2019年12月13日 更新

卓球ラバーの厚さの重要性とは?硬さや厚みによる違いは?

卓球のラバーにはさまざまな種類が販売されていますが、ラバーの厚さや硬さによっても特徴が異なります。卓球のラバー選びは、試合で勝つためには重要になるでしょう。ここでは、ラバーの厚さの重要性や、厚さや硬さによる違いについて紹介していきます。

1,920 view お気に入り 0

卓球でラバー選びは重要

Table Tennis Sport Games - Free photo on Pixabay (94927)

世の中には数多くのスポーツが存在し、それぞれのスポーツで必要となる用具があります。トップアスリートの中には用具選びにも力を入れている選手が多く、用具へのこだわりが勝敗に影響することも珍しくありません。

ラケットを使用する卓球においては、ラケットに貼るラバーがプレーに大きな影響を与える用具になります。卓球のラバーと一言でいっても、裏ソフトや表ソフト、粒高にアンチなど特徴の異なるラバーがいくつも存在しています。種類とは別に、スポンジやシートの厚さや硬さによってもボールの質が変化してくるでしょう。

卓球というスポーツでは、どのようなラバーを使用するのかが重要なポイントになるのです。

卓球ラバーの厚さによるプレーへの影響

Table Tennis Ping-Pong - Free photo on Pixabay (94939)

卓球のラバーを選ぶ際には、どのような厚さのものを選択するのかも重要になってきます。ラバーの厚さが1mmでも変われば、使いやすさや打球感は異なってくるもので、卓球初心者の場合でもラバーの厚さ選びは大切なポイントでしょう。

厚みの種類は商品によって表記やバリエーションは異なりますが、極薄から特厚やMAXといった種類が展開されています。可能であれば、さまざまな厚みを試打して選ぶことをおすすめします。

ラバーの厚さで飛距離が変わる

Table Tennis Ping Pong Passion - Free photo on Pixabay (94929)

ラバーの厚さによって、ボールの飛距離は大きく異なってきます。ラバーの厚くなればなるほど飛距離が出やすく、薄くなれば飛びづらいラバーだと言えます。

基本的に飛距離出るほうが攻撃的なプレーに適しており、飛距離がおさえらていると安定感が増しやすいのが特徴です。もちろん飛距離が優れる種類のラバーを選べば勝ちやすくなるのではなく、プレーヤーのレベルや戦型によって扱いやすいラバーの厚みや種類は異なってくるでしょう。

現在は卓球用具についてもネットで多くの口コミや情報が展開されているもので、自分の用具選びの参考になる情報を手軽に集めることが可能です。口コミなどの情報を参考にしながらラバーを使ってみて、自分にとって最適な一枚を探すことが重要です。
・ラバーは飛距離が全てではない
・飛距離と安定感のバランスを考える

ラバーの厚さで打球感が変わる

ラバーの厚さが変わることによって、実際にボールを打った時の打球感も異なります。打球感の好みはプレーヤーによって違うもので、実際に試打してみないとわかりづらい項目ではあるでしょう。

打球感の違いはラバーの厚さだけではなく、ラバーの種類によってもかなり異なるものです。初心者の段階では打球感の違いはわかりづらいものですが、ある程度のレベルになってくるとラバー・ラケットの打球感というのは非常に重要なポイントになります。

卓球ラバーの厚さを選ぶときの3つのポイント

ここからは、ラバーの厚さを選ぶポイントを3つ紹介していきます。使いたいラバーの種類が決まれば、あとはどのくらいの厚みを選択するのかも大切なポイントになります。

自分にとって最適な厚さを選択して、最高のパフォーマンスができるような用具を揃えていきましょう。

競技レベルによって選ぶ

Table Tennis Ping Pong Sport - Free photo on Pixabay (94928)

ラバーの厚さを選ぶ際には、プレーヤーのレベルによって考えるのも重要です。卓球上級者がラバーを選ぶ際には、ラバーはできる限り厚くて飛距離の出るものが好まれます。特に攻撃型のプレースタイルであれば、厚いラバーを使用するのが主流でしょう。

しかし、卓球初心者にとってはラバーが厚いと弾み過ぎてしまい、コントロールがきかなくなってしまうことも考えられます。また、ラバーが厚くなれば重量も増えるので、自分のスイングができなくなってしまうこともあり得るでしょう。

卓球の初心者であれば中~厚(1.5~1.9mm)ぐらい、中級者以上になれば厚以上(1.9mm~)の厚さを選択するのがおすすめです。

プレースタイルによって選ぶ

ラバーを選ぶ際には、プレースタイルによっても最適なものが変わってきます。中・高陣からも攻撃を仕掛けたい場合には、厚めのラバーを選択して飛距離を出したいところです。反対に前陣で速攻や変化をつけてプレーしたい場合には、弾み過ぎない厚さのラバーを選択するのもおもしろいです。

また、カットマンなどの守備主戦型のプレーヤーであれば、相手の強烈なボールに対してもコートにおさまりやすいラバーを選択する選手が多く、攻撃のやりやすさとのバランスを考えてラバーを選ぶことが大切になるでしょう。

攻撃型の選手を目指すなら中以上(1.5mm~)、表ソフトや粒高ラバーで守備重視なら中以下(~1.5mm)の厚さを選ぶことをおすすめします。

ラケットの総重量を考えながら選ぶ

Horizontal Apple Weight Control - Free photo on Pixabay (94936)

ラバーが厚くなればなるほど、ラケットの総重量は重くなるものです。卓球のプレーヤーにとって、ラケットの総重量というものはプレーのやりやすさを左右する重要な数値になります。

使用しているラケットが重いと感じているのであれば、ラバーの厚さを1段階薄くして重さを調節するのも効果的な手段です。打球感が変わってしまう可能性はありますが、少し薄さが変わるだけでも体感重量は異なってくるでしょう。

卓球ラバーの硬さによるプレーへの影響

卓球のラバーは商品によって硬さが異なるもので、ラバ―の厚さ同様に使いやすさや打球感に大きな影響を及ぼす要素なのです。自分に合ったラバーを探すのであれば、さまざまな要素に注目しながらチェックしていきましょう。

回転の影響を受けやすい硬さは?

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テナジーのラバー性能を一覧比較!一番人気のテナジー05の凄さとは?

テナジーのラバー性能を一覧比較!一番人気のテナジー05の凄さとは?

卓球のラバーとして人気の高いテナジーシリーズは、全部で9種類の商品が販売されています。回転量を重視するならテナジー05、スピードを重視するならテナジー25・64、回転とスピードのバランスを重視するならテナジー80が適しています。より扱いやすいテナジーを求めるなら、軟らかいスポンジを採用したFX系の商品がおすすめです。
Anonymous | 2,165 view
卓球のドライブマンにおすすめなラバーとは?主流な戦型の特徴を解説

卓球のドライブマンにおすすめなラバーとは?主流な戦型の特徴を解説

卓球のドライブマンのラバーは回転量を求めるか、スピードと回転の両立を求めるかで選択するラバーを変える必要があります。卓球で回転量を求める選手は粘着系。スピードと回転量の両立を求める選手はテンション系がおすすめです。卓球初級者のドライブマンは中厚の柔らかいラバーを選ぶと打球感を養うことができます。
Shun.T | 1,421 view
卓球のカットマン用ラバーの組み合わせをゼロから徹底解説!

卓球のカットマン用ラバーの組み合わせをゼロから徹底解説!

卓球のカットマン用ラバーの組み合わせは、裏ソフト×裏ソフト、裏ソフト×表ソフト、裏ソフト×粒高、裏ソフト×アンチラバーの4種類があります。卓球のカットマン用ラバーの組み合わせの特徴とおすすめのラバーを具体的に紹介します。
Anonymous | 3,112 view
卓球のカットマン用ラバーの選び方を解説!表と裏の組み合わせも紹介

卓球のカットマン用ラバーの選び方を解説!表と裏の組み合わせも紹介

卓球のカットマン用ラバーの選び方は、プレースタイルによってラバーの組み合わせを考えることが重要になります。攻撃重視のカットマンであれば、攻撃力を考えて弾みの良い卓球ラバーを選択し、守備重視のカットマンは球質の変化を求めてラバーの組み合わせを考えることが大切です。
Anonymous | 3,874 view
卓球ラバーの回転系ラバーの人気おすすめランキング15選!

卓球ラバーの回転系ラバーの人気おすすめランキング15選!

卓球というスポーツにおいて重要なのはラバーです。どのようなラバーを選ぶかによって、回転のかかり具合やボールの弾み具合が全く変わってきます。卓球の回転系ラバーを特集し、ランキング形式でおすすめをご紹介します。
Act | 132,150 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous