2018年7月17日 更新

クロールの泳ぎ方と息継ぎのコツと気になるポイントとは?【水泳】

水泳においてクロールは最も一般的で、初心者にも取り組みやすい種目です。そこで本記事では、水泳におけるクロールの基本的なフォームと、手足それぞれの泳ぎ方のコツ、そして初心者がつまずきやすい息継ぎのコツを詳しく解説しています。

  
11,747 view お気に入り 0

水泳におけるクロールの意味とは?

Swim 4 LifeさんはInstagramを利用しています:「#yuzmemania member @oznbyrm 💪  #swim4lifetr ------- While practicing #freestyleswimming skills the day before breaking the 25-29 yrs. 400…」 (43192)

水泳において、クロールは最も一般的で、水泳初心者でも取り組みやすい基本的な種目ですが、その意味を知っている方は多くありません。
クロールは、英語でいうとfreestyleではなくcrawlで、「這う(はう)」という意味です。水泳大会などでは「自由形(freestyle)」という種目の中で泳がれることの多い種目ですが、自由形では必ずしもクロールを泳がなければならないというわけではなく、クロールはあくまでも自由形における一般的な泳ぎ方のひとつです。
這うという名の通り、水泳においてクロールは水面を這うように泳ぐというイメージを持っておくと、泳ぎ方やコツの習得・上達が早くなります。

水泳クロールの基本の泳ぎ方・フォーム

Honey frenchieさんはInstagramを利用しています:「#freestyleswimming #crawl #2bits #slow」 (43191)

まずは、水泳のクロールにおける基本的な泳ぎ方・フォームを確認しておきましょう。
ここでは、キック(脚の動き)・ストローク(手と腕の動き・かき方)・全体のフォームにわけて、大まかな泳ぎ方を説明します。クロールは、他の水泳種目と比べても手足を絶え間なく動かす種目ですが、水泳初心者の場合まずキック(バタ足)をしっかりと習得し、その後で手の動きを足していくという方法が、最も簡単かつ効率的にクロールの泳ぎ方をマスターする方法です。

水泳クロールの泳ぎ方①キック

水泳のクロールにおけるキックは、バタバタと絶え間なくキックを打つことからバタ足と呼ばれます。
バタ足は片脚をバラバラに動かすキックで、特殊な動きはないため、水泳のキックの中では水泳初心者にとっても取り組みやすいキックであるということができます。
バタ足の基本的なやり方としては、片脚の膝を軽く曲げて蹴りおろし、その脚を元に戻すと同時にもう片方の脚を蹴りおろしますが、具体的なやり方やコツは後ほど説明しましょう。

水泳クロールの泳ぎ方②ストローク・水のかき方

SwimaticさんはInstagramを利用しています:「Timing is everything#swimatic」 (43190)

クロールのストロークは、片手ずつ水中でS字をかくように行います。
基本的なかき方は、まず片手を前に伸ばした状態から手のひらを外に向け、肘を曲げて水を集め、胸の下あたりから一気に集めた水を後ろに押します。この流れを水泳の世界では、キャッチ→プル→プッシュといいます。
プル・プッシュの動作で水をかいたら、手を水面上に出して前に戻し、入水する。この流れをフィニッシュ→リカバリー→エントリーといいます。
かき方のタイミングは、片方がストロークしている時、もう片腕は前に伸ばして待機し、リカバリーした手の入水直前からストロークを始めます。
このプルやリカバリーなどの動作のタイミング、かき方をおさえることが水泳のクロールを速く美しく泳ぐコツであるということができますが、後ほど詳しく説明します。

水泳クロールの泳ぎ方③全体のフォーム

水泳のクロールにおける全体のフォームとしては、キックを絶え間なく打ち、身体を水面の高さに保ちながら伸びるようにしてストロークを行って進みます。
水泳初心者がやりがちなのが、頭や身体が激しく上下する泳ぎ方ですが、クロールは這うようにして泳ぐという名前の通り、水泳種目の中でも上下動は少なく、推進力を前に前にもっていくイメージで泳ぐことが速く泳ぐための上達ポイントです。
キック・ストローク同様、詳しいコツやポイントは後ほど紹介します。

水泳クロールにおける泳ぎ方のコツ

zoom swim singaporeさんはInstagramを利用しています:「#justkeepswimming and reach for the wall! Good luck to all #seapmasters swimmers this weekend! 🏊🏽‍♂️ . . . . . . . . #zoomswim…」 (43194)

ここからは、具体的なクロールの泳ぎ方のコツを説明します。
ここではクロールの泳ぎ方のコツを、キックのコツ・ストロークのコツ・全体のコツ・息継ぎのコツの4つに分けて説明します。
全てに共通するポイントとしては、

・フラットな姿勢を保つということ
・力を入れすぎないこと
・軸を意識すること


の3つが挙げられます。これらはクロールのみならず水泳を上達させるためにも非常に重要なポイントです。
では、クロールの泳ぎ方について、それぞれのコツについてみていきましょう。

