2019年4月21日 更新

サッカーの審判の笛の吹き方とは?ホイッスルの合図を学ぼう

サッカーの試合を観戦していて、審判がどのような場面でどのような笛の吹き方をするのか?と疑問に思った方も多いかと思います。今回はサッカーの審判の笛の吹き方を紹介し、ホイッスルの合図を学んでサッカー観戦をさらに楽しいものにできるように解説していきます。

  
6,203 view お気に入り 0

サッカーの審判の笛

yuuya tsukada on Instagram: “#主審” (75755)

サッカーの審判の笛の吹き方は、特に競技規則に書いてあるわけでもなく、これといった決まりはありません。JFAの認定審判資格は4級から始まりますが、4級審判資格をとった方には、最初は難しいかもしれません。サッカーにおける審判の笛は、意外に思われるかもしれませんが、基本的に前後半のキックオフ時・前後半の終了時の計4回だけです。

これ以外で笛を吹く時としては、審判がプレーを止めるとき・プレーを再開するときということになります。つまり、サッカーの審判の笛は、それほど積極的に使うことがないということになります。

よくある誤解を解決

わたなべだいき on Instagram: “『マラン・ディエディウ』略してMD(マンボウヅラ) 前世はヤリマンボウ。 クリバリ並の脅威のフィジカルを持っているセネガル人の審判。ロシアW杯の主審を務めて一躍話題に。 「セネガル史上最高最強の主審」と呼び名も高い。これからが楽しみな審判の1人でもある。 #fifa…” (75745)

先ほど、サッカーの審判が笛を吹く時として、審判がプレーを止めるときと説明しました。ここでよくある誤解ですが、ジュニアサッカーの試合を見ていて選手がシュートを入れて、一度プレーが止まりますが、主審はホイッスルを鳴らしました。プレーが止まったのは主審の判断ではなく、選手がシュートを入れたためです。

なぜここでホイッスルを鳴らすのかと思われるかたもいますが、これはローカルルールとして、小学生にわかりやすいようにホイッスルでゴールを知らせたわけです。基本的にはノーホイッスルですが、ローカルルールで笛の吹き方が違う場合があります

サッカーの審判の笛の吹き方①

前後半のキックオフでの試合開始・前後半終了時

サッカーの審判が笛を吹くとされる前後半のキックオフ試合開始時と前後半終了時。それぞれの笛の吹き方には違いがあります。
前後半のキックオフ試合開始時 攻撃する方向を手で指しながらピーー!と約1.5秒 大き目に
前半終了時 センターサークルを手で指しながらピー ピーー!と2回目を少し長めに
後半終了時 ピー!と約1.5秒 手を上にあげてピーー 最後にセンターサークルを手で指しながら長めにピーーー!
主審によっては最後の長いピーーーをピピーーという吹き方をする主審もいますが、特に決まりはありません。

サッカーの審判の笛の吹き方②

ファールのホイッスル

 (75757)

試合中のファウルの際にも審判は笛を吹いてプレーを止めます。このファウルにおける審判の笛の吹き方は、ピーッと約1.5秒ほど吹きます。ファウルの笛の吹き方で特徴的なのは、ファウルの程度によって笛の吹き方を変えている点にあります。

ちょっと足がひっかかってしまったり、ちょっと押してしまったというような、双方が納得しているような場合には軽めの音でピッと吹く程度です。これはゲームをコントロールしようとする審判における、選手を興奮させないための方法といえます。また、基本的にフリーキックではホイッスルを吹きませんが、リスタートの場所がズレていたり、壁が近い場合にはやり直しのため笛を吹きます。

サッカーの審判の笛の吹き方③

プレーを止める時・再開するとき

DAJYU on Instagram: “#松本山雅#松本山雅fc#主審#西村雄一#岡山戦” (75749)

審判がプレーを止める時には様々なケースがあります。例えば副審が旗を振ってオフサイドをアピールしている場合、主審はピーーと大き目の音で笛を吹いてプレーを止めます。また、フリーキックで再開するときに、相手ディフェンスが規定の距離を離れない場合など、ピッピッとう具合に吹く場合があります。

そしてメンバーチェンジでプレーを一度止めるのも主審の笛が必要です。この場合の笛の吹き方にも特に決まりはなく、交代どうぞというようにピッピッというふうに笛を吹く審判が多くいます。

サッカーの審判の笛の吹き方④

イエローカード・レッドカード・PK

危険なプレーや審判への侮辱行為のように、非紳士的行為のようなプレーなどに出されるイエローカードやレッドカードについての審判の笛の吹き方は、強めの音で1.5秒ほど吹きます。そしてカードに番号や名前を記録しなければいけないので、フリーキックのリスタートを停止させておくための笛ピッピーーと吹きます。イエローカードやレッドカードの際の審判の笛は、断固たる態度で挑むことを伝えるようにハッキリと吹くことがポイントになります。

そしてファウルがペナルティエリア内の場合にはPKとなりますが、PKの場合にも主審は他の選手が適切にいることを確認し、笛の合図でPKが開始されます。

サッカーの審判が笛を吹かない場面

サッカーの審判が笛を吹きそうで吹かない場面は、ゴールが決まった場面、ボールがタッチラインを割った場面です。ただし、どちらも誰が見てもわかるようなはっきりとしたゴールや、はっきりとタッチラインを割ったときに限ります。

例えばタッチライン付近でプレーが展開している場面で、副審が旗を振ってタッチラインを割ったとアピールしていれば主審は笛を吹いてスローインからの試合再開を促します。また、ゴール前の混戦でゴールが認められれば主審はセンターサークルを指しながら笛を吹いてゴールを知らせます。

サッカーの審判の笛の吹き方 まとめ

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは、サッカーでファウルを受けた場合に、ファウルを受けた側が有利な状況で試合が続いている場合に、そのまま試合を続けることです。アドンバテージとしてファイルを取ってフリーキックを行うよりも試合を続けた方が有利と審判が判断した時に適用されます。
camarade20042000 | 466 view
サッカーのレフリー用具のおすすめ人気10選!必須グッズとは?

サッカーのレフリー用具のおすすめ人気10選!必須グッズとは?

お父さんコーチがこどものサッカーの試合でレフリーをつとめるため、JFA公認審判資格るケースがありますが、資格取得後に何を揃えたらよいかわからないという方のために、ここではサッカーのレフリー必須グッズを紹介し、おすすめ用具をランキング形式で紹介していきます。
masamiohdaira9 | 1,535 view
バドミントン審判の基礎知識!審判のやり方やコールの仕方とは?

バドミントン審判の基礎知識!審判のやり方やコールの仕方とは?

バドミントンの審判っていったい何を審判しているの?そのやり方、コール、ジェスチャーの意味は?バドミントン初心者の方でもわかりやすいよう、基礎知識をまとめました。審判に関わる資格検定についての情報も掲載しています!!
yuki | 168,571 view
ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャの基本ルールとは?初心者が知っておきたい競技のポイント!

ボッチャには、障害のクラス分けやチームの人数、試合時間など細かい公式ルールがあります。しかしそのルールこそが「究極のバリアフリーのスポーツ」と言われる所以である。2020年に行われる東京パラリンピックの競技として、ボッチャのルールを説明していきたいと思います。
Act | 27,064 view
ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

ドッジボールのルールブック!審判や線審・試合時間など簡単に説明

この記事ではドッジボールの簡単なルールを説明します。 ドッジボールは小学校の体育の時間などでよく行われる球技で、場所によってルールが異なり、曖昧なルールでおこなわれていることが多いのが事実です。そんなドッジボールのルールをまとめて紹介します。
sayusayuman1031 | 124,820 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9