2019年4月21日 更新

ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

この記事ではドッジボールの簡単なルールを説明します。ドッジボールは小学校の体育の時間などでよく行われる球技で、場所によってルールが異なり、曖昧なルールでおこなわれていることが多いのが事実です。そんなドッジボールのルールをまとめて紹介します。

  
142,998 view お気に入り 0

オーバーライン

ドッジボールで一番多いファールで、選手がラインを踏んだり越えたりした場合ファールとなります。 アタックの時の前足だけでなく、投げ終わったあとに後ろ足が前に出てラインを踏んでもオーバーラインとなります。

いかなる場合も相手コート内を踏んではいけません。反則をした場合、ボールの支配権が相手に移ります。

キープフォーファイブ

選手はボール持ってからまたは主審のインプレイの合図があってから5秒以内にアタックやパスをしないといけないことを指します。5秒以上過ぎるとキープフォーファイブというファールになり、相手チームのボールとなります。
試合場5秒というのは、専門で計っている審判がいるわけではありませんので、主審の主観となります。

タッチ・ザ・ボディー

試合中、わざと相手の選手にふれる行為を指します。ファールをした場合、相手の内野または外野ボールとなります。

ダブルタッチ

ダブルタッチとは、内野選手がアウトになった場合、その選手はその後ボールにさわることができません。触ってしまった場合は、ファールとなります。

なお、以下の3点が満たされる場合はダブルタッチのファールとはなりません。
(1)持ったボールをすぐに足元に置くこと。
(2)ボールを持ってしまった場合一歩も足を動かさないこと。
 (動かすとボールを持ち運んだことになります。)
(3)ボールの方向を変えないこと。

なお、低いボールをキャッチした場合は、選手本人でもボールがコートについたかどうかわからない場合がありますが、このときは主審のアウトの笛がなった瞬間から上記3条件を満たせばダブル
タッチとはなりません。

ダブルパス

内野同士・外野同士のパスは禁止されていてファールとなります。ファールをした場合、相手の内野ボールとなります。

パスオーバー(ファイブパス)

パスを連続で5回行うとパスオーバーのファールとなり、相手ボールとなります。

※選手はアタックと考えていても、審判はパスと認識することがあります。主審は必ず指でパスの回数を表示していますので、選手のうちの誰かが必ず主審の表示に注意しましょう。

フライングスロー

ボールがコートの外に落ちたり、ファールがありプレイが止まってから、再開される場合は、
ボールをもった選手はボールを頭の上にあげて静止し、主審の合図を待たなければいけません。

主審合図の前に投げるとフライングスローというファールとなります。

ヘッドアタック

相手の頭や顔を攻撃する行為を指します。ファールした場合、相手の内野ボールとなります。

ホールディング

ホールティングとは、相手コートに転がっているボールをさわるファールとなります。

ただし空中にある間のボールをつかむことはホールディングとはなりませんが、相手コートの
空中にあるボールを引き寄せる際に、相手コート内でボールをついてしまうとホールディングとなります。

ドッジボールの審判

審判及び線審の判定動作について説明します。

ここではファール(反則)に対しての審判・線審の動きを画像で説明しますので、ルールブック以外の参考にしましょう。

ドッジボールの審判の動作

1 アウトの判定

①手の動作:手のひらを床面に対し垂直とし、当該プレイヤーを指します。
②姿勢:背筋、腕をしっかり伸ばします。
③笛:「ピッ」短い笛 を吹く
④コール:「〇 番アウト」とプレイヤーに伝わる声ではっきりと伝えます。

2 オーバーラインの判定

①手の動作:片腕を天に垂直に上げる(掌は自分の体と同じ向き)
②動作順序:左(右)腕を前方・水平方向に出し掌を下にした位置へ、右(左)腕を重ね合わせ
る。
③笛:「ピーッ」長い笛(先の手の動作と同時に)
④コール:「オーバーライン」とコールする。
91 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャには、障害のクラス分けやチームの人数、試合時間など細かい公式ルールがあります。しかしそのルールこそが「究極のバリアフリーのスポーツ」と言われる所以である。2020年に行われる東京パラリンピックの競技として、ボッチャのルールを説明していきたいと思います。
Act | 32,507 view
ドッジボールの審判になるにはどうしたらいいの?資格や給与などの情報まとめ

ドッジボールの審判になるにはどうしたらいいの?資格や給与などの情報まとめ

ドッジボールの審判は、ルールをしっかり覚えることでなることができます。公式試合の審判になるためにはJDBA公認審判員という資格を所有していなければなりません。正式な審判を目指す方にむけてJDBA公認審判員の資格取得方法や、給与について解説します。
トラマル | 43 view
アイスホッケーの試合時間とは?ピリオドと休憩時間などを理解しよう

アイスホッケーの試合時間とは?ピリオドと休憩時間などを理解しよう

アイスホッケーの試合時間を知っていますか?アイスホッケーの試合時間は60分間で、ピリオドという単位で構成されています。ピリオドは何分なのか、ピリオドの間の休憩時間は何分なのか、また延長に入った場合の時間はどのくらいあるのかなどを解説していきます。
tanakatakayuki | 20 view
ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートとは?大きさやサイズを世代別に解説

ドッジボールのコートには、日本ドッジボール協会で定められた公式サイズが存在します。年代や世代によってコートの大きさが違うのがドッジボールのコートのポイントです。大人も子どもも楽しめるドッジボールの、公式なコートのサイズを知っておきましょう。
トラマル | 31 view
バレーボールの審判の役割とジェスチャーやハンドシグナルとは?

バレーボールの審判の役割とジェスチャーやハンドシグナルとは?

バレーボールでは、主審・副審・記録員・線審が試合の進行と判定を行います。公式の試合の審判は公認の審判員が行う決まりになっていますが、地域のバレーボール大会などでは選手が順番に担わなければならない場合もあります。ここでは、審判の基本と、代表的なジェスチャー・ハンドシグナルについて解説していきます。
まる蔵 | 365 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sayusayuman1031 sayusayuman1031