水泳クロールにおける泳ぎ方のコツ①キックのコツ

まず、水泳のクロールにおけるキック(脚の動き、バタ足)のコツを紹介します。
ここでは、クロールのキックのコツとして

・足の筋肉に力を入れすぎない
・水面上に足を出さない


という2つのコツを紹介します。 どちらも、水泳初心者がクロールでやりがちな間違ったフォームとその理由を紹介しながら、クロールのキックのコツを紹介しています。

脚の筋肉に力を入れすぎない

クロールのキック

水泳初心者の場合、バタ足で強くキックを打とうとして、膝を伸ばしたまま脚全体の筋肉に力を入れて、速く力任せに蹴ろうとする方が多くいます。また、膝を曲げるにしても、思い切り膝を曲げて蹴り下ろすという方もいます。実はこれらのキックは正しいキックの打ち方とはいえません。
水泳のクロールにおけるキックでは、筋肉に力を入れて膝を曲げるのではなく、膝をやわらかく使い、股関節(もも)→膝→足と順番に落とすようなイメージで自然と蹴り下ろすキックが理想です。元に戻す際にも、蹴り下ろした反動で脚が自然と戻ってくるのが理想で、筋肉に力を入れすぎるとこの反動は起こりにくくなります。力を入れてしまうと速く進むための効率的なキックが打てないだけでなく、疲れやすくなってしまいます。

水面上に足を出さない

水泳初心者がクロールのキックでやりがちな間違いとして、水面上に足を出して大きくキックをするということが挙げられます。
力を入れすぎないということにもつながりますが、思い切り膝を曲げて水面上に足を出して下へ下へ蹴ろうとすると、非効率的なキックになってしまいます。基本的には、水泳では上下動は少ないほうがよく、力を下方向ではなく後ろに持っていかなければなりません。
また、足が水面上に出るということは、本来水を蹴るはずの時間と力を、空気を蹴る・水面を叩くことに使ってしまっているということなので、非常にもったいない動きであるということができます。
速く効率的に進めるキックを打つために、なるべくフラットに、自然にキックができるように練習を積みましょう。

水泳クロールにおける泳ぎ方のコツ②ストロークのコツ

水泳のクロールにおけるキックのコツを覚えたら、次にストローク(腕の動き)のコツを学びましょう。
正しいストロークで水をかくことは、キックによる推進力で進んでいる身体を更に進め、速く泳ぐことにつながります。
ここでは、水泳のクロールにおけるストロークのコツとして、

・キャッチからフィニッシュのコツ
・リカバリーとエントリーのコツ
・クロールで腕をより遠くに伸ばすコツ
・手に力を入れすぎない


という4つのコツを紹介します。
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎは水泳の種目の中でも泳ぎ方が独特な種目です。そこで本記事では、水泳の平泳ぎの泳ぎ方を徹底解説しています。平泳ぎの基本的なフォーム、正しい泳ぎ方とそのコツ、そして水泳初心者から上級者まで行える練習方法を詳しく解説します。
Spicatz | 35,003 view
背泳ぎの泳ぎ方とは?沈まずに泳ぐために5つのポイントを意識しよう

背泳ぎの泳ぎ方とは?沈まずに泳ぐために5つのポイントを意識しよう

背泳ぎは常に仰向けの状態で泳ぐため、顔に水がかかりにくく、初心者でもチャレンジしやすい泳法です。今回は、誰でも沈まずに、まっすぐに泳ぐことができる背泳ぎの泳ぎ方と5つのコツ、練習方法をくわしく解説します。背泳ぎが上手く泳ぐことができずに悩んでいる人は必見です。
cucco1017 | 477 view
クロールで長く泳ぐ5つのコツとは?ゆっくり疲れない泳ぎ方

クロールで長く泳ぐ5つのコツとは?ゆっくり疲れない泳ぎ方

クロールは単純な動作でありながら息継ぎが難しく、長く泳げない人が多いです。しかし、やり方さえわかれば初心者でも簡単に泳げるようになります。今回は、クロールで長く楽に泳ぐためのコツとその練習方法を、初心者にもわかりやすく解説します。ゆっくり疲れないクロールを習得しましょう。
cucco1017 | 1,005 view
ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

ループシュートを蹴るタイミングとコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーのループシュートが上達するための蹴り方やコツを、ループシュートの名手の動画と共にお伝えします。高い軌道の弧を描きキーパーのタイミングを完全に外しながら相手ゴールに吸い込まれる、サッカーにおける芸術とまで称されるループシュートを是非練習してみてください。
KR | 400 view
バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンの上達法!練習方法やコツ・テクニックを徹底解説

バドミントンが上達・強くなるなるための練習方法やメニューを解説。練習方法については、1人でも行える練習方法も紹介しています。また、バドミントンのテクニックについても紹介!さらに、バドミントンが上達しないときの対処方法についても解説しています。
onomine777 | 2,964 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz