2018年10月12日 更新

筋肉痛の治し方!早く治すための方法や気になる原因と仕組みとは?

筋肉痛が発生する原因や仕組みをご紹介しています。筋肉痛になってしまった際の治し方やより早く痛みを治す方法と一緒に痛みを緩和・軽減させたりする複数の対処法もご覧いただけます。筋肉痛の治し方やより早く治す方法を知りたい方におすすめの内容となっております。

  
107 view お気に入り 0

筋肉痛とはどういった状態か?

健康、医療、美容、スポーツ関係さんはInstagramを利用しています:「. 体の中でも、再生する力がある筋肉はどこかわかりますか⁉️ . 答えは太ももの裏(ハムストリングス)です👍 . 膝の靭帯を怪我した際に、手術時に採取してくる場所になりますが、ハムストリングスは再生する力があるため、ここから筋肉を一部とってくるんです🤗 . スゴイですよね✨ .…」 (59978)

多くの方は普段の私生活において筋肉痛を感じることがあるかと思います。仕事によって痛みが発生したり、趣味のスポーツで痛みを起こしてしまったりすることもあるでしょう。筋肉痛と言っても様々な種類のものがあり、何が原因で痛みが起こり、どのようにすれば早く解消することができるのか理解しておくことで、普段の生活をより快適に過ごすことにつながります。
また、筋肉痛の治し方を理解しておくことによって痛みのある状態を早期に解消することができ、自分自身の身体を活動的な状態に戻すことができます。痛みがどのような原因で発生するのか、治し方にはどのようなものがあるのかしっかりと理解していきましょう。

多くの筋肉痛は一般的に遅発性筋痛と呼ばれる

Jogging Run Sport · Free photo on Pixabay (55638)

私たちが普段感じる筋肉痛のほとんどは遅発性筋痛と呼ばれます。これは普段運動をしない人がいきなり運動を行ったり、慣れない動きを行った際に発生する痛みになります。この痛みは久しぶりに運動をするなどして1日~2日後に発生する痛みで、普段あまり使わない筋肉を使い過ぎてしまった際に起こりやすい痛みです。これは多くの方が経験したことがあり、すぐに筋肉痛であると認識することができます。
ですが、痛みの中には自分が心当たりがないにもかかわらず筋肉痛の状態になっていることもあります。それはこれらとは異なった要因で痛みが起きてしまっている可能性があり、他にはどのような要因があるのでしょうか。

筋肉の修復や疲労によっても痛みが生じる

マリアンヌクリニック東中野さんはInstagramを利用しています:「.・ つぼ打ち注射✨ . ●肩こり、首こり ●目の奥が重い、眼精疲労 ●首の後ろが張って苦しい ●寝違え ●ねんざ ●腰痛 . 微量ステロイド(副作用の心配はありません)の薬理効果とツボにハリを打つ東洋医学の相乗効果により、血行を良くしコリをほぐす注射です💉😉❗️ .…」 (59232)

筋肉痛の中には遅発性筋痛以外にも脱水によって起こる痛みや筋肉の疲労によって起こるものも存在します。遅発性筋痛以外の痛みでは、自分がなぜ筋肉痛になっているのか理解することが難しく、今後の対策をすることが難しいかもしれません。そのため、痛みの種類や要因を理解しておくことも大切なことになります。
遅発性筋痛以外にも筋肉痛になる原因があるため、複数の痛みの治し方や和らげる方法を知っておくことでその状況に対処しやすくなります。また、痛みに対処するには発症した後に何かしらの対策をするだけではなく、筋肉痛になる前から解消や緩和のためにできることもありますので、それらもしっかり確認していきましょう。

筋肉痛が発生する原因と仕組み

傷ついた筋肉を修復する時に発生する

筋トレ on Instagram: “筋肉の構造を簡単にまとめます! 内臓や血管を形作り、意識的に筋肉を動かせないので不随意筋ともいわれる→平滑筋(心筋) 手足など動かす時に使い意識的に動かせる筋肉。また横紋構造が見られるので横紋筋とも言われる→骨格筋 骨格筋は、筋繊維の束になってできています!…” (59979)

筋肉痛が発生する仕組みとして、普段使わない筋肉を急に使ったり、過度に筋肉を使い過ぎることによって筋肉を構成している繊維やその周囲の組織に傷がつき、それらを修復しようと白血球を中心とした血液成分が集まってきます。その際に炎症が起き、ブラジキニンやセロトニン、プロスタグランジンといった刺激物質が発生することことで筋膜が刺激されます。
その結果として感覚中枢を通して痛みが感じられるといったものが痛みの仕組みになります。つまり筋繊維の修復の際に炎症が起き、発生した刺激物質が筋膜を刺激することによって痛みが感じられます。これは一般的に私たちが激しい運動などをした次の日に感じる筋肉痛になります。

運動後の脱水による循環不全

Miyatsuka Yuko on Instagram: “お正月太りの特徴は 「水毒」によるものが多いと 言われています。 「水毒」とは、 体に余分な水分が 溜まっている状態を言います。  お正月に食べたおせち料理は 高カロリー、 そして塩分・糖分も 通常の食事よりも 多く含まれているため 過剰摂取になりやすく 不規則な食事時間……” (60190)

筋肉痛は脱水による循環不全によっても発生することがあります。運動により脱水を起こすと血液の循環が悪くなり、組織が酸素不足に陥ってしまいます。すると周囲の組織から発生した代謝物が蓄積し、筋肉の収縮や弛緩が上手くいかなくなり、筋肉の一部が筋硬結という凝って硬くなった状態になってしまいます。脱水による筋肉痛はその部分が他の筋肉に引っ張られることのよって痛みが発生するという仕組みになります。
運動時は特に水分不足になりやすいため、こまめに水分補給をすることも治し方の一つになります。夏場の脱水などは命にもかかわるため、運動中に筋肉痛を感じた場合は水分不足の合図になりますので注意しましょう。

筋疲労による筋肉の痛み

筋疲労による筋肉痛とは長時間の立ち仕事やデスクワーク、家事や育児などで同じ動作を繰り返すことによって筋肉が疲れてきます。すると筋収縮が起こり、筋肉への酸素供給が間に合わなくなってしまい、結果としてエネルギー源であるブドウ糖の不完全燃焼が起こります。次にそこから乳酸が発生し、その乳酸は筋肉中にたまって筋肉を収縮していきます。最終的に筋肉が収縮することで血行が悪くなり、痛みや疲労感を感じることになります。
激しい運動以外にも単純作業の繰り返しによっても筋肉痛は発生します。筋肉痛と言っても様々な原因や仕組みがありますので、その時に備えてより多くの治し方を理解しておくことをおすすめします。

筋肉痛を早く治す方法①

ストレッチで筋肉をほぐす

 (60640)

筋肉痛の治し方としてストレッチがあげられます。筋肉痛の状態になると人間はできるだけ動かずに過ごすように意識してしまいます。ですが、なるべく動かないように過ごしてしまうと血行が悪くなり、状態の解消を妨げてしまいます。適度に身体を動かすことによって血行が良くなり、状態の緩和や早期の解消につながりますので、意識的に行ってみましょう。

一か所につき15秒を2セット程度を目安にゆっくりと伸ばすように意識していきましょう。ただし身体は筋肉痛の状態であり、疲労が溜まっていることは確かですので痛みのある部分を必要以上にストレッチしたり、動かしたりすることはおすすめできませんので注意しましょう。

筋肉痛を早く治す方法②

軽い運動で血行を良くする

 (60641)

76 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

noah1711 noah1711