2020年5月21日 更新

6月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントはコンディションの把握

6月のバス釣りを攻略するためには、季節特有のコンディションを把握することが大切です。6月のバスの特徴は、梅雨の影響で雨量が多くなることや産卵期の前後にあたります。釣りの釣果を上げるためには、雨による水温変化やバスの状態変化を把握し、マッチするポイントやルアーで攻めることをおすすめします。

178 view お気に入り 0

6月のバス釣りの攻略法とは?

 (133718)

6月のバス釣り攻略法は、釣り場やブラックバスのコンディションを知ることが大切です。夏前の気候が与える影響や産卵によるバスの状態変化が起こりやすい時期のためです。

梅雨に入り水量増減と水温変化が起きることで、バスの居場所は変わります。また、産卵を迎えるバスと終えたバスが混ざる季節で、コンディションにあわせた狙い方が釣果に繋がります。

6月のバス釣り状況を把握する

 (133719)

6月のバス釣り状況を把握するには、バスのコンディションと釣り場の水温変化を知る必要があります。状況に合わせたアプローチをすることで釣果アップに繋がります。

6月のバスの状態

 (134276)

6月のバスの状態は、産卵を終え体力を回復したバスが増えます。元気になったバスは餌を活発に追うようになるので、ハードルアーで逃げ惑う魚を演出することが鍵です。

ただし、体力が回復していないバスもいる季節で、疲れきっているバスには早い動きではなくワームで自然にゆっくりと誘うことで釣果アップが期待出来ます。
ハードルアーで反応がないときは柔軟にワームも使ってみてください。

6月の水温変化

 (134277)

6月の水温は多くのフィールドが20度前後まで上がり、バスにとって適水温になります。適水温になるとバスが活発に動きやすい環境で、餌となる小魚を追う機会が増えていきます。
ただし、梅雨の影響で冷たい雨が振り水温を急激に下げる状態が続くと、変温生物であるバスの活性は下がるので注意です。

変化が起きやすい6月は、いち早く状況を把握するためにも水温計を持参しておくと便利です。

6月のバス釣りで狙うポイント

6月のバス釣りで狙うべきポイントはディープ、桟橋付近、木陰です。ポイントごとに適した誘い方をすることで、効率良くバスが釣れます。

ディープ(深場)

 (133721)

ディープエリアについては、雨で水温が下がったときに狙うべきポイントです。バスは温度変化を嫌うので水温が安定している深場へ留まる習性があるので、おすすめです。また、夏のように暑い日も深場へ向かうバスもいます。深く潜るハードルアーやシンカーを重くしたワームを使うようにしてください。

桟橋付近

 (133750)

桟橋は活性の高いバスが留まっていることが多い一級ポイントです。桟橋の際をトップウォーターやスピナーベイトを泳がせると釣れやすいです。桟橋の下で餌を狙っているので存在感のあるルアーを泳がせると気付いて食いついてきます。

木陰(シェイド)

 (133752)

木陰は日差しが強いときや夏のような気温が高い日に期待できるポイントです。暑さや眩しさを避けるため、木陰にバスは隠れています。この場合は餌を活発に追いかけるよりも、目の前にある餌だけを狙っていますので、スモラバやエビ系ワームを落とし込む狙い方が有効です。

6月のバス釣りにおすすめルアー

6月におすすめのルアーはトップウォーター、スピナーベイト、スモラバ・エビ系ワームです。夏前の変化の多い月で、状況に応じた使い方が必要です。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

10月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは巻き物?

10月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは巻き物?

10月のバス釣りは巻き物で広範囲を探ることが大切で、ベイトフィッシュを意識してアプローチしましょう。10月のバスは水温が安定するため、広いフィールドを泳ぎ回って餌を捕食します。狙うポイントはベイトフィッシュが溜まるシャローやブレイクで、スピナーベイトやクランクベイトで素早くアプローチしましょう。
takagi | 12 view
9月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは水温の変化を意識?

9月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは水温の変化を意識?

9月のバス釣りは夏を意識することが大切で、季節の進行によって釣果が変わります。9月のバスは水温の変化に合わせてポイントを変えるため、水温のチェックも欠かせません。水温が25度以下になると徐々に活性が高くなるため、水温の低下に合わせてテキサスリグ、スピナーベイト、クランクベイトを使い分けましょう。
takagi | 23 view
11月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントはルアーの使い分け?

11月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントはルアーの使い分け?

11月のバス釣りを攻略するためには、状況に適したルアーを使い分けることが大切です。11月のバスの特徴は、日ごとに変わる水温に合わせて居場所が変化します。特に下旬から冷え込む日が多いため、深場へ移動する準備を始める時期でもあります。釣果を上げるためには、広範囲に散ったバスを手早く探し臨機応変にルアーを変えていくことをおすすめします。
茂手木宗一郎 | 47 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

茂手木宗一郎 茂手木宗一郎
amazon