして推進力を生み出すのか解説していきます。

バタフライのコツ①リズム

Grzegorz Czyż on Instagram: “Styl motylkowy! #greece #gouvia #corfu #island #swimming #swimmingpool #butterflystroke #butterfly #butterflystyle #fit #condition #sport…” (26963)

バタフライにおいて、上手に泳げるか泳げないかの分かれ目はリズムにあるといってもよいくらい、リズム(タイミング)は重要です。

手と足をタイミングよく動かし、リズムよく泳ぐことで波にのることができ、推進力を妨げることなく進むことができます。

しかし、水泳選手のように一定のリズムを保ったきれいなフォームで泳ぐためには、相応の筋肉や慣れが必要です。
そのため、繰り返し練習することで水泳に必要な筋肉を鍛えるとともに、自分に合ったリズムや、それを保つやり方をみつけ、そのリズムに慣れていくしかありません。

バタフライのコツ②うねり

バタフライにおける最大の特徴といえるのが、このうねりです。
身体を上手にうねらせることで波をつくりだし、推進力となって前に進んでいくことができます。

うねりを生み出すには、全身の使い方にコツがいるため、こちらも繰り返しの練習で習得し、そのやり方に慣れていくしかありません。

うねる、というと身体を曲げよう、波をつくろうとしてしまいがちですが、手と足を動かした結果、自然とうねるような動きになっている、というやり方が理想です。

水泳選手のバタフライをみると、とてもなめらかに動いていることがわかります。
実際、キックとストロークのタイミングを合わせ、伸びるところ、力を入れるところを理解していれば、うねりは自然に生まれます。

バタフライのコツ③力の入れ方

バタフライは水泳の種目の中でも激しく見える泳ぎ方ですが、実は思い切り力を入れている動作はあまりありません。
特に、水面に出ている腕にはあまり力を入れない水泳選手が多いといっても良いでしょう。

手や足に思い切り力を入れるということはせず、水を後ろに押す動作でのみ力を使うイメージです。

水泳ではどの泳法にもいえますが、いかに効率的に推進力を生み出すかというのは重要な課題です。

特に水泳初心者の場合、新泳法習得の際、まず25m泳ぐことを目標にします。
バタフライは体力も使うため、水泳初心者が力を入れて泳ぐと、効率的に進めず、25m泳ぎ切る前に疲れてしまう可能性があります。
そのため、必要以上に力を入れないということがとても大切です。

バタフライのコツを覚えるために必要なこと!

78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケットボールで最初に練習することはドリブルなどのハンドリングです。自分の手よりもはるかに大きいバスケットボールを意のままに扱えるようになることは必要不可欠なのです。ここでは、ドリブルを中心とした、特にオフェンス力向上に効果的な練習方法を10種類紹介します。
MARUO KAZUHIRO | 214 view
ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

ゼロからバスケが上手くなりたい!バスケットの練習方法20選

バスケを始めたばかりの小学生や中学生におすすめの、上手くなるの練習方法20選を紹介します。バスケの練習を行なって、ドリブルやパス、シュートなどの基本をしっかり覚えましょう!初心者が簡単でも簡単なことからスタートして正しいやり方で上達する方法を教えます。
masamiohdaira9 | 338 view
クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールのきれいな泳ぎ方とは?フォームをしっかり意識しよう

クロールの綺麗な泳ぎ方で大事なポイントを初心者向けに解説します。水泳で学ぶ4泳法の中でトップクラスのスピードを誇り、全ての泳ぎ方の基本となるのがクロールです。きれいなフォームを習得するためのちょっとしたコツを、一つ一つ確認していきましょう。
sotomama | 2,032 view
サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューとは?1人でもできる!

サッカー初心者の子供をもつ親にとって気になるのが子供のレベルです。うちの子に何を練習させれば良いのか?特にサッカー経験の無い方には心配です。そこで今回は入門編として、チームの練習以外に、1人でできるサッカー初心者がまずやる6つの基礎練習メニューを紹介します。
masamiohdaira9 | 1,276 view
ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブル練習は、サッカーの基本となる、ボールを蹴る、運ぶ、止めることをバランスよく身につけられる一番の方法です。特にゴールデンエイジを迎える少年サッカー世代の子は、練習を重ねた分上達します。バリエーションあるドリブルの練習方法でサッカーに差をつけましょう。
skynetasia391k | 1,105 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz