2019年2月3日 更新

リフティングボールの効果と使い方&おすすめボール5選!

数多く存在するサッカーのトレーニング用具の中にリフティングボールがあります。このリフティングボールとはいったいどのようなものなのか?と疑問を感じている方のために、ここではリフティングボールの効果と使い方&おすすめボール5選を紹介していきます。

  
3,722 view お気に入り 0

リフティングボールとは?

Yumi  I on Instagram: “父親が息子によかれと我が家にいつも転がってるボール。これで仔猫のように駆け回り…掛け時計は落ちて割れ、私は顔にヘディングをもらう…我慢🥴#サッカー好き#リフティングボール” (69544)

リフティングボールとは、リフティングのトレーニングで使用される練習用ボールを意味します。サッカーやフットサルの試合で使われることはなく、通常のサッカーボールよりも小さいという点が特徴です。どれほど小さいのかというと、ジュニアユース以上で使われる5号球が直径22cm、ジュニア年代で使われる4号球が直径20.5cmなのに対し、練習用リフティングボールの直径は約10~15cmの間で展開しています。

ボールを小さくしてボールの芯を捉えられるように訓練し、サッカーボールのコントロール能力を向上させることに効果があります。

リフティングボールのよくある誤解

リフティングボールは、小さなボールの芯を正確に捉えることでボールコントロール能力を向上させる効果を目的としています。しかし、リフティングボールをリフティング回数の向上を目的に使っている方も少なからず存在します。これはよくある誤解で、あくまでもリフティングボールの目的は、ボールの芯を正確にとらえてボールコントロール能力の向上に効果を発揮することにあります。

リフティング回数が100回200回と多くなるよりも、正確に確実に50回できるほうがよほどサッカー技術の向上に効果を発揮します。リフティングボールを使う目的はボールの芯を正確に捉えるということを再確認しましょう。

リフティングボールの効果①

槙野智章 Tomoaki Makino on Instagram: “サッカーって難しいね。もっともっと練習して上手くなろ。みんな、練習は大事だぞ!#トラップ#槙野智章 #乾貴士 #makino” (69548)

キックの精度・威力の向上

リフティングボールで練習することで、キックの精度・威力の向上が得られます。小さなリフティングボールでリフティングを続けるには、ボールの芯を正確に捉えることが必要です。つまり、リフティングボールを使ってリフティングを続けることができるということは、ボールの芯を正確にとらえていることを意味します。

そしてボールの芯を正確に捉えることができると、キック精度・威力・飛距離も格段に向上することになります。これは野球でいうところの、相手投手の投じたボールをバットの芯で捉えれば、鋭い打球でボールを遠くまで飛ばすことができるということと同じ原理といえます。

リフティングボールの効果②

しょーご🐲 on Instagram: “この前撮ったフライングクリッパー! プロフィールで使おう!  #freestylefootball #フリースタイルフットボール #サッカー #フットサル #リフティング #soccer #neymar #neymarjr #ネイマール #サッカー好きな人と繋がりたい…” (69549)

ボールコントロール能力の向上

リフティングボールで練習することで得られる効果には、ボールコントロールがあります。このボールコントロールの代表がトラップです。浮き球をトラップすることは容易ではありませんが、ボールの芯を捉えることができれば、トラップが上手にできるようになります

そしてボールコントロール能力が向上すれば、自然とボールが足から離れなくなります。世界的にも有名なメッシ、ネイマールといった抜群のボールコントロール能力を備えたサッカー選手でもトレーニングの中でリフティングボールを使用しています。あのような優れたボールコントロール能力はボールを芯で捉えるスキルがあってこその技術といえます。

リフティングボールの効果③

プレー精度の向上

リフティングボールで得られる3つめの効果はプレー精度の向上です。サッカーの試合中にボールを奪われる原因の多くがタッチミスやキックミスによるものです。これらのミスは、ボールの芯を上手に捉えられていないことが根本にあります。つまりボールの芯を捉えられることでプレー精度も向上させることができます。

サッカーの基本はボールの芯を正確に捉えることで、キック、トラップ、ドリブルなど基本的なすべての技術に直結するといっても過言ではありません。リフティングとはサッカーの基本的技術に役立つ「ボールの芯を捉える」ことがことができる効果を得られる練習で、重要なトレーニングといえます。

リフティングボールの使い方①

Shizuka Hirai on Instagram: “マーカーコーンとリフティングボール⚽️ 1対1の試合で、年長さん相手に何度も負けて大泣き😭家でも練習できるように購入❗️息子に教えられるように、夜な夜なリフティング練習する私😅(笑)…” (69547)

ボールの芯を捉えられるまで辛抱強く

リフティングボールの使い方は、通常のサッカーボールでリフティングするときと変わりありません。しかしサッカーボールでリフティング練習をしたことがある人ならば誰もが知っていると思いますが、ボールの芯を捉えられるようになるには相当の時間がかかり、簡単なことではありません。

それだけリフティングボールは小さく、ボールの芯を捉えるのが難しいボールといえます。初めはできなくても諦めずに、ボールの芯を捉えられるまで辛抱強く練習することが重要です。そしてリフティングボールでリフティングができるようになってきたら、フリースタイルにチャレンジして楽しみながらトレーニングするのも効果的です。

リフティングボールの使い方②

室内でもリフティング練習ができる

リフティングボールは小さくて柔らかいラバー素材などを使っているので、室内でもリフティング練習ができます。小学校低学年や、リフティングが50回前後までできる選手には、室内という理由だけでできる限り小さめのリフティングボールを選んでしまうと難しすぎて長続きしません。そのため、できるだけ大きめのリフティングボールを使うことで程よくトレーニングができます。

上達してきたらボールを小さくしていくとよいでしょう。リフティングボールは使えば使うほど上達することでも知られています。サッカーボールではなかなか室内で練習することはできませんが、室内でも使えるリフティングボールを使うことでいつでもトレーニングできるわけです。

リフティングボールの使い方③

その他の使い方

68 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9