2018年12月23日 更新

ゲーゲンプレスの意味とは?クロップ戦術の魅力を解説

サッカーイングランドプレミアリーグ・リバプールFCの監督ユルゲン・クロップ。クロップ監督はサッカードイツブンデスリーガ・ドルトムントの監督をしていた時に「ゲーゲンプレス」というサッカー戦術を生み出しています。 ゲーゲンプレスの凄さと、その魅力を紹介します。

  
14,129 view お気に入り 0

ゲーゲンプレスの生みの親

クロップ監督とは?

Instagram (22041)

クロップは、サッカー選手として現役時代に1.FSVマインツ05でプレーしていましたが、33歳の若さで現役を引退しています。
引退後は、2001年に1.FSVマインツ05の監督に就任し、その後2008年にドルトムントの監督に就任しました。クロップはドルトムントでゲーゲンプレスの戦術を生み出し、またサッカー日本代表の香川真司選手を育てサッカードイツブンデスリーガの優勝を果たしています。
2005年10月にはそれまで低迷していたリバプールの監督に就任。クロップはリバプールでもゲーゲンプレスの戦術を用いてサッカーイングランドプレミアリーグを戦っています。

ゲーゲンプレスを用いるクロップサッカーの成績

マインツ05時代 2001年〜2008年

Free illustration: Flag, Football, Bundesliga - Free Image on Pixabay - 2292794 (22190)

クロップは、2001年にマインツ05の監督に就任します。
財政的に小規模なクラブを2004年に初のサッカーブンデスリーガ1部昇格に導き、2004-05シーズンには11位でリーグ戦を終え1部残留を果たしました。2006-07シーズンでは2部に降格となり、2007-08シーズンは2部リーグで4位という成績を収めています。
クロップはマインツ時代からゲーゲンプレスの戦術を試し改良を重ねてきました。

ドルトムント時代 2008年〜2010年

Free photo: Football, Soccer, Europe, Uefa - Free Image on Pixabay - 2697615 (22191)

クロップは2008-09シーズンより、低迷の続くボルシア・ドルトムントの監督に就任しました。
就任1年目はゲーゲンプレスの戦術を用いてサッカードイツブンデスリーガで6位となり、ヨーロッパカップ戦への出場権を獲得出来なかったものの、終盤にリーグ戦7連勝を達成しています。

ドルトムント時代 2010年〜2013年

2010-11シーズンではドルトムントはリーグ前半戦終了時点でサッカードイツブンテスリーガ史上第2位となる勝ち点43を達成、チームは2001-2002シーズン以来の優勝を果たしました。

2011-12シーズンでは、サッカードイツブンデスリーガ新記録となるリーグ戦28試合連続で無敗・勝ち点81を成し遂げて2シーズン連続の優勝を果たし、ドイツの国内カップ戦DFBカップでも王者に輝いています。

2012-2013シーズンはサッカードイツブンデスリーガでは2位となりましたが、欧州サッカーの頂点を決めるチャンピオンズリーグではベスト4まで残りました。

ドルトムント時代 2013年〜2015年

14-15シーズンは前半戦をリーグ最下位、そしてこのシーズンを最後に2015年4月15日、7シーズン指揮したボルシア・ドルトムントの監督を退任することを発表しました。

リバプール 2015年〜現在

Free photo: Football, Soccer, Europe, Uefa - Free Image on Pixabay - 2698969 (22192)

クロップは2015年10月8日、サッカーイングランドプレミアリーグの名門リバプールFCの監督に就任しました。 就任初年度は、ゲーゲンプレスの戦術を用いてフットボールリーグカップ、UEFAヨーロッパリーグと2つの大会で決勝進出を果たしたが、共にタイトルを獲得することができませんでした。

2016-2017シーズンは、リーグ4位の成績を納め、チャンピオンズリーグの出場券を獲得しています。

2017-2018シーズンは2018年1月15日現在3位、チャンピオンズリーグはベスト16まで駒を進めています。

ゲーゲンプレスとは?

クロップ監督のゲーゲンプレスと申し子達の戦術

ゲーゲンプレス戦術とは前線からプレッシングを行いながら、相手のパスコースを限定して、ボールを前線により近い位置で相手のボールホルダーからボールを高い位置で奪うサッカーの戦術で、ゲーゲンプレスはクロップ監督の代名詞と呼ばれるサッカーの戦術の一つです。

まずは、クロップサッカーにおけるゲーゲンプレス戦術の原則とその凄さからご紹介します。

ゲーゲンプレスの原則


① 攻撃時にボールを奪われたら一気に攻から守に切り替えて組織的なプレッシングを行い、ボールを奪う。
② ボールを奪い返すために、前線の選手から相手のパスコースを限定させるような組織的なプレッシングを行い、相手のボールホルダーに向かって連続的にプレッシングをかけ続ける。
③ ボールを奪ったら、プレッシングの勢いのままに、選手たちが次から次へと飛び出してくるような素早い攻撃で一気にゴールを目指す。

ゲーゲンプレス戦術の中で、一番重要なのは攻から守への切り替えです。
動画の中では、ボールを奪われた瞬間から、一気に相手のボールホルダーにプレッシングをかけています。これがまさにゲーゲンプレスです。

ゲーゲンプレスの凄さ①攻守の切り替え

Instagram (22170)

66 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act