2019年8月19日 更新

バックコートバイオレーションとは?【バスケルール辞典】

バスケットボールにはバックコートバイオレーションというルールがあります。バックコートバイオレーションというルールは少し変わったもので、一度ボールを攻める側のコートに運んだ後に、再度守る側のコートへボールを戻す事を禁止しています。そのようなバックコートバイオレーションについて解説します。

  
19 view お気に入り 0

バックコートバイオレーションの定義

定義

 (83186)

バックコートバイオレーションは、オフェンス側がパスやドリブルでボールをバックコートからフロントコートへ運んだら、再びバックコートへボールを戻すことができないというルールです。バックパスという呼び方もあります。

このバックコートバイオレーションの定義は、①オフェンスが、②パスやドリブルで、③バックコートからフロントコートへボールを運んだ後に、④ボールを再びバックコートへ戻す、という4つが揃った時点でバイオレーションとなるものです。この、戻すという意味は、ドリブルでバックコートへ戻る場合と、バックコートにいる味方へパスをする場合を意味します。

ゲームの再開方法

バックコートバイオレーションが宣告されると、相手チームボールになります。試合の再開方法は、2種類あります

ドリブルの場合はバックコートバイオレーションを取られたセンターラインから一番近いサイドラインの位置からスローイン、パスの場合はバックパスを受け取った味方選手の位置から最も近いサイドラインからのスローインでゲームは再開されます。

この際、自らボールを拾ってスローインはできず、必ず審判からボールを手渡されてからスローインを行います。スローインは審判からボールを手渡されてから5秒以内にコートにいるプレイヤーにパスをしなければ、5秒ルールバイオレーションを宣告され、相手ボールになります。

フロントコートにボールを運ぶ意味合い

微妙なケース①

 (83184)

バックコートバイオレーションは、バックコートからフロントコートへボールを運んだ後に、バックコートにボールを戻すことができないというルールですが、微妙なケースもあります。ドリブルでボールをフロントコートに進める場合は、ボールとボール保持者の両足がフロントコートに触れたときが、フロントコートへボールを運んだ瞬間とされています。

そのため、ボールがフロントコートに入っていても、片足がバックコートに残っていたり、両足がフロントコートに入っていてもボールがバックコートに残っている状態では適用されません。

微妙なケース②

さらにバックコートバイオレーションの判定が微妙なシーンはジャンプボールのときに起こります。ジャンプボールをフロントにいる味方選手がジャンプして空中でキャッチし、そのままバックコートに着地した場合です。

この場合は、ボールはドリブルしていない状況でフロントコートに入っているので、フロントコートに運ばれたことになり、キャッチしてバックコートに戻って着地しているのでバックコートバイオレーションが適用されることになります。

バックコートバイオレーションの存在意義

kaito on Instagram: “GAME DAY!!!! 今日もNZ戦🇳🇿! #篠山竜青 @ryusei_shinoyama  #日本一丸 #JAPANMADNESS #男子バスケ日本一丸 一丸 #AkatsukiFive #Bリーグ #B_league #basketball #JBA #NBA #FIBA…” (83190)

バックコートバイオレーションは、一度ボールがバックコートからフロントコートへ運ばれたら、再度ボールをバックコートへ戻すことができないというルールです。

つまり、攻撃に時間をかけずにスピーディーなプレーを促すことを意義としています。バスケットボールは多くの得点を競い合うため、時間稼ぎを極力なくし、スピーディーなゲーム展開を見ている周囲にも楽しんでらうことを目的としています。

これはバスケットボールにおけるスローインの5秒バイオレーション、バックコートからフロントコートまで8秒以内に運ばなければいけないという8秒バイオレーション、24秒以内にシュートを要求する24秒バイオレーションに共通しています。

バックコートバイオレーションのルールまとめ

Atsu.M / Atsushi Mishina on Instagram: “お盆も関係無しでバスケ三昧の日々🤣  夏合宿で二日間泊まりで練習 中学校の引退した3年生たちが お手伝いに来てくれて本当に感謝🙏 キャプテンだけど もうひとつのチームが試合あるので うちの子は初日だけの参加 いつもご迷惑をおかけしています😓  スタンス構えたとき…” (83187)

バスケットボールにおけるバックコートバイオレーションは、バックコートからフロントコートへ一度ボール運んだことが成立すると、再びバックコートへボールを戻すことができないというルールです。

スピーディーな攻撃を促し、見ている人たちにもスピード感溢れる迫力あるバスケットボールの魅力を感じてもらうためのルールといえます。バックコートバイオレーションのルールをおさえて、バスケットボールの試合を観戦すると、より、バスケットボールのスピード感が伝わるかもしれません。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールを理解しよう!5秒バイオレーションとは?

バスケの5秒ルールとは?バスケットボールのルールには、24秒、8秒、5秒、3秒といった様々な制限時間によるルールがあります。5秒ルールの意味や必要性、適用される場面などを詳しく解説していきます。5秒ルールを覚えることで、さらにバスケットボールに詳しくなります。
masamiohdaira9 | 96 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 86 view
フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスのルールを覚えよう!有効なバックパスとは?

フットサルのバックパスに関するルールは複雑で、試合中でもルールを理解しておらずよく反則が起きる部分です。バックパスの規定は、パスの起点が誰か、また相手がボールに触れたかどうかがポイントです。ルールを理解した上で有効にバックパスを試合で使うための方策を紹介しています。
nosedori | 2,672 view
硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールを簡単解説!これだけは絶対知っておきたい【テニスコーチ監修】

硬式テニスのルールは他スポーツと違って試合の進め方が複雑なため、覚えるのに一苦労してしまいます。実際にプレーする際も試合を観戦する際もルールを知っていることでよりテニスが楽しくなりますので、硬式テニスのルールをわかりやすく簡単に解説をしていきます。
SKコーチ | 8,866 view
ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

ペナルティキックを分かりやすく解説!ルールや距離などの気になること

サッカーのルールの一つであるペナルティキックは、多くの得点が望めないサッカーにおいては貴重な得点チャンスとなる攻撃側にとっては嬉しいルールではありますが、守備側にとっては厳しいルールです。ここではペナルティキックをわかりやすく解説していきます。
masamiohdaira9 | 495 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